バックナンバー

バックナンバー

No.325(2015年5月13日発行)>>ジュニアNISAって -1

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.325        2015/5/13
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス

 ◆「投信フォーラム2015 in 鹿児島」開催のお知らせ
 ◆「金融リテラシー習得講座(NISA対応特別編)」開催のご案内
 ◆「投資信託の世界統計(2014年第4四半期)」公表のお知らせ
 ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐235‐
 ◆ ジュニアNISAって -1

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ お菓子作り



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆「投信フォーラム2015 in 鹿児島」開催のお知らせ

当協会では、資産運用の有効手段である投資信託について知識を深めていただく
ため、「投信フォーラム」を全国各地で開催しています。

今回は、6月20日(土)に予定している鹿児島開催分をご案内します。

第1部は、地元鹿児島県の出身で、1990年の「サイレント・イヴ」の大ヒットで
知られる、シンガー・ソングライター 辛島美登里さんによる講演、
第2部はFPによる投資信託セミナーとなっており、昨年からスタートしたNISAに
ついてもご紹介します。

  主催:投資信託協会  南日本新聞社  全国地方新聞社連合会  
  日時:平成27年6月20日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
  会場:南日本新聞会館 みなみホール

  第1部/特別講演
     演題:「音楽にできること~50歳からの生き方」
    講師:シンガー・ソングライター
       辛島美登里(からしま みどり)氏

   第2部/FPによる投資信託セミナー
     演題:「資産運用の基本と投資信託の活用方法」
           ~NISAの上手な使い方と「良いファンド」・「良くない
      ファンド」の見分け方~
   講師:FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社代表取締役
            ファイナンシャルプランナー
       神戸 孝(かんべ たかし)氏
 
   詳しくは下記アドレスをご覧下さい。
   http://www.toushin.or.jp/seminar/2015/12591/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 「金融リテラシー習得講座(NISA対応特別編)」開催のご案内

日本証券業協会の主催で、金融リテラシー向上を目的にライフプラン・マネー
プランの重要性、NISAの制度解説、投資におけるリスクの理解、資産形成商品の
解説などを内容とした「金融リテラシー習得講座(NISA対応特別編)」が、
全国9か所で開催されます。

詳細並びにお申込みは下記リンクよりご確認下さい。
http://www.jsda.or.jp/manabu/seminar_info/literacy2015/index.html


開催会場及びプログラム概要は以下のとおり

【開催会場】
大分市 5/30(土)、北九州市 6/6(土)、徳島市 6/6(土)、下関市 6/7(日)、
松山市 6/13(土)、青森市 6/20(土)、盛岡市 6/21(日)、福島市 7/4(土)、
和歌山市 7/25(土)

【プログラム】
第1部 まずは投資の基礎と、NISAを知ろう!
○ライフプラン/マネープランの必要性 ○株式・債券・投資信託とは
○NISAの制度概要

第2部 投資を始めるための心構えを会得して、NISAを使おう
○リスクの抑え方・分散投資 ○NISAの活用 ○情報活用の方法

質問コーナー
NPO法人エイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)の
証券カウンセラーによる質疑応答コーナーを設けています。



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆「投資信託の世界統計(2014年第4四半期)」公表のお知らせ

当協会は、世界の投資信託業界の最新動向を調査する資料として、
国際投資信託協会が加盟各国の協力により集めたデータをもとに、四半期毎に
「投資信託の世界統計」を公表しております。

協会ホームページ上に2014年第4四半期(10-12月)分を公表しております。

詳しくは下記アドレスをご覧下さい。
http://www.toushin.or.jp/statistics/world/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPO法人エイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、投資未経験者
向けに「投資信託基礎講座」を開催しており、7月は以下のとおり開催します。

また、土曜日開催は毎回ご好評をいただいており、募集開始後すぐに定員に
達してしまうことも多いため、受講をご希望の場合はお早めに申込み下さい。

 * 開催日:平成27年7月4日(土)午前開催
    会  場:東京証券会館 9階 第1、2会議室
      (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8) 

  申込方法など、詳細は下記NPO法人エイプロシスHPをご覧下さい。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=15-00-01-32



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 5月中に設定されるファンド・・  9本
<株投追加型> 設定日が5月中のファンド・・・ 34本

