バックナンバー

バックナンバー

No.296(2014年2月19日発行)>>「証券統計ポータルサイト」のご紹介

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.296        2014/2/19
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆ 日本証券経済研究所「証券統計ポータルサイト」のご紹介
   ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
  ◆「金融リテラシー(知識・判断力)を身に付けるためのシンポジウム
   【広島】」開催のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」2月号の公表 
   ◆ 投資信託の市場動向(1月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆ 猫の家の猫



■□■□■-------------------------------------------------------------

  ◆ 日本証券経済研究所「証券統計ポータルサイト」のご紹介

日本証券経済研究所はホームページ上において、本協会を含め証券諸団体が公表
する統計情報を業界横断的に提供できるよう、「証券統計ポータルサイト」とい
うサービスを提供しています。

このサイトは、それぞれの団体が公表する各種統計を株式、公社債、投資信託
などの商品ジャンル別に、また統計を公表している公表機関別に、検索すること
が可能です。

本協会も当サイトへのリンク掲載にあたり、利用者の利便性向上のため従来
PDFで提供していたデータをExcel形式化することや、単位を億円から百万円
にするなどの整備を行いました。

また当サイトはリンクが充実しており、証券諸団体や国内取引所にとどまらず、
海外の中央銀行や取引所、証券団体などが一覧化されており、とても便利なも
のとなっています。

統計データのポータルサイトですので、投資をこれから始めるという方という
よりはむしろ、そこから一歩進んでいろいろと調べたい、証券関係のデータを
探しているという方に役立つサイトです。

詳しくは下記リンクよりご覧ください。

日本証券経済研究所「証券統計ポータルサイト」
http://www.shouken-toukei.jp/index.php



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託基礎講座」を開催しています。

当講座は大変ご好評をいただいており、募集開始後すぐに定員に達してしまう
ことも多いため、受講をご希望の場合はお早めにお申込み下さい。


  * 開催日:平成26年4月12日(土)午前開催
     会  場:東京証券会館9階 第2会議室
       (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8)   
  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
   https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=14-00-01-05



-------------------------------■□■□■------------------------------
 
  ◆「金融リテラシー(知識・判断力)を身に付けるためのシンポジウム
   【広島】」開催のお知らせ

金融庁では、毎年度、地方財務局等と共催で金融経済教育に関するシンポジウ
ムを開催しております。
25年度は、金融経済教育研究会報告書の内容を踏まえ、「金融リテラシー(知
識・判断力)を身に付けるためのシンポジウム」として、実施いたします。

<開催日時等>
広島会場スケジュール:
日 時:平成26年2月25日(火) 14:00~16:40(開場13:30)
参加費:無料(定員150名) 申込み締切 2月21日(金)
会 場:KKRホテル広島 1階 孔雀の間 (広島市中区東白島町19-65)
内 容:基調講演「金融経済教育の重要性について」 
     帝京大学経済学部教授・日本証券アナリスト協会検定会員
                              石毛 宏 氏
    基調講演「NISAの活用法」
     ファイナンシャルプランナー・東洋大学経営学部非常勤講師
                            伊藤 亮太 氏

 その他の内容、お申込み等詳細は以下のURLよりご確認ください。
 広島会場詳細 http://www.fsa.go.jp/news/25/sonota/20140124-1.html



-------------------------------■□■□■------------------------------
 
 ◆ 「不動産投信NEWS」2月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」2月号を公表
しました。公表内容等は1月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



-------------------------------■□■□■------------------------------

投資信託の市場動向(1月中)

■全体の概況

26年1月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比2兆6,093億円減少して
78兆9,139億円となった。このうち、株式投信は前月比1兆6,336億円減少(うち、
運用等減2兆9,400億円)して63兆3,938億円、MMFを含む公社債投信は前月比9,7
57億円減少して15兆5,201億円であった。販売態別に残高を見ると、証券会社
経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比1兆2,508億円減少して36兆9,246億
円、銀行等経由の残高は3,651億円減少して25兆9,548億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比6,181億円減少して39兆7,950億円となっ
た。


■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                       設定         解約(償還含む)    純資産(前月比)
株式投信            32,629         19,565             633,938(-16,336)
公社債投信          48,824         58,580              155,201(-9,757)
内、MMF                 631            456              19,435(175)
株式投信+公社債投信 81,452         78,145             789,139(-26,093)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。
(注3)公社債投信にはMMFを含みます。

(2)運用状況
1月中の株式運用について、国内株式は1,202億円の買越し、外国株式は618億円
の売越しで1月末の組入株式の時価総額は18兆4,059億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は9,578億円の買越し、外国公社債は
636億円の売越しで1月末の組入公社債の時価総額は27兆1,057億円となってい
る。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                        <単位:億円>
                     証券会社     銀行等      投信会社         合計
株式投信             369,246     259,548       5,143        633,936
公社債投信           149,348       5,825          28         155,201
内、MMF               14,410       5,004          21         19,435
株式投信+公社債投信 518,594     265,372       5,171        789,137
(シェア:%)           (65.7 )      (33.6 )       (0.7 )        (100.0 )

