バックナンバー

バックナンバー

No.302(2014年5月21日発行)>>「投信フォーラム2014 in 山形」開催のお知らせ

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.302        2014/5/21
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                      
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆ 講演会・セミナー活用のススメ!~金融リテラシーの向上を目指して~
  ◆「投信フォーラム2014 in 山形」開催のお知らせ
  ◆「家計管理と生活設計について考える相談会~ 身につけよう!
   金融に関する知識と判断力 ~」開催のご案内
   ◆「金融リテラシー習得講座(NISA対応特別編)」開催のご案内
   ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」5月号の公表 
   ◆ 投資信託の市場動向(4月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆ 納屋



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆ 講演会・セミナー活用のススメ!~金融リテラシーの向上を目指して~

金融商品は生活設計をする上で有効な手段ですが、その種類は多様にわたりま
すので、それぞれの金融商品の仕組みや特徴、リスクなどについて理解し商品
を選別する目を養うことが必要になります。

金融庁などの行政機関や本協会を含む金融関係の団体は各地で講演会等を
行っていますが、中立的な立場である分、個別の商品を知る前に理解しておく
べき基礎的な事項に重点を置いた内容を提供していますので、金融商品のキホン
を理解する手段としてこうした講演会やセミナーを活用してみるのも有用では
ないでしょうか。

なお、本協会でも投資信託の仕組み、種類、リスクなどの知識を学ぶ場として
毎年地方講演会を開催しており、本年度も5月31日の山形を皮切りに、鳥取、
山梨、宮崎、神戸、福岡の全国6か所での開催を予定しています。

これからもメールマガジンや投信協会ホームページを通じて、本協会及び関係
各団体が開催する講演会・セミナー情報を発信していきますので是非足を運ん
でみてください。



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆「投信フォーラム2014 in 山形」開催のお知らせ

 資産運用の有効手段である投資信託について知識を深めていただくため、
 「投信フォーラム」を開催いたします。
 平成26年1月からスタートしたNISAについてもわかりやすくご紹介します。

   主催:投資信託協会  山形新聞社  全国地方新聞社連合会  
   日時:平成26年5月31日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
   会場:山形国際交流プラザ 2階大会議室

   内容:第1部/特別講演
      演題:「夢見る力 ~舞台に恋して~」
    講師:劇作家・演出家・女優
       渡辺えり(わたなべえり)氏

      内容:第2部/FPによる投資信託セミナー
      演題:「投資信託を活用した資産運用の考え方
       ~デフレからインフレへの大転換が始まる~」
    講師:ファイナンシャルプランナー
      有限会社ファイナンシャルリサーチ代表
       深野康彦(ふかのやすひこ)氏
        *深野氏と運用会社の専門家との対談コーナーがあります
 
  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/seminar/2014/10767/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 「家計管理と生活設計について考える相談会~ 身につけよう!
   金融に関する知識と判断力 ~」開催のご案内

 金融リテラシーの向上を目的とした家計管理と生活設計に関する無料相談会
及び金融リテラシー向上のための基調講演、ミニセミナーが平成26年6月12日・
13日・14日の3日間、東京都消費生活総合センター(飯田橋)において開催され
ます。
 開催の概要は以下の通り

【開催日時・会場】
 平成26年6月12日(木)・13日(金)・14日(土)
 東京都消費生活総合センター(飯田橋)の各教室
(東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ15階~17階)

【主催】
 金融庁、東京都消費生活総合センター、金融広報中央委員会、日本FP協会、
 全国銀行協会、日本証券業協会、投資信託協会、生命保険文化センター、
 日本損害保険協会

【参加費】無料 (各プログラム定員あり)

