バックナンバー

バックナンバー

No.307(2014年8月6日発行)>>コア・サテライト戦略って?

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.307        2014/8/6
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
 ◆ 新刊!2014年版ガイドブックを作成しました!
  ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐226‐
  ◆ コア・サテライト戦略って?

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ うそ



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

 ◆ 新刊!2014年版ガイドブックを作成しました!

投資信託協会では、2014年版の「投資信託ガイド」、「REITガイド」を発刊
しました。新しいガイドでは、今年1月からスタートした「NISA:ニーサ(少額
投資非課税制度)」の概要や利用方法などについても解説しています。

これらガイドと併せて、「なるほど!投資信託説明書ガイド」、「NISAで投信
はじめよう『知っておきたい!投資の基本』」を4冊セットにして無料でプレゼ
ントしています。

ご希望の方は、下記の当協会ホームページよりご請求ください。

 http://www.toushin.or.jp/guidebook/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPO法人エイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、投資未経験
者向けに「投資信託基礎講座」を開催しています。

当講座は大変ご好評をいただいており、募集開始後すぐに定員に達してしまう
ことも多いため、受講をご希望の場合はお早めにお申込み下さい。


  * 開催日:平成26年8月22日(金)午後開催
     会  場:協働ステーション中央会議室
       (東京都中央区日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア2階)   
  申し込み方法など、詳細は下記NPO法人エイプロシスHPをご覧ください。
   https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=14-00-01-44

  * 開催日:平成26年9月13日(土)午前開催
     会  場:東京証券会館9階 第2会議室
       (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8)   
  申し込み方法など、詳細は下記NPO法人エイプロシスHPをご覧ください。
   https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=14-00-01-53



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 8月中に設定されるファンド・・ 6本
<株投追加型> 設定日が8月中のファンド・・・30本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐226‐

 ◆ コア・サテライト戦略って?

コア・サテライト戦略とはポートフォリオを構築する際に有効な考え方で、
資産全体を、中長期的に見て安定的な成長を目指すコア(=核)となる部分と
リスクを取りつつリターンを追及していくサテライト(=衛星)部分とに分け
る運用手法です。

もともと年金運用などで機関投資家が用いている手法ですが、例えば、コア部
分でインデックスファンドや債券ファンドなどに投資して低コストで安定的な
運用を行い、サテライト部分では新興国ファンドやコモディティファンドなど
高い収益を目指すファンドに投資してリターンの上積みを狙うなどの方法で、
一般投資家であっても資産づくりをしていく上でコア・サテライト戦略の考え
方を取り入れることは可能です。

その際、自分の資産をコアとサテライト、どちらにどれくらい振り分けるかと
いうことに注意しなければなりません。コアとなる部分はまさに自分の資産形
成の上で核となる部分ですから、長期的な視点に立ち、自身の資産の額や今後
のライフステージを見据えた上で無理なく安定した運用をしなければなりません。
また、サテライト部分はリターンを追及する分リスクも高くなりますので、あ
まり比重を高くしない方が良いでしょう。

自分のリスク許容度を理解し、コアとサテライトの役割が違うことを念頭に置
いた資産配分が大切となります。



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。
7月分の発表日は8月13日(水)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ うそ

テレビを見ていたら、『ある動物園では、小さいかわいい動物が「流しそうめ
ん」にみたてて流れてきます。さて、このかわいい動物とはなんでしょう?』
という問題が出されていました。答は「かわうそ」です。水を流した滑り台から
数匹の「かわうそ」が次々に滑ってくるというものでした。この話はこれだけ
で何のオチもありません。

世の中にはいろんな調査が行われているものだと感心したのですが、内閣府の
調査に、「自分がよくうそをつくと回答した若者(13歳から29歳)の割合」と
いうのがありました。調査対象は7カ国で、日本はその比率が28.9%でトップ
でした。

うそに関する、ある上方落語家のお弟子さんの話です。師匠に入門して間もな
い頃、同棲をしていたアパートに、突然、田舎から息子の生活の様子を見に
来たご両親が、息子の脇に知らない女性が座っているのを見て、「この娘さん
は誰?」と聞いたところ、その息子さんは咄嗟に言ったそうです。「妹」と。
そのお弟子さんは、その後、その「妹」と結婚したとのことですから、さぞや
ご両親も安堵されたことと思います。咄嗟のこととはいえ、もっと違ったうそが
言えなかったのでしょうかね。

愛嬌のあるうそとは違って、中国(上海)の食品会社が、使用期限切れの食肉
を使ったり、生産日時を改ざんした食肉加工品を、ファストフード店に供給し
ていた問題は許しがたいことです。連日、大きく報道されたことはまだ記憶に
新しく、偽装工作の生々しい画面が放映されているのを見た方も多いと思いま
す。
我々の口に入る食の安心・安全が叫ばれてから久しいわけですが、回収されて
きた賞味期限が切れた食品を、また新たな賞味期限を付して供給(販売)する
ことなども含めて、偽装工作行為はあってはならないことです。我々消費者側
の厳しい監視ということも求められていると思いますので、今回の問題を契機
に、更に食の安心・安全への関心を深めていく必要があるのではないでしょうか。

暦の上では7日(木)が立秋。とはいえ、まだまだ暑い日が続きます。8月2日
(日曜日)に訪れた群馬県館林市駅前の午後1時半の温度計は、「38度」を示
していました。皆さま、今年も厳しい夏の暑さを乗りきって下さい。

                               (藤棚)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る