バックナンバー

バックナンバー

No.287(2013年10月2日発行)>>「新規設定ファンドを知るには?」

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.287        2013/10/2
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
 ◆「NISAで投信はじめよう『知っておきたい!投資の基本』」を作成しまし
   た。
  ◆「マネー美人のための資産形成セミナー2013」開催のお知らせ
 ◆ 投資信託協会ホームページ NISA特設サイト公開のお知らせ
 ◆ 証券知識普及プロジェクト平成25年度「投資の日」記念イベントの開催
     のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐216‐
  ◆ 新規設定ファンドを知るには?

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ 故郷



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス
 
 ◆ 「NISAで投信はじめよう『知っておきたい!投資の基本』」を作成しまし
   た。

本協会では、リーフレット「NISAで投信はじめよう『知っておきたい!投資の
基本』」を作成しました。来年1月から新たに始まるNISAを契機として、若年齢
層を含めた幅広い年齢層の方に投資へご参加いただけるよう、投資の基本や投
資信託の特徴等について、これまで投資を行ったことがない方々にもわかりや
すく解説しています。

下記リンクよりお申込みいただきますと、「投資信託ガイド」、「REITガイ
ド」、「なるほど!投資信託説明書ガイド」とあわせて、4冊セットで無料プレ
ゼントいたします。

 ご希望の方は、ホームページよりご請求ください。
 http://www.toushin.or.jp/guidebook/



-------------------------------■□■□■------------------------------

   ◆ 「マネー美人のための資産形成セミナー2013」開催のお知らせ

昨年、東京で開催し、大変ご好評いただきました「マネー美人のための資産形
成セミナー」(日経WOMAN*CLUB主催、投資信託協会協賛)を今年は大阪、
名古屋の2都市で開催します。内容は、第1部にファイナンシャル・プランナー
和泉昭子さんの基調講演、第2部では和泉さんと運用会社の方、日経WOMAN編集
長とのトークセッションを予定しております。

参加費は無料となっており、定員は各会場200名。平日夜の開催となりますの
で、お友達などお誘いあわせの上お申し込みください。
なお、本セミナーは女性限定となっておりますのでご了承ください。


                 記
各会場共通)

 募集人数:200人(先着順)
 参加費 :無料 

プログラム 第1部 基調講演    
       「夢に近づくために始めよう、働き女子のマネー術」
           和泉昭子さん(生活経済ジャーナリスト/FP)
      
      第2部 トークセッション 
       「マネー美人になるために知っておきたいこと」
           和泉昭子さん 
           鈴木裕子さん(大和証券投資信託委託株式会社)
           佐藤珠希さん(日経WOMAN編集長)

開催日時等)
大阪会場
日時:2013年10月16日(水) 18:30開場 19:00開演 20:50終演予定
場所:ブリーゼプラザ 大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7階

名古屋会場
日時:2013年10月29日(火) 18:30開場 19:00開演 20:50終演予定
場所:ミッドランドホール 名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドス
クエア オフィスタワー5階


お申込み等詳細はこちらをご覧ください。
http://special.nikkeibp.co.jp/as/201307/toushinseminar/
 


-------------------------------■□■□■------------------------------
   ◆ 投資信託協会ホームページ NISA特設サイト公開のお知らせ

NISAが平成26年1月1日からスタートします。この新しい非課税制度を、投資家
の皆様が十分理解した上でご活用いただけるよう、当協会ホームページにNISA
特設サイトを開設しております。
特設サイトでは、1.ファイナンシャルプランナーが制度の概要やメリット、活
用する上での留意点などについてスライドを交えながら解説する映像コンテン
ツや、2.NISA口座開設手続きをはじめ投資信託の一般的な取引の流れをステッ
プで学べるコンテンツ、3.当協会が発刊するマンガで学べる投資信託のキャラ
クター「トーシン教授」が、NISAに関する様々な疑問に答えるQ&A集の3つ
のコンテンツをご用意しております。

  詳しくはこちらからご覧ください(NISA特設サイトへのリンク)
  http://www.toushin.or.jp/nisa/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 証券知識普及プロジェクト平成25年度「投資の日」記念イベントの開催
     のお知らせ


証券知識普及プロジェクトは、今年も10月4日の「投資の日」を中心に全国各
地で記念イベントを開催いたします。
今後の経済の展望、またそれを資産運用にどう活かすかなど、興味深い話題が
盛りだくさん。NISA(ニーサ)をきっかけに投資を始めたい方にもおすすめの
イベントが目白押しです。
ぜひ、お近くのイベント会場にご参加ください。

USTREAMでイベントのライブ配信も実施されます。

詳細は、証券知識普及プロジェクト「投資の日」特設サイトをご覧ください。
http://www.jsda.or.jp/manabu/104/2013/index.html



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 10月中に設定されるファンド・・ 5本
<株投追加型> 設定日10月中のファンド・・・・46本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐216‐

 ◆ 新規設定ファンドを知るには?