【6月12日(木)プログラム】
13時00分  開場・受付 

13時30分~14時45分
 基調講演「あなたのお金を育て増やすライフプラン!」
     講師:東京都金融広報委員会 金融広報アドバイザー

15時00分~16時00分 ※ ミニセミナーは、(a)、(b)どちらかを選択

ミニセミナー(a) 「知ってもらいたい保険の知識」
         講師:生命保険文化センター、日本損害保険協会

ミニセミナー(b) 「事例に学ぶ!金融トラブル」
         講師:東京都消費生活総合センター相談員

15時30分~19時30分
無料相談会(日本FP協会)
(a)15時30分~16時30分  (b)17時00分~18時00分  (c)18時30分~19時30分
各回2か所で開催 定員6組


【 6月13日(金)、14日(土)プログラム】
14時00分~19時30分
無料相談会(日本FP協会)
(a)14時00分~15時00分  (b)15時30分~16時30分  (c)17時00分~18時00分
(d)18時30分~19時30分
各回2か所で開催 (各日につき定員8組)

お申込み等詳細はこちらのリンクをご確認ください。
http://www.arts-crafts.co.jp/kakei/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 「金融リテラシー習得講座(NISA対応特別編)」開催のご案内

 日本証券業協会の主催で、金融リテラシー向上を目的にライフプラン・
マネープランの重要性、NISAの制度解説、投資におけるリスクの理解、資産
形成商品の解説などを内容とした「金融リテラシー習得講座(NISA対応特別
編)」が全国8か所で開催されます。

講座は、1部がNISAの対象金融商品に関する基礎知識について、2部が投資を行う
うえでの基礎知識についての講義となっており、特定非営利活動法人投資と学習
を普及・推進する会(NPO法人エイプロシス)の証券カウンセラーによる質疑応答
コーナーも予定されております。

 各会場の概要は以下のとおりですが、詳細並びにお申込みは下記リンクより
ご確認下さい。
http://www.jsda.or.jp/manabu/seminar_info/literacy2014/

【北海道地区】
 旭川会場
 会場:旭川北洋ビル 8階小ホール(旭川市4条通9丁目1703番地)
 開催日:平成26年6月21日
 開場:13時00分 開演:13時30分

 【関東・甲信地区】
 横浜会場
 会場:TKPガーデンシティ横浜 カンファレンスルーム4+5 
(横浜市神奈川区金港町3-1コンカード横浜)
 開催日:平成26年7月5日
 開場:13時00分 開演:13時30分

 千葉会場
 会場:千葉県教育会館 203会議室(千葉市中央区中央4-13-10)
 開催日:平成26年7月12日
 開場:13時30分 開演:14時00分

さいたま会場
 会場:TKP大宮ビジネスセンター ホール2(さいたま市大宮区仲町2-26
 富士ソフトビル)
 開催日:平成26年7月26日
 開場:13時00分 開演:13時30分

 【新潟・北陸地区】
 新潟会場
 会場:コープシティ花園 ガレッソ ホールb・c(新潟市中央区花園1-2-2)
 開催日:平成26年6月28日
 開場:13時30分 開演:14時00分

 【中国地区】
 鳥取会場
 会場:とりぎん文化会館 第2会議室(鳥取市尚徳町101-5)
 開催日:平成26年6月14日
 開場:13時00分 開演:13時30分

 【四国地区】
 高松会場
 会場:アルファあなぶきホール 小ホール棟4階 大会議室(高松市玉藻町9-10)
 開催日:平成26年6月14日
 開場:13時30分 開演:14時00分

 【九州・沖縄地区】
 熊本会場
 会場:くまもと県民交流館パレア会議室1(熊本市中央区手取本町8-9
テトリアくまもとビル9階)
 開催日:平成26年6月7日
 開場:13時30分 開演:14時00分



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPO法人エイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者
向けに「投資信託基礎講座」を開催しています。

当講座は大変ご好評をいただいており、募集開始後すぐに定員に達してしまう
ことも多いため、受講をご希望の場合はお早めにお申込み下さい。


  * 開催日:平成26年6月18日(水)午後開催
     会  場:協働ステーション中央会議室
       (東京都中央区日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア2階)   
  申し込み方法など、詳細は下記NPO法人エイプロシスHPをご覧ください。
   https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=14-00-01-26

