バックナンバー

バックナンバー

No.286(2013年9月18日発行)>>「投資信託協会ホームページNISA特設サイト公開のお知らせ」

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.286        2013/9/18
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆ 投資信託協会ホームページ NISA特設サイト公開のお知らせ
   ◆ NISA口座開設についてのご注意
    ◆「不動産投信NEWS」9月号の公表 
  ◆「投信フォーラム2013in 福井」開催のお知らせ
   ◆ 投資信託の市場動向(8月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆ クラウド・ファンディング(大衆からの資金調達)



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス
  
  ◆ 投資信託協会ホームページ NISA特設サイト公開のお知らせ

NISA(少額投資非課税制度)が平成26年1月1日からスタートします。この新しい
非課税制度を、投資家の皆様が十分理解した上でご活用いただけるよう、当協
会ホームページにNISA特設サイトを開設しました。
特設サイトでは、1.ファイナンシャルプランナーが制度の概要やメリット、活
用する上での留意点などについてスライドを交えながら解説する映像コンテン
ツや、2.NISA口座開設手続きをはじめ投資信託の一般的な取引の流れをステッ
プで学べるコンテンツ、3.当協会が発刊するマンガで学べる投資信託のキャラ
クター「トーシン教授」が、NISAに関する様々な疑問に答えるQ&A集の3つ
のコンテンツをご用意しております。

  詳しくはこちらからご覧ください(NISA特設サイトへのリンク)
  http://www.toushin.or.jp/nisa/



-------------------------------■□■□■------------------------------
 
 ◆ NISA口座開設についてのご注意

現在、各金融機関ではNISA口座開設の申し込みを受け付けていますが、制度上
NISA口座は全ての金融機関を通じて「1人1口座」となっています。NISA口座の
開設を複数の金融機関へ申請している場合、ご自身の希望する金融機関以外で
NISA口座が開設されたり、口座開設が大幅に遅れたりすることもあります。
複数の金融機関に重複して申し込まれている場合、10月1日より前に、できるだ
け早く、口座開設を希望しない金融機関に対して、申込みを取り消す旨をお申
し出ください。



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 「不動産投信NEWS」9月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」9月号を公表
しました。公表内容等は8月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



-------------------------------■□■□■------------------------------
 
  ◆「投信フォーラム2013in 福井」開催のお知らせ

資産運用の有効手段である投資信託について知識を深めていただくため、
「投信フォーラム」を開催いたします。
平成26年1月から始まるNISAについてもわかりやすくご紹介します。

   主催:投資信託協会  福井新聞社  全国地方新聞社連合会  
   日時:平成25年9月28日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
   会場:福井新聞社 風の森ホール

   内容:第1部/特別講演
      演題:「未来に花を咲かせよう」
      ~花のある人生にするために~
      講師:華道家
       前野博紀(まえのひろき)氏

      内容:第2部/FPによる投資信託セミナー
      演題:「アベノミクスで変わる資産運用」
      ~投資信託を活用して~
      講師:生活経済ジャーナリスト/ファイナンシャルプランナー
       和泉昭子(いずみあきこ)氏
        *和泉氏と運用会社の専門家との対談コーナーもあります
 
  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/seminar/2013/9535/



-------------------------------■□■□■------------------------------

投資信託の市場動向(8月中)

■全体の概況

25年8月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比1兆7,446億円減少して
72兆9,467億円となった。このうち、株式投信は前月比1兆5,432億円減少(う
ち、運用等減2兆1,856億円)して59兆291億円、MMFを含む公社債投信は前月比
2,014億円減少して13兆9,176億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月
比8,492億円減少して33兆4,121億円、銀行等経由の残高は6,884億円減少して
25兆1,265億円となった。契約型私募投資信託の純資産は前月比4,336億円減少
して36兆4,888億円となった。



■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                       設定         解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信            23,604         17,180          590,291(-15,432)
公社債投信          36,701         38,713          139,176(-2,014)
内、MMF                 514            367           18,670(147)
株式投信+公社債投信 60,305         55,894          729,467(-17,446)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。
(注 3)公社債投信にはMMFを含みます。



