バックナンバー

バックナンバー

No.290(2013年11月20日発行)>>「証券税制の軽減税率廃止について」

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.290        2013/11/20
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
   ◆「投信フォーラム2013 in 徳島」開催のお知らせ
    ◆ 証券税制の軽減税率廃止について
  ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
  ◆「金融リテラシー(知識・判断力)を身に付けるためのシンポジウム
   【沖縄・大阪】」開催のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」11月号の公表 
   ◆ 投資信託の市場動向(10月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆ じいこつ



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス
  
  ◆ 「投信フォーラム2013 in 徳島」開催のお知らせ

 資産運用の有効手段である投資信託について知識を深めていただくため、
 「投信フォーラム」を開催いたします。
 平成26年1月から始まるNISAについてもわかりやすくご紹介します。

   主催:投資信託協会  徳島新聞社  全国地方新聞社連合会  
   日時:平成25年12月14日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
   会場:新聞放送会館 7階

   内容:第1部/特別講演
      演題:「仕事で出逢った素敵な人コト・変な人コト」
    講師:料理研究家・フードコーディネーター・栄養士
       浜田陽子(はまだようこ)氏

      内容:第2部/FPによる投資信託セミナー
      演題:「投資信託を活用した資産運用の考え方
       ~デフレからインフレへの大転換が始まる~」
    講師:ファイナンシャルプランナー
      有限会社ファイナンシャルリサーチ代表
       深野康彦(ふかのやすひこ)氏
        *深野氏と運用会社の専門家との対談コーナーがあります
 
  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/seminar/2013/9999/



-------------------------------■□■□■------------------------------
 
  ◆ 証券税制の軽減税率廃止について

上場株式等(公募株式投資信託、ETF、REIT含む。以下同じ)の譲渡所得に係る
10%の軽減税率の特例措置は平成25年12月31日をもって廃止されます。
また、上場株式等の配当所得に係る10%の軽減税率の特例措置も平成25年12月
31日をもって廃止されます。

10%軽減税率の適用時期等について・・・
譲渡益課税の場合、原則として、決済の行われる「受渡日」が年内である場合に
10%の軽減税率が適用されます。売買等に係る注文が成立する「約定日」
が年内かどうかということが基準ではありません。(なお、一般口座では約定日
基準での確定申告が可能)

配当課税の場合、原則として、上場株式等(ETF、REIT含む)は配当の支払開始
日、公募株式投資信託の分配金については決算日が年内である場合に10%の軽減
税率が適用されます。ただし、一般的に多くの方が利用されていると思われる
特定口座(源泉徴収選択口座)で受領する配当金や分配金は、実際に金銭が交付
される交付日が年内に到来したものについて適用されます。

投資信託に関して注意しておきたいのが、譲渡益課税の基準となる「受渡日」
についてです。
ETFやREITは注文の成立した約定日の3営業日後に受渡日が到来しますが、公募
株式投資信託については、海外に投資する商品など約定日から受渡日まで4営業
日以上要する場合もあります。商品毎の受渡日などに関してご不明な点につき
ましては、お取引の販売会社等にご確認下さい。

証券税制の軽減税率の廃止については、日本証券業協会で作成されたリーフ
レットに制度の概要等イメージ図などを取り入れ詳しくまとめられております
のでご参照下さい。

日本証券業協会 リーフレット「証券税制軽減税率(10%)廃止のお知らせ」
http://www.jsda.or.jp/sonaeru/oshirase/files/10percentleaflet.pdf


※本文において税率は復興特別所得税を除いて表示しています。



-------------------------------■□■□■------------------------------
 
  ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託基礎講座」を開催しています。

当講座は大変ご好評をいただいており、募集開始後すぐに定員に達してしまう
ことも多いため、受講をご希望の場合はお早めにお申込み下さい。


 * 開催日:平成25年12月20日(金)午後開催
     会  場:協働ステーション中央会議室
      (東京都中央区日本橋小伝馬町5-1 十思(じゅっし)スクエア2階) 
  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
   https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=13-00-01-79


  * 開催日:平成26年1月18日(土)午前開催
     会  場:東京証券会館9階 第8会議室
       (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8)   
  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
   https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=13-00-01-87



-------------------------------■□■□■------------------------------
 
 ◆「金融リテラシー(知識・判断力)を身に付けるためのシンポジウム
   【沖縄・大阪】」開催のお知らせ

金融庁では、毎年度、地方財務局等と共催で金融経済教育に関するシンポジウ
ムを開催しております。
25年度は、金融経済教育研究会報告書の内容を踏まえ、「金融リテラシー(知
識・判断力)を身に付けるためのシンポジウム」として、実施いたします。
12月には沖縄県那覇市、大阪府大阪市で開催されます。

<開催日時等>
那覇市スケジュール:
日 時:平成25年12月12日(木) 14:00~16:30(開場13:30)
参加費:無料(定員150名) 申込み締切12月6日(金)
会 場:沖縄県立博物館・美術館(講堂)
内 容:基調講演「NISAを活用した賢い資産運用の考え方」 
    有限会社ファイナンシャルリサーチ代表 ファイナンシャルプランナー 
                              深野康彦 氏
    基調講演「金融経済教育の新しい形
              -金融知識から適切な金融行動重視へ-」
               千葉商科大学大学院 会計ファイナンス研究科教授
                               伊藤宏一 氏

    その他の内容、お申込み等詳細は以下のURLよりご確認ください。
    那覇市詳細 http://main-container.jp/fsa-sympo2013/