(注1)公社債投信にはMMFを含みます。


■私募投資信託の資産動向
                                                        <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      11,614       10,282                397,950(-6,181)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。


■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                        <単位:億円>
                 25年12月(前月比)        25年11月          前年12月
純資産計           57,389 (705)              56,684           45,789
追加出資額            738                     1,200               72  

         
■マーケット指標(参考)
                      26年 1月末(前月比)    25年12月末     前年1月末
日経平均株価(円)      14,914.53(-1,376.78)   16,291.31        11,138.66
TOPIX(ポイント)        1,220.64(-81.65)       1,302.29           940.25
為替(1米$:円)           102.86(-2.53)          105.39            91.14
東証REIT指数           1,497.46(-17.55)       1,515.01         1,238.94
(ポイント)
                           (332回債)          (332回債)      (327回債)
国債利回り(%)            0.62(-0.115)            0.735            0.74



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 2月中に設定されるファンド・・ 18本
<株投追加型> 設定日2月中のファンド・・・・34本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ 猫の家の猫 
 
「猫の家って、どの辺だい。」と、坂を下ってきた少年に声をかけた。中学生
のようだ。「知らないっス。」と、あっさり答えて立ち去った。ふと、坊っちゃ
んが松山の港に到着した場面を思い出した。「いきなり、磯に立っていた鼻たれ
小僧をつらまえて中学校はどこだと聞いた。小僧はぼんやりして、知らんがの、
と云った。気の利かぬ田舎者だ。猫の額ほどな町内の癖に、中学校のありかも知
らぬ奴があるものか。」と、江戸っ子の面目躍如である。

ここは藪下道。千代田線の千駄木駅を出て団子坂を登ると鴎外の自宅、観潮楼の
跡に、一昨年、生誕150年を記念して建てられた森鴎外記念館がある。昔、東京
湾が見えたという家の玄関に立つと、崖下の道路の先には、今では東京スカイ
ツリーが望める。藪下道は、永井荷風が「日和下駄」(岩波 荷風全集第11巻所
収)の中で「東京中の往来の中(うち)で、この道ほど興味ある処はない」と
特筆した場所。竹薮の下、崖の上を行く道である。記念館からS坂を経て根津
神社に行こうとして、漱石が「吾輩は猫である」を書いた千駄木の旧居跡が近く
にあるのを思い出し、少年に尋ねたのだ。旧居自体は愛知県犬山市の明治村に
移築されていて、ずい分昔、出張の合間に訪れた。漱石の前に鴎外も住んだ
稀有な由来の建物で「森鴎外・夏目漱石住居」と示されていた。

少年が下ってきた坂の上に「夏目漱石旧居跡」の石碑があり、漱石文学発祥の地
と刻まれている。森まゆみ「千駄木の漱石」(筑摩書房、平成24年10月刊)に
よれば川端康成の揮毫という。ここが「猫の家」である。おーい、少年よ。「知
らないっス。」じゃないだろう、すぐそばだ。猫の額くらいの町内にあるじゃな
いか。田舎者め、と叱りつけたいところだが、ここは東京都文京区。九州出身の
私のほうが田舎者だ、と思いつつ近づくと、石碑の後ろの高い塀の上に猫の彫
像。全身いぶし銀のような灰色で、いたずらっ子らしい面構えの若い猫がのっ
そりと歩いている。はて、漱石の猫はあんな毛並みだったろうか。たしか市川
崑監督の映画(昭和50年)では黒猫ではなかったか。

復刻された「吾輩は猫である」の初版本は神田の古書店などで時々見かける。
表紙や挿絵の猫は橋口五葉の作だが、毛並みは黒あり白ありで何故かバラバラ。
概して洋猫のようで体型はスマートである。ある日、近くの書店で、関川夏央
「夏目さんちの黒い猫」(小学館、平成25年10月刊)が眼に入った。書名で一目
瞭然だが、これを読むと、千駄木の夏目家に入り込んだ黒い子猫がモデルになっ
たのだ。念のため、漱石の「猫」を一番活字の大きな新潮文庫で読み返してみ
ると、「吾輩は波斯(ペルシャ)産の猫のごとく黄を含める淡灰色に漆の如き
斑(ふ)入りの皮膚」と語っている。したがって猫の彫刻の灰色は原作に沿っ
ていたわけだ。しかし、モデルの黒猫が小説では淡灰色に変わり、また挿絵では
黒と白が共存し、更に塀の上の猫が和風の風貌になった経緯は依然として分か
らない。ここは黒白つけがたく、真相はグレーと言うほかない。

折から、「猫の恋」の季節となったが、我家の周りに猫の鳴き声はない。ちなみ
に、2月22日は、ニャンニャンニャンの語呂合わせで「猫の日」だそうである。
この伝でいけば、「犬の日」が何月何日なのか容易に想像できよう。日本語は
なんと融通無碍であることか。
                             (YC)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る