(2)運用状況
8月中の株式運用について、国内株式は2,402億円の買越し、外国株式は747億円
の売越しで8月末の組入株式の時価総額は16兆5,146億円となった。公社債の運
用状況については、国内公社債は1,494億円の売越し、外国公社債は857億円の
売越しで8月末の組入公社債の時価総額は25兆8,830億円となっている。



(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                        <単位:億円>
                     証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信             334,121     251,265       4,905        590,291
公社債投信           134,380       4,766          30        139,176
内、MMF               14,690       3,959          21         18,670
株式投信+公社債投信 468,502     256,031       4,935        729,467
(シェア:%)           (64.2)       (35.1)       (0.7)        (100.0)

(注1)公社債投信にはMMFを含みます。



■私募投資信託の資産動向
                                                        <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)       5,349       6,034             364,888(-4,336)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。



■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                        <単位:億円>
                 25年7月(前月比)      25年6月        前年7月
純資産計           52,961(489)          52,472          43,470
追加出資額           441                  793             384 

         

■マーケット指標(参考)
                     25年 8月末(前月比)     25年7月末       前年 8月末
日経平均株価(円)      13,388.86(-279.46)     13,668.32        8,839.91
TOPIX(ポイント)        1,106.05(-25.65)      1,131.70         731.64
為替(1米$:円)            98.36(0.28)          98.08          78.60
東証REIT指数           1,299.64(-13.13)       1,312.77        973.44
(ポイント)
                           (330回債)          (329回債)      (325回債)
国債利回り(%)            0.72(-0.075)          0.795           0.795



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 9月中に設定されるファンド・・ 9本
<株投追加型> 設定日9月中のファンド・・・・102本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ クラウド・ファンディング(大衆からの資金調達)

知人から、地元の仲間(30代から40代が中心)とともに、各々の仕事の合間を縫
って、地元の活性化のために何ができるか話し合った結果、地元を舞台にした
映画制作を行い、地元の知られざる魅力を世界に発信することによって、地域
に貢献することにした。この映画制作に必要な資金の調達には、「クラウド・
ファンディング」(注)の仕組みを使って行っているので、趣旨に賛同してい
ただけるならば、千円からでも資金提供して欲しい、とのメールをいただい
た。

プロジェクトの内容を見ると、「映像の力」がとっても大きいことから、地元
を主な舞台とする短編映画(5分から10分程度)を制作して、you tubeなどで
の動画配信や、世界各地で行われる短編映画祭に出品することによって、世界
中の人々に作品を見てもらうとのこと。目標とする資金は最低でも200万円。
目標とする金額を大きく上回った場合には、ロケ地の追加、キャスティングや
セット機材などのアップグレードに使用し、映画のクオリティアップに努める
となっていた。また、資金提供額の多寡(ランク)によって、映画上映会への
招待、エキストラとして出演できる権利、完成作品のエンドクレジットに協力
者の一人として名前を掲載などのリターン提供があるようです。

知人やその若い仲間たちの地元を思う心意気を大切にしてあげたいとの気持ち
や、プロジェクトへの期待を込めて、リターンを求めない最低限の資金提供
(寄付)に応じたわけですが、知人は、「友達などに、実は、最近、映画制作に
「クラウド・ファンディング」しているんだよ、なんて言えたらかっこいいよ
ね。」と言っていました。しかし、「それって何」と言われるのが落ちで、ま
だまだ一般化するには時間がかかるのではないでしょうか。

それにしても、最近、本件といい、「スチュワードシップコード」などのカタ
カナ用語が(も)スムーズに出てこないのは、加齢のせいでしょうかね。

(注)アイデアやプロジェクトを実現するために必要な資金を、インターネッ
トを通じて、そのアイデアに理解を示してくれた人たちなどから少額ずつ集め
る仕組み。

                                                       (二十一世紀)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る