バックナンバー

バックナンバー

No.335(2015年10月7日発行)>>アジア地域ファンド・パスポートって?

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.335        2015/10/7
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス

 ◆「議決権行使状況についてのアンケート調査結果」の公表について
 ◆ 平成27年度「投資の日」記念イベントの開催のご案内
  (証券知識普及プロジェクト)
 ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐240‐
 ◆ アジア地域ファンド・パスポートって?

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ 方眼ノート



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆「議決権行使状況についてのアンケート調査結果」の公表について

証券投資信託を運用する投資信託委託会社は、投資信託の受益者の利益を図る
ため、法令等に基づき、投資信託が組入れている株式についての議決権指図行使を
適切に行っています。
また、議決権の指図行使に際しては、各社毎に議決権行使に関するガイドライン
を作成し、これに沿って行使すると共に、ガイドライン・行使結果を公表して
います。

本協会では投資信託委託会社が行った株主総会(5月、6月開催分)における
国内株式の議決権行使状況について、平成18年より毎年アンケート調査
を行っておりますが、このたび、平成27年分の調査を取りまとめましたので、
その結果を本協会ホームページ上で公表いたしました。

  詳しくはこちらをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/statistics/report/voting/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 平成27年度「投資の日」記念イベントの開催のご案内
   (証券知識普及プロジェクト)

証券知識普及プロジェクトでは、「投資の日(10月4日)」にちなんだ記念
イベントを10月中も引き続き全国各地で開催いたします(参加無料)!

著名人によるトークショーなど楽しいイベントはもちろん、FPなど資産設計の
専門家によるNISAの賢い利用法についてのコーナーなどもありますので、
NISAをきっかけに投資を始めたいという方にもオススメです!

今後、開催が予定されている地域はこちら・・
鳥取、島根、富山、福井、石川、香川、北海道、愛知、宮城、静岡、愛媛

ぜひ、お近くのイベント会場にご参加下さい。

  開催日時・申込方法など詳細は、下記「投資の日」特設サイトをご覧下さい。
   http://www.jsda.or.jp/manabu/104/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPO法人エイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、投資未経験者
向けに「投資信託基礎講座」を開催しており、11月は以下の2会場で開催の予定です。

また、土曜日開催は毎回ご好評をいただいており、募集開始後すぐに定員に
達してしまうことも多いため、受講をご希望の場合はお早めに申込み下さい。


 * 開催日:平成27年11月7日(土)午前開催
    会  場:東京証券会館 9階 第1、2会議室
      (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8) 
 
  申込方法など、詳細は下記NPO法人エイプロシスHPをご覧下さい。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=15-00-01-76


 * 開催日:平成27年11月18日(水)午前開催
    会  場:東京証券会館 9階 第9会議室
      (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8) 
 
  申込方法など、詳細は下記NPO法人エイプロシスHPをご覧下さい。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=15-00-01-77



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 10月中に設定されるファンド・・  7本
<株投追加型> 設定日が10月中のファンド・・・ 39本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐240‐

 ◆ アジア地域ファンド・パスポートって?

本年9月11日に金融庁が「アジア地域ファンド・パスポート(ARFP)の参加
表明文書に日本として署名を行なった」旨を公表しました。

アジア地域ファンド・パスポートとは、APECに加盟する国や地域のうち、
このアジア地域ファンド・パスポートへ参加をすると表明した国同士で、
一定の要件を満たしたファンド(投資信託等)について、相互に販売する
ことを容易にするため規制を共通化させようという枠組みのことです。

欧州では既にUCITSというファンド・パスポートの枠組みが存在しており、
欧州投資信託協会の発表によると本年3月末時点でのUCITSの運用残高は、
8.2兆ユーロと大きなマーケットであることがうかがえます。

日本においてもこのアジア地域ファンド・パスポートにより、国外のファンドを
買いやすくなる状況となれば、投資家にとって商品の選択肢の幅が増えるものと
期待されます。

今後、具体的なルールの検討など運用開始に向けた作業が、各国の関係機関に
より進められることが予定されています。



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
9月分の発表日は10月14日(水)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ 方眼ノート

ちょっとしたことを書き留めておくのに、年末の挨拶で頂いたメモ用紙を使っ
ていたところ、このメモ用紙、何かいつもと書いた後の感じが違う。
すごぶる良いのである。

何が違うかと考えてみて、これか!と気づいた。方眼のマス目が入っているのだ。

これまでも方眼のマス目が入っているメモやノートの有用性について解説した
書籍や記事を目にしたことはあったが、使ってみる以前に「マス目があると、
書いた内容を読みづらくするのでは?」という考えが先に立ち、実践するには
至らなかった。

しかしどうだろう、自然と方眼の目に沿って、字を書き、図を書きとしている
ので、字も図も整然としてくる。後から見返しやすい。もちろんマス目は自分で
主張するようなことはしない。

それに気づいて以来、メモ帳では足らず方眼「ノート」も使うようにはなったが、
そもそも私の場合は、自分の書く金釘流のゴチャゴチャした字を直せばそれで
見やすくなったのかもしれないということも同時に気づいてしまった。

つたない私の筆致を正してくれる方眼ノートに感心するやら、情けないやら・・。
だが、とにかく使いやすくオススメなのは確かなのである。


                                                  (S.I)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る