  詳しくは下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐235‐

 ◆ ジュニアNISAって -1

平成26年から少額投資非課税制度(NISA)がスタートしていますが、制度を利用
できるのは20歳からとなっています。
一方、ジュニアNISAとは、未成年者を対象とした少額投資非課税制度のこと。
平成27年度税制改正大綱において導入の方向が示され、今国会において法案が
可決・成立しました。
なお、本制度の業界横断的に用いる一般的な名称を「ジュニアNISA」とすること
については、当協会も参加するNISA推進・連絡協議会において本年5月に決定
しました。


【導入の背景】
現在、1,600兆円とも言われる日本の家計金融資産は高齢者世帯に偏っています。
また、若年層は一般的に、リスク性資産への長期投資による資産形成に適して
いるとされていますが、十分に投資が浸透しておらず、その理由として、資金的な
余裕がないことも投資をしない原因と考えられています。
成長資金の供給拡大を更に進めるためには、「若年層の投資に対する意識の向上」
とともに「高齢者層から若年層への資産シフト」を進めることが必要です。
そこで、ジュニアNISAの導入により、
・ 若年層への投資のすそ野の拡大
・ 高齢者に偏在する膨大な金融資産を成長資金へと動かす契機に
・ 長期投資の促進
などが期待されます。


【制度の概要】
対象者     0~19歳の居住者等

非課税対象   上場株式、公募株式投信、ETF、J-REIT等(NISAに準ずる)

年間投資上限額 80万円

投資可能期間  平成28年4月から平成35年12月末まで(終了時期はNISAに準ずる)

非課税期間   投資した年から最長5年間(NISAに準ずる)

運用管理    原則として親権者が代理して運用・管理を行う
        18歳まで払い出しに制限が課される

制度開始の時期 申込み手続きは平成28年1月1日からで、同年4月1日から口座を
        通じた投資が可能となる予定です。
        ただし、マイナンバー制度の利用開始日がこれらの日より
        後になる場合には、マイナンバーの利用開始日以降の開始となります。

【現行NISAとの違い】
「制度の概要」にもあるとおり、ジュニアNISAでは利用者が18歳になるまで
払い出しに制限があります。
そうすると、子供の年齢によっては、制度が終了した後も引き出せるまでに
何年も待たなければならないような場合も想定されますので、ジュニアNISAでは
継続管理勘定という非課税期間が終了した口座の資金を移して置いておくだけの
勘定が設定されることになります。
このように、ジュニアNISAは未成年を対象にした制度であるため、成人を対象
とする現行のNISAと取り扱いの異なる部分が存在します。
次回は、そうした現行NISAと取扱いの異なる点を中心に説明したいと思います。



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
4月分の発表日は5月18日(月)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ お菓子作り

卵を割り、牛乳に、生クリームと砂糖、最後にバニラエッセンスを数滴垂らし、
よく混ぜる。ふぅわりと甘い匂いが立ちこめる。その薄黄色の液体を漉しながら、
よっとととっとカップに入れ、オーブンにいざ、投入。私はプリンを作っていた。
久しぶりのお菓子作りである。

元から甘いものに目がない私であったが、何を思ったか、高校生になった頃、
お菓子作りにはまった。とても器用な方とは言えず、中学のバレンタインの
友チョコでは「・・・」の反応を頂いた無言チョコを作成した私がなぜ、お菓子
作りに挑戦したのか、今考えても不思議である。何か心境の変化でもあったのだ
ろうか。残念ながら全くもって当時の状況を思い出せない。とにかく、乱暴に
話を進めるがお菓子作りに目覚めてしまったのである。

初めの頃は失敗の連続であった。レシピ通りの手順を踏んでいるはずが気付くと
手順を踏み外し、あれよあれよという間に迷子になり、ココはドコ?ワタシは
ダレ?状態となるのが常だった。

それでも回数を重ねれば手順を踏み外しても勘で元の手順に戻れるようになった。
根本的な解決ができていないが、まあ、帰還できるようになっただけ進歩したと
言えるだろう。当時の自分よ、よくぞ頑張った。また、あれだけ不評だった
お菓子であるが美味しいと言ってもらえる回数が増えた。こっそりここで威張っ
ておこう。どんなもんだい。私だってやればできるんだい。

さて、そろそろ焼き終わる時間である。別に作ってあるカラメルはとろんとした
濃いめの琥珀色、程良い甘苦さでなかなか良い出来だ。プリン本体の出来はどう
だろうか。オーブンを開ける瞬間はいつも期待と不安の一瞬である。もしかする
と、このスリルを味わうためにお菓子作りをしているのかもしれない。

                            (A.H.)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る