バックナンバー

バックナンバー

No.297(2014年3月5日発行)>>「投信総合検索ライブラリーの使い方(リートを組入れた投資信託編)」

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.297        2014/3/5
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
 ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐221‐
  ◆ 投信総合検索ライブラリーの使い方(リートを組入れた投資信託編)

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ 発売日の遅れに思う



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託基礎講座」を開催しています。

当講座は大変ご好評をいただいており、募集開始後すぐに定員に達してしまう
ことも多いため、受講をご希望の場合はお早めにお申込み下さい。


  * 開催日:平成26年4月12日(土)午前開催
     会  場:東京証券会館9階 第2会議室
       (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8)   
  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
   https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=14-00-01-05



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 3月中に設定されるファンド・・ 13本
<株投追加型> 設定日が3月中のファンド・・・・47本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐221‐

 ◆ 投信総合検索ライブラリーの使い方 (リートを組入れた投資信託編)

平成13年にスタートしたJリートですが、平成26年2月末現在で44本が上場して
おり、昨年末時点の時価総額も7兆6000億円超と過去最高規模となりました。
また、高額な不動産物件の買い手としてであったり、多様な業界からの
参入であったりと、様々な角度から新聞報道などでJリートについて目に
する機会が増えています。

少額で不動産等に間接的に投資できる点がリートのメリットの一つですが、購入
するとなると、実物不動産へ投資することに比べれば少額なものの、一万円程度
から購入できる投資信託と比べると比較的高額です。

しかしながら、資産分散という視点からもリートを通じた不動産への投資は選
択肢として持ち合わせたいものです。
そうした時、ファンド・オブ・ファンズの形態でリートを組入れた投資信託が
あります。このリートを組入れた投資信託であれば通常、契約型投資信託として
設定され、一般の投資信託と同様に、一万円程度から取扱販売会社で購入する
ことができます。
また、ファンドの中でオフィスや住宅といった物件の用途(プロパティタイプ)
別に分散を図ったり、海外リートへ投資するものもありますので地域分散を
図りながら投資することもファンドによっては可能です。

現在運用中のリートを組入れた投資信託(主にリートに投資する投資信託)の銘
柄一覧は、本協会がホームページ上で提供しているサービス、「投信総合検索ラ
イブラリー」でご覧になれます。

ライブラリーのトップ画面を下へスクロールさせると、「カテゴリー(大分類)
から投資信託を探す」という文字の下に、国内株式投信、内外株式投信、海外
株式投信・・・と、ファンドが主に投資している資産別に分類分けしてある箇所
が続きます(大分類)。その中の不動産投信というカテゴリーに、このリートを
組入れた投資信託は含まれます。
さらに「カテゴリー(中分類を見る)>>」を押すことで投資対象の地域で国
内、海外、内外に分けて銘柄リストが表示されますので、より本数が絞られ見や
すいものとなります。

例)国内のJリートに加え海外のリートにも投資するファンドを閲覧したい場合
不動産投信の「カテゴリー(中分類を見る)>>」を押し、国内不動産、海外不
動産、内外不動産と3つ出てくる項目のうち「内外不動産」を選択することで
ご覧になれます。

リートを組入れた投資信託は、少額から購入できたり、分散が図れたりといった
メリットがありますが、契約型投資信託ですから販売手数料・信託報酬等のコスト
がかかります。また、海外のリートに投資するのであれば為替が変動することに
よるリスクもありますので、商品の検討の際には商品の内容をしっかりとご確認
ください。

なお、今回はリートを組入れる投資信託で、主にリートに投資する投資信託を検
索例にあげました。その他に、複数の資産へ投資する資産の一つとして、株や
債券に加えてリートに投資する投資信託もあります。
そうしたファンドはライブラリーのカテゴリー(大分類)では、複合資産投信に
含まれています。



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。
2月分の発表日は3月13日(木)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ 発売日の遅れに思う

小学生の頃、毎週楽しみにしていた少年誌の最後に載っている次号の発売日が、
いつも私たちの地域の発売日と違っていた。数日早い日付が掲載されているので
ある。子供ながらに謎であった。

その謎が解けたのは上京後の大学生の頃。青春18きっぷを利用しての帰省途中、
東京と故郷との中間くらいに位置する都市でふと、毎月購読していた雑誌を買お
うと本屋へ入ったところ、今日発売日であるはずの雑誌が見当たらない。店員に
尋ねると、発売日は今日じゃないと言う。単に発売日が地域によって違うという
ことなのだが、その時まで地域で発売日に差があると全く意識していなかったの
でショックだった。また、青春18きっぷを利用して鈍行列車での移動だったた
め、本が届くまでの距離をなぞるように移動してきたので疲労感とともに「あ
ぁ、この距離が発売日の遅れを生むのか」となんとも言えない気持ちになった。

あれから随分と時が経ち、消費財などは流通の問題や物理的な距離の問題がある
からまだしも、インターネットの普及で都市部と地方との情報に関する差は縮ま
っているのではないかと言われて久しい。

例えば、現在、金融庁や金融広報中央委員会が中心となり、本協会も参加して
いる金融経済教育推進会議では、小中高生から大学生、社会人、高齢者と全年
齢層を通じ、それぞれの年代で金融に関し習得しておくべき事項を整理・体系化
することなどの取組を進めている。
こうした国民ひとりひとりが生活するうえで知っておくべき情報について都市部
と地方との間に差がでないことを願うし、我々もその点を留意して活動していか
なければならないと思う。

                             (ジャンプ)


=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る