バックナンバー

バックナンバー

No.341(2016年1月6日発行)>>ETF・J-REITの買入れって?

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.341        2016/1/6
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス

  ◆ 投信フォーラム開催のお知らせ【静岡・広島】
  ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
  ◆ ジュニアNISAがはじまります

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐243‐
 ◆ ETF・J-REITの買入れって?

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ 広報活動



■□■□■-------------------------------------------------------------

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
本年も引き続き投信協会メールマガジンのご愛読をよろしくお願い申し上げま
すとともに、皆様にとって幸多い年となりますようお祈り申し上げます。



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆ 投信フォーラム開催のお知らせ【静岡・広島】

当協会では、資産運用の有効な手段である投資信託について知識を深めていた
だくため、「投信フォーラム」を全国各地で開催しています。

1月16日(土)の静岡開催では、地元静岡県の出身で国際政治学などがご専門の中央
大学教授、目加田 説子(めかた もとこ)氏を、2月13日(土)の広島開催では、地元
中国放送のアナウンサーで映画監督・俳優としても活躍の場を広げる横山 雄二
(よこやま ゆうじ)氏を第1部の特別講演に迎え、ご講演いただく予定です。

第2部では、静岡、広島の両会場とも「どう使う?知って得するNISA講座」と題し、
FPをコーディネーターに、第1部特別講演講師と、運用会社の専門家2名をパネ
リストに迎えて、皆様のNISAに関する疑問、質問にお答えするパネルディスカッ
ションを行います。

なお、当協会が過去に行ったフォーラムの模様は、過去のセミナー情報ページに
掲載しておりますのでご覧下さい。


【投信フォーラム2016 in 静岡】

  主催:投資信託協会  静岡新聞・静岡放送  全国地方新聞社連合会  
  日時:平成28年1月16日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
  会場:しずぎんホールユーフォニア

  第1部/特別講演
      演題:「持続的な社会と責任投資」
    講師:中央大学総合政策学部・公共政策研究科教授
      目加田 説子(めかた もとこ)氏

    第2部/パネルディスカッション
      演題:「どう使う?知って得するNISA講座」

    コーディネーター:有限会社ファイナンシャルリサーチ代表/
            ファイナンシャルプランナー
                      深野 康彦(ふかの やすひこ)氏

   パネリスト:中央大学教授 目加田 説子(めかた もとこ)氏
         大和証券投資信託委託(株)
             ファンド・プロモーション部
              ディレクティブ・プレゼンター
                秋元 幸江(あきもと さちえ)氏
         ジャパン・リート・アドバイザーズ(株)
             取締役チーフ・フィナンシャル・オフィサー
                夏目 憲一(なつめ けんいち)氏


  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.toushin.or.jp/seminar/2015/13979/

 なお、静岡会場は締切が1月8日となっております。ご希望の方はお早めに
 お申込みください。


【投信フォーラム2016 in 広島】

  主催:投資信託協会  中国新聞社  全国地方新聞社連合会  
  日時:平成28年2月13日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
  会場:広島国際会議場「ヒマワリ」

  第1部/特別講演
      演題:「一歩一歩を大切に!」
    講師:中国放送アナウンサー
      横山 雄二 (よこやま ゆうじ)氏

    第2部/パネルディスカッション
      演題:「どう使う?知って得するNISA講座」

    コーディネーター:ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
                馬養 雅子(まがい まさこ)氏

   パネリスト:中国放送アナウンサー
                               横山 雄二 (よこやま ゆうじ)氏
         大和証券投資信託委託(株)
             ファンド・プロモーション部長
                細田 壯一氏(ほそだ そういち)氏
         ジャパン リアル エステイト アセットマネジメント(株)
             執行役員企画部長
                吉田 竜太(よしだ りゅうた)氏


  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.toushin.or.jp/seminar/2015/14143/



-------------------------------■□■□■------------------------------
    
   ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPO法人エイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、投資未経験者
向けに「投資信託基礎講座」を開催しており、2月の開催予定は以下のとおりです。


 * 開催日:平成28年2月15日(月)午前開催
    会  場:東京証券会館 9階 第9会議室
      (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8) 
 
  申込方法など詳細は、下記NPO法人エイプロシスHPをご覧下さい。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=15-00-01-109



