バックナンバー

バックナンバー

No.284(2013年8月21日発行)>>「新規上場の不動産投資法人について」

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.284        2013/8/21
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」8月号の公表 
  ◆ 新規上場の不動産投資法人について
   ◆「個人投資家のためのJリートフェア2013」開催のお知らせ
   ◆ 投資信託の市場動向(7月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆ ナショナリスト



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス
  
  ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

  * 開催日:平成25年10月5日(土)午前開催
     会  場:東京証券会館9階 第8会議室
       (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8)   
  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
   https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=13-00-01-62



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 「不動産投信NEWS」8月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」8月号を公表
しました。公表内容等は7月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 新規上場の不動産投資法人について
平成25年8月現在、不動産投資法人は41銘柄上場しています。今年に入り2月に
「コンフォリア・レジデンシャル投資法人」、「日本プロロジスリート投資
法人」、6月に「野村不動産マスターファンド投資法人」、そして直近7月に「
星野リゾート・リート投資法人」と既に4本の不動産投資法人が新規に上場し
ました。

この4本だけを見ましても物件の用途は住居、物流、商業施設、ホテル(旅館・
観光)と様々。既上場のファンドとあわせますと、ファンド規模の大小だけで
なく投資先物件も多様化してきており、投資家の選択肢も増え魅力的な市場と
なりつつあります。



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆「個人投資家のためのJリートフェア2013」開催のお知らせ

不動産証券化協会(ARES)と東京証券取引所との共同開催で、下記の要領で
「個人投資家のためのJリートフェア2013」が開催されます。

               記

日 時:2013年9月28日(土)9:00~16:20
会  場:東京証券取引所 東証ホール他
内 容:Jリート各社による説明会の開催/Jリート各社によるブース展示/
    大学教授、証券会社講師、FPによる特別セミナーの開催 他
参加費:無料(事前申込必要)

申込方法及びフェアの詳細な内容は、下記不動産証券化協会HPをご覧ください。
  http://www.ares.or.jp/fair2013/



-------------------------------■□■□■------------------------------

投資信託の市場動向(7月中)

■全体の概況
25年7月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比5,718億円増加して74
兆6,913億円となった。このうち、株式投信は前月比359億円増加(うち、運用
等減2,034億円)して60兆5,722億円、MMFを含む公社債投信は前月比5,359億円
増加して14兆1,191億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月
比1,269億円増加して34兆2,613億円、銀行等経由の残高は910億円減少して25兆
8,148億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比2,077億円増加して36兆9,224億円となっ
た。



■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                       設定         解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信            28,333         25,940        605,722(359)
公社債投信          55,887         50,527        141,191(5,359)
内、MMF               656            485          18,522(171)
株式投信+公社債投信 84,220         76,467        746,913(5,718)


(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。
(注3)公社債投信にはMMFを含みます。
 
(2)運用状況
7月中の株式運用について、国内株式は2,868億円の売越し、外国株式は1,577
億円の売越しで7月末の組入株式の時価総額は16兆6,277億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は5,001億円の買越し、外国公社債は
711億円の買越しで7月末の組入公社債の時価総額は26兆3,837億円となってい
る。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                         <単位:億円>
                      証券会社     銀行等      投信会社         合計
株式投信              342,613     258,148       4,961        605,723
公社債投信            136,499       4,662          30        141,191
内、MMF             14,736       3,765          21         18,522
株式投信+公社債投信  479,112     262,810       4,991        746,913
(シェア:%)          (64.1)      (35.2)       (0.7)        (100.0)
(注1)公社債投信にはMMFを含みます。



■私募投資信託の資産動向
                                                          <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)       8,827        10,188              369,224(2,077)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
   されますので、本表では一致しません。



■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                           <単位:億円>
                  25年6月(前月比)           25年5月            前年6月
純資産計           51,921(1,764)             50,157             43,004
追加出資額            793                        71                908
                      


■マーケット指標(参考)
                     25年 7月末(前月比)      25年6月末       前年 7月末
日経平均株価(円)      13,668.32(-9.00)       13,677.32         8,695.06
TOPIX(ポイント)      1,131.70(-2.14)        1,133.84           736.31
為替(1米$:円)          98.08(-0.51)           98.59            78.17
東証REIT指数           1,312.77(-83.9)        1,396.67           944.55
(ポイント)
                             (329回債)       (329回債)        (324回債)
国債利回り(%)             0.795(-0.065)      0.86             0.78



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 8月中に設定されるファンド・・ 5本
<株投追加型> 設定日8月中のファンド・・・・59本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ ナショナリスト

「ヨッシャ!」・・「何やってんだよ!そうじゃないんだよ。」・・「そう、
それだよイイねぇ!」と真夜中に時折、寝室からデカイ声が聞こえてくる。
そんな時は「あぁ、またか・・」とこの声が近所に聞こえないことだけを願い
時が過ぎるのを待つ。これはスポーツの国際大会をTV中継で観戦する時のみナ
ショナリストとなる家人の声援である。応援の仕方は置いといて、まぁ、よく
いる日本人である。特にこの1か月間は世界水泳、世界陸上と立て続けに開催さ
れたので、夜中この声に起こされることもしばしばで、先日の世界陸上閉幕で
やっとこ落ち着いて眠れると胸をなでおろしている。

私があまりスポーツ(それも国際大会)に関心を寄せないこともこの怒涛の応援
スタイルに拍車をかけているようで、試合中に読書などしていれば、侮蔑の表
情を浮かべ「お前は、なっとらんな。それでも日本人か!」など説教が始まっ
てしまう。部屋を移るという手段をとってみても、怒声にも近い声がモニター
の向こうにいる代表だけでなく私にも襲い掛かってくるので、テレビで国際大
会の告知CMを見るとゲンナリしてしまう私。

しかし、先の世界水泳や世界陸上でも若い世代、しかも高校生が日本代表を牽
引して世界の舞台で結果を残しているのは頼もしい。また、試合後のインタビ
ューでも殊勝なことを言ってのけていて、ただただ感心してしまう。その選手
のこれまでの道のり(といっても若いから10年くらい)を写真や映像と恩師・
親・友人のインタビューでつづるヒストリーを見て、「なんで、なんでこんな
にええ子が育つんやろかね~。」と涙する家人。泣いたりわめいたり忙しい。

後日、その声を枯らし涙して応援していた選手が、海外での試合を終え帰国後
にインタビューを受けている姿が映ったので「TVにあの選手でてるよ~。」と
伝えたところ、「えっ?誰?あぁあの人?こんな顔やったっけ?帽子脱いだら
わからんし。今忙しいから。」と全く気のない返事。
とんだナショナリストである。

ちなみに、最近は高校野球があるので昼間もウルサイと娘からの通報あり。

                                                   (熱湯甲子園)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る