大阪市スケジュール:
日 時:平成25年12月17日(火) 13:30~16:10(開場12:45)
参加費:無料(定員150名) 申込み締切12月10日(火)
会 場:大阪国際交流センター 2階大会議室さくら
内 容:基調講演「NISAについて」 
             金融経済インストラクター 東京家政学院大学講師
                               古徳佳枝 氏
    基調講演「金融経済教育の重要性について」
    FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社代表取締役  ほか
                                神戸 孝 氏

      その他の内容、お申込み等詳細は以下のURLよりご確認ください。
            大阪市詳細 http://www.kinyu-ace.com/


※来年2月に、仙台市、名古屋市、広島市で開催する予定です。



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 「不動産投信NEWS」11月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」11月号を公表
しました。公表内容等は10月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



-------------------------------■□■□■------------------------------

投資信託の市場動向(10月中)

■全体の概況

25年10月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比1兆2,999億円増加し
て78兆1,067億円となった。このうち、株式投信は前月比1兆4,050億円増加(う
ち、運用等増9,371億円)して63兆8,300億円、MMFを含む公社債投信は前月比
1,050億円減少して14兆2,767億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、
前月比9,627億円増加して36兆7,055億円、銀行等経由の残高は4,412億円増加し
て26兆5,993億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比7,472億円増加して38兆4,803億円とな
った。


■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                       設定         解約(償還含む)    純資産(前月比)
株式投信            28,305         23,626             638,300(14,050)
公社債投信          50,412         51,463             142,767(-1,050)
内、MMF                 554            517              18,750(36)
株式投信+公社債投信 78,717         75,089             781,067(12,999)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。
(注 3)公社債投信にはMMFを含みます。


(2)運用状況
10月中の株式運用について、国内株式は443億円の買越し、外国株式は1,694億
円の売越しで10月末の組入株式の時価総額は18兆3,182億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は4,053億円の買越し、外国公社債は
78億円の売越しで10月末の組入公社債の時価総額は26兆3,803億円となっている。


(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                        <単位:億円>
                     証券会社     銀行等      投信会社         合計
株式投信             367,055     265,993       5,253        638,300
公社債投信           137,544       5,193          30        142,767
内、MMF               14,434       4,295          21         18,750
株式投信+公社債投信 504,599     271,186       5,283        781,067
(シェア:%)            (64.6 )     (34.7 )      (0.7 )       (100.0 )

(注1)公社債投信にはMMFを含みます。


■私募投資信託の資産動向
                                                        <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      12,699       10,014                384,803(7,472)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。


■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                        <単位:億円>
                 25年9月(前月比)        25年8月             前年9月
純資産計           53,955(338)               53,617             43,499
追加出資額            346                       516                 49 


         
■マーケット指標(参考)
                     25年 10月末(前月比)    25年9月末      前年 10月末
日経平均株価(円)      14,327.94(-127.86)     14,455.80         8,928.29
TOPIX(ポイント)        1,194.26(0.16)         1,194.10           742.33
為替(1米$:円)            98.51(0.76)            97.75            79.66
東証REIT指数           1,474.93(-35.17)       1,510.10         1,052.81
(ポイント)
                           (331回債)          (330回債)      (325回債)
国債利回り(%)             0.59(-0.09)           0.68             0.775



その他詳細な統計情報については、本協会ホームページ
統計データのコーナーでご確認いただけます。
http://www.toushin.or.jp/statistics/statistics/data/



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 11月中に設定されるファンド・・ 8本
<株投追加型> 設定日11月中のファンド・・・・62本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ じいこつ

私の田舎では老人の男性を指して「じいこつ」という呼び方があった。おじい
ちゃんという呼び方ほど愛情を持ったものではなく、ニュアンス的には「ジジ
ィ」に近いものであり、叱られたり、厳しい老人を指して「どこそこのじいこ
つは好かん」という使い方をしていた。

中でも町内の自治会長を務めていた村上のじいこつはとんでもないじいこつで
あった。180センチもあろうかという体躯に分厚い鼈甲の眼鏡、国立の電波高
専を卒業したことが自慢であり、立派な杖をついてはいるが、じいこつと呼ば
れるにふさわしい慇懃さ、杖は体を支えるものではなく人のことを指したり、
呼びつけるための道具でしかなく、鼈甲眼鏡の奥の目の鋭い眼光は道行く人を
手当たり次第威嚇していた。

九州のじいこつらしく、日中酒屋にカップ売りの焼酎を買いに行くのが日課で
あった。九州のじいこつは厳しい人が多かったが、私はいつも昼間から酒飲ん
でる人には説得力がないなあと子供ながらに思いながら説教を聞いていた。し
かし、村上のじいこつも結構年齢がいってからは飲んだ帰りにふらふらしてい
ることも多くなってきた。大丈夫かという足取りの日もたびたび見かけるよう
になった。ある日、足がもつれて道路で倒れたらしく、それを見て隣の子供が
「じーちゃんが、ドーンった。」「じーちゃんが、ドーンった。」と言うと、
それを聞いてじいこつは杖を上下に振り「貴様、助けんか」、「貴様、見とら
んで助けんかあ。」と言って怒ってたよと母が私に笑いながら話てくれたが、
老いても変わらないなあと少し安心した。

それ以来、じいこつが家の前を通る度「あのじーちゃんどーんったよ。」と隣
の子が言い、じいこつが「貴様、いらんこつば言うな。」という掛け合いが
数年見られた。かくしゃくとした老人を見ると今でも村上のじいこつを思い出
し背筋が伸びる自分がいて、ありがたいやら悔しいやらで懐かしくなる。

                          (ワシントン条約)





=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る