-------------------------------■□■□■------------------------------

    ◆ ジュニアNISAがはじまります

2016年からジュニアNISAがはじまります。
ジュニアNISAとは、未成年者(0~19歳)を対象とした少額投資非課税制度の
こと。

既にスタートしているNISAと同様、非課税口座を開設し、口座を通じて購入した
株式や投資信託の売却益、配当等に対して、5年間非課税となりますが、
投資金額の上限が年間80万円であることや運用管理は原則として親権者等が行う
こと、払出し制限があることなどNISAと大きく異なる点もありますので、利用に
あたっては充分確認することが必要です。

ジュニアNISAの制度開始時期についてですが、申込み手続きは既に始まりましたが
口座を通じた投資は今年4月1日から可能となります。

先の金融庁の公表によると、NISAについては昨年9月末時点で口座開設数は950万
超となっており、制度が浸透してきていることが伺えます。
また、NISAの年間投資額の上限が今年から現在の100万円から120万円に引き上げ
られるなど、2016年はあらためてNISAの活用を考える機会が増える年となりそう
です。



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 1月中に設定されるファンド・・  3本
<株投追加型> 設定日が1月中のファンド・・・ 27本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐243‐

 ◆ ETF・J-REITの買入れって?

日銀は昨年12月18日の金融政策決定会合における決定事項の中で、
「新たなETF買入れ枠の設定」と「J-REITの買入限度額の引き上げ」を公表し
ています。ここで言う「買入れ」とは「買いオペレーション」のことで、日銀が
通貨の市場流通量を調整する手法のひとつです。

日銀が市場から金融商品を買い入れることで、市中に資金が供給されます。
一般的には供給量が増えると、銀行の貸出金利は下がります。金利が下がれば
資金を借りやすくなり、貸し出された資金が設備投資や消費に向くことで
景気浮揚が期待されます。

ETF及びJ-REITは2010年からこの買入れの対象となっていますが、買入れの対象
及び方法については要件が定められており、今回の公表はその要件を拡大する
内容となっています。

具体的には

◆「新たなETF買入れ枠の設定」
ETFの買入れについて、現在の年間約3兆円の買入れに加え、新たに年間約
3,000 億円の枠を設けて、「設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業」の
株式を対象とするETFを買入れる。当初は、JPX日経 400 に連動するETFを買入
対象として、この施策の趣旨に合致する新規のETFが組成された場合には、
速やかに買入対象に加える。
新たな枠によるETF買入れは2016年4月より開始する。

◆「J-REITの買入限度額の引き上げ」
現在、J-REITについては、銘柄別の買入限度額を当該銘柄の発行済投資口
の総数の「5%以内」としているが、これを「10%以内」に引き上げる 。

との措置が講じられています。



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
昨年12月分及び2015年中の年計資料の発表日は1月15日(金)を予定しております。
なお、ホームページへの資料掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ 広報活動

私たち投資信託協会の広報活動における大きな柱の一つに、投資未経験者や若年
層といったこれまで投資や投資信託になじみのない方に投資や投資信託について
興味・関心を持ってもらい、今後の生活設計に役立ててもらうということがあり
ます。

そうした方に聞くと「投資は怖い」などのイメージを持たれていることが多い
ので、投資とは何か、投資信託とは何かということを正しく理解してもらうため
にもやはり金融経済教育が必要となってきます。

ですが、業務で金融知識を必要とされているならばともかく、仕事や学業など
日々時間的な制約のある中で、金融知識を積み重ねる作業に時間を充てることは
なかなか難しいと思います。

そこで感じるのは、元本保証がある預貯金にお金を預けておくことは目減り
しない、安心であるということのほか、無リスクであるため預けておくだけで
いいので、わざわざ勉強して投資の世界へ行くよりも楽なわけだから、貯蓄から
投資への腰も重くなるのも確かだなあということ。

ですが、インフレや年金額の引き下げなど今後予想される社会情勢を鑑みれば、
知らないで済まされる時代ではなくなってきます。
協会としては、こうした層の方に対し少しでも投資の必要性を感じ、投資への
ハードルを低くできるようなるだけ親しみやすく、わかりやすい情報を発信する
ことを意識して広報活動に取り組まなければと痛感しています。

この正月の三が日、子供がお年玉をもらうたびに、母が娘に「ちゃんと貯金しな
さい。」、「ちゃんと貯金しなさい。」と何度聞いたことか。
この「ちゃんと」の選択肢に投資信託を入れてもらうことはなかなか難しいと
感じるわけですが、やりがいもあることは確かだと思います。

                           (S.I)

                                                       



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る