  * 開催日:平成26年7月5日(土)午前開催
     会  場:東京証券会館9階 第2会議室
       (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8)   
  申し込み方法など、詳細は下記NPO法人エイプロシスHPをご覧ください。
   https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=14-00-01-33



-------------------------------■□■□■------------------------------
 
 ◆ 「不動産投信NEWS」5月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」5月号を公表
しました。公表内容等は4月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 投資信託の市場動向(4月中)

■全体の概況

26年4月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比4,811億円増加して80
兆6,450億円となった。このうち、株式投信は前月比4,468億円増加(うち、運用
等減3,238億円)して66兆1,020億円、MMFを含む公社債投信は前月比343億円増加
して14兆5,430億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
3,863億円増加して38兆6,666億円、銀行等経由の残高は703億円増加して26兆
9,289億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比5,354億円増加して40兆7,153億円となっ
た。


■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                       設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信            29,737         22,031             661,020(4,468)
公社債投信          40,320         39,977              145,430(343)
内、MMF                 506            705              20,105(-200)
株式投信+公社債投信 70,058         62,008             806,450(4,811)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。
(注3)公社債投信にはMMFを含みます。


(2)運用状況
4月中の株式運用について、国内株式は320億円の買越し、外国株式は1,128億円
の売越しで4月末の組入株式の時価総額は19兆175億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は1兆6,753億円の買越し、外国公社
債は802億円の売越しで4月末の組入公社債の時価総額は25兆9,150億円となって
いる。


(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                     証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信             386,666     269,289       5,064        661,019
公社債投信           138,546       6,857          28        145,430
内、MMF               13,942       6,142          21         20,105
株式投信+公社債投信 525,212     276,146       5,092        806,449
(シェア:%)           (65.1)      (34.2)       (0.6)        (100.0)

(注1)公社債投信にはMMFを含みます。


■私募投資信託の資産動向
                                                         <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      16,114       9,832                407,153(5,354)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。


■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                 26年 3月(前月比)       26年2月            前年 3月
純資産計           59,276 (709)              58,567             49,503
追加出資額            352                     1,006                936 
  

■マーケット指標(参考)
                     26年  4月末(前月比)   26年 3月末      前年  4月末
日経平均株価(円)      14,304.11(-523.72)     14,827.83        13,860.86
TOPIX(ポイント)        1,162.44(-40.45)       1,202.89         1,165.13
為替(1米$:円)           102.61(-0.31)          102.92            97.92
東証REIT指数           1,496.02(30.48)        1,465.54         1,599.42
(ポイント)
                           (333回債)          (333回債)      (328回債)
国債利回り(%)            0.62(-0.02)             0.64            0.6



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 5月中に設定されるファンド・・・7本
<株投追加型> 設定日が5月中のファンド・・・・42本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ 納屋

「お母さんは物持ちがいいねー」とは、妻が乳児の時に使っていた布団や
頂いたまま使用しなかった服などをほぼ当時のままの状態で保管し、先ごろ
生まれた子供のために持ってきてくれた義母に対してのみんなの評である。

妻の実家にはかなり大きな納屋があり、子供のものだけでなく使わなくなった
ものはたいていそこへしまわれる運命となり、形をとどめながらいつ来るか
わからない次の出番を静かに待つこととなる。

高校時代、引っ越しの際に子供の頃の持ち物をかなり捨ててしまった私としては
おもちゃや小学校で書いた絵や工作で作ったもの、写真など小さい頃からの
思い出がたくさん残されていて本当に羨ましい。

しかし、結婚した時に邪魔だからと、妻と義母からその納屋に持っていくよう
言われたCDや書籍類など私の青春の全てが保管直後から消息を絶っており、
あれから10年くらい経つが怖くて未だ所在を聞けないでいる。

                               (S.I)


=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る