公募投資信託は毎月数十本単位で新規に設定されています。近々どのようなフ
ァンドが設定予定されるのかを知りたい場合、本協会ホームページの投信総合
検索ライブラリーで検索することができます。

投信総合検索ライブラリーのトップ画面、検索ワードを入力するボックスから
少し下がると「新規設定投資信託一覧はこちら」の文字があります。
こちらをクリックすると、直近1か月間に設定予定で、かつ、システムを通じ
て協会へ設定の報告が既に行われているファンドが表示されます。
クリックしてファンドが表示された段階では、運用会社毎にファンドが並んで
います。条件でソートをかけることが可能ですので、「設定日」でソートをか
け、設定日順に並べ替えるなどするとより見やすくなります。

新規設定の場合、新聞広告などを行うファンドもありますが、そうでないファ
ンドもたくさんあります。その点では、運用会社に関係なく新規設定のファン
ドを一覧できるので便利な機能といえます。
特に単位型(スポット型)の投資信託は、マーケットの情勢をみて随時設定さ
れるものも多く、設定日以降は原則追加購入ができませんので、早めに設定予
定のファンドに関する情報を得ることは有益だと思われます。

また、本協会ホームページ上に新規設定ファンドに関する情報について、掲載
している箇所がもう1か所あります。ホームページトップ画面、上部のバナー
「ファンド情報」から新規設定ファンド等に関するデータを選択します。
そこに「新ファンド一覧表」というタイトルで、エクセルファイルを掲載して
います。情報は毎週水曜日に更新されます。
更新時点で運用会社から報告されている情報に基づき、新規設定ファンドに関
する、投資対象資産や地域、募集開始日、設定日、満期償還日、手数料、信託
報酬、分配頻度などが一覧化されておりますので、こちらもご参考いただけた
らと思います。

なお、この新ファンド一覧表は、本メールマガジンに毎号掲載している
「2.募集中ファンド」のリンクからも随時アクセスできます。
http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。
9月分の発表日は10月11日(金)を予定しております。なお、ホームページへの記
事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ 故郷

最近、「故郷っていいなあ」としみじみ思う。と思ってみて、自分もそういう
歳になったのだなあとまたしみじみしてしまう。

飛行機から降りてほどなく、外に出ることができる小さな空港。到着便を迎え
る人たちの方言を聞いて耳を慣らし、父親と合流して、空港から実家に帰るま
で車で聞く地元のラジオ番組。

テレビをつけると、1週間前に東京で見た番組。視聴者プレゼントのコーナー
には、応募は締めきられていますというテロップ。
そういえば亡くなった母が「こっちで東京の店ば紹介されても行かれんとに、
なんでそがん番組ば流すとだろか?馬鹿にしてから。」と怒っていた。1000キ
ロ離れた街の紹介をされても確かにしょうがない。タウン誌を開けば、数年前
に東京で流行ったスイーツが大きく紹介されていて、タイムマシン経営もまだ
まだいけそう。

あれも食べたい、あそこにも行きたいと限られた時間であれこれ考えているう
ちに、親戚回りだけで帰省はおおかた終了。けれども、地元にしか売ってない
菓子パンを必ず食べること。昔から「水があう」という言葉があるけれど、本
当にそうだなあと思いながら、そんなに飲んだらお腹こわすよという声も聞か
ずにガブガブ水道水を飲むことだけは欠かさない。

墓参りをしたあと、必ずぷらぷら繁華街を歩く。歩いているうちに、なんだか
どんどん故郷の時間の流れに飲み込まれて「故郷っていいなあ」となってく
る。母も亡くなり、帰省時に会える友人も少なくなってしまい、縁が薄くなっ
てきたら、昔帰省するたび「うわーなんや田舎やなあ」と言っていた故郷の街
が恋しくなってしまった。自分勝手だなあと思う。

そして故郷のリズムに体が慣れたころ、帰る日がくる。

                              (SON)


=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「NISAで投信はじめよう
『知っておきたい!投資の基本』」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る