バックナンバー

バックナンバー

No.2 (2001年12月19日発行) >>いくらから買えるの?分散投資のメリットってなに



●=●==========================================================●=●
                                                                            
      投信協会メールマガジン  No. 2    2001/12/19
                発行:毎月第1・第3水曜日 
                                                                            
●=●==========================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.名称決定

2.トピックス 
   ◆ 投資信託に関するアンケート調査 (2)
   ◆ 投資信託の市場動向(11月中)

3.  募集中ファンド  

4.  投資信託入門
   ◆いくらから買えるの?分散投資のメリットってなに?

5. カフェコーナー 

■□■□■----------------------------------------------------------

1.名称が決定しました

このたび投資信託協会がメールマガジンを発行するにあたり、名称を一般公募
しておりましたが、検討の結果、「投信協会メールマガジン」に決定いたしま
した。
ご応募ありがとうございました。


■□■□■----------------------------------------------------------

2.トピックス 

◆ 投資信託に関するアンケート調査(2) ◆

一般世帯を対象に投資信託とのかかわり方について調査した「投資信託に関す
るアンケート調査報告書」より、前回に引き続き、主な内容をご紹介したい。

――目論見書の閲読率は52.7%――
投資信託の購入目的は、「老後の生活資金」(34.3%)や、「無目的の余裕資
金」(32.8%)が高く、「子供又は孫のための教育資金等」(11.1%)や「住
宅資金」(7.8%)と続いている。

投資信託(MMFや中期国債ファンド以外)を購入する際に考える保有期間
は、現在保有している世帯では32.9%の「特に決めていない」が最も高く、次
いで「2年以上3年未満」(15.3%)、「3年以上5年未満」(14.9%)と続く。保有
経験世帯では「1年以上2年未満」の28.4%が最も高く、「特に決めていない」
(26.2%)、「3年以上5年未満」(17.0%)と続く。

投資信託の運用実績についての質問には、「期待した以上だった」とする割合
は1.0%と少なく、「期待通りの実績だった」(7.8%)と合わせても1割に満た
なかった。一方、「期待していたよりもやや悪かった」が24.7%、「全く期待
はずれだった」は22.2%となり、全体の半数近くが“期待以下”と評価し、厳
しい評価をしている。

投資信託の商品を説明した「目論見書(受益証券説明書)」の閲読状況は、「読
んでよく理解できた」が15.3%、「読んだが内容が良くわからなかった」が37.
4%となっており、これらを合わせた閲読率は52.7%であった。この比率は前回
より5.5ポイントアップしている。
なお、目論見書を「読んだが内容がよくわからなかった」あるいは「難しそう
なので読まなかった」と答えた世帯は、その理由として「内容が多すぎて読む
気にならない」(63.6%)や「専門用語が多すぎるので理解しづらい」(54.5
%)「重要な箇所がわからない」(50.0%)をあげている。


――今後購入を考えている商品は「MMF・中期国債ファンド・MRF」――

今後購入を考える投資信託の種類としては「安定重視型」が67.9%と圧倒的に
高く、以下「利回り追求型」(17.2%、前回比8.0ポイント低下)、「値上がり
益・利回り追求型」(12.4%)「値上がり益追求型」(9.3%)、「積極値上がり
益追求型」(2.5%)と続いており、よりリスクが小さい商品を希望している様
子がうかがえる。

具体的な商品分類で尋ねると「MMF・中期国債ファンド・MRF」が27.7%
と前回調査同様、根強い人気でトップを占めており、「国内債券ファンド」も
13.3%で続き、わずかながら3回連続で上昇している。

今後購入するとした場合の購入窓口を尋ねた質問では、「特にこだわらない」
が33.4%とトップだが、前回比4.6ポイントの下降。「銀行等の金融機関」
(27.7%)や「証券会社の窓口」(20.8%)は前回調査とあまり変化は見られ
ないが、「通信・インターネット」は4.8ポイント上昇し、7.5%となった。


――投資信託の認知率は8割以上――

投資信託について「よく知っている」と答えたのは12.2%、「名前を知ってい
る程度である」のは81.3%、「名前も知らなかった」のは6.4%であった。
投資信託の特徴を12項目あげて知っているものを選択してもらったところ、「
元本の保証はない」が52.9%で最も高く、「銀行等の金融機関でも購入できる」
が42.0%、「MMF・中期国債ファンド・MRFは投信商品である」が34.7%、
「価格変動のほか為替リスクがある」が32.0%、「国内の投信と海外の投信が
ある」が30.1%と続いている。一番低かったのは「信託財産は、信託銀行で分
別保管(※)されているので、万が一の場合でも安全である」(4.2%)であった。

(※)分別保管についてはNo.1の“投資信託入門”に解説しています。


◆ 投資信託の市場動向(11月中) ◆

11月末の投信の資産増減状況は、設定額で5兆8,138億円、解約額で10兆3,1
79億円(過去2番目の水準)、償還額51億円、差し引き4兆5,092億円の資金減
となったが、1,190億円の運用増(2ヶ月連続の増加)が加わり、純資産総額
は前月末と比較し4兆3,901億円減少して、53兆6,388億円となった。

株式投信は、設定額で1兆214億円、解約額3,511億円、償還額39億円、差し引
き6,662億円の資金増となり、昨年2月以来連続(1年10ケ月間)の増加となっ
た。純資産総額は前月末と比較し8,767億円増加(運用増は2,104億円)して、
14兆8,318億円(2ケ月連続の増加)となった。設定額の内訳を見ると、ETF
で5,518億円の設定があり、この他でもバランスタイプが先月に引き続き好調
であった。

公社債投信は、設定額で3兆6,850億円、解約額4兆150億円、償還額11億円、差
し引き3,310億円の資金減となり、純資産総額は3,644億円減少(運用減は333億
円)して、25兆1,409億円となった。主な純資産の増減は、中期国債ファンドで
643億円増加、フリー・ファイナンシャル・ファンドで1,267億円等が増加した
が、長期公社債投信で621億円の純資産減、短期決算ファンドで4,350億円減と
なった。

MMFは、設定額で1兆1,073億円、解約額5兆9,517億円(過去最高額)、差し引
き4兆8,444億円の資金減となり、純資産総額は前月末と比較し4兆9,024億円減少
(過去最高額)して、13兆6,659億円となった。

保有資産の内訳を見ると、追加型株式投信の組入れ株式比率は前月より1.7%増
加し64.4%、投信全体の組入れ公社債は前月より1.4%減少して53.3%、同組入
れ余資運用は、前月より0.5%減少して14.0%となっている。

株式の売買状況は、国内外合わせて1兆1,207億円の買い越し(本年2月より連続
買い越し)となった。

銀行等の窓口販売の純資産総額は、全体では12兆1,254億円(内公募分8兆8,695
億円、内私募分3兆2,559億円)となり、前月と比較し1,860億円の減少となった。
タイプ別の内訳を見ると株式投信の純資産総額は6兆281億円(前月比2,957億円
増加)、公社債投信は2兆8,015億円(同365億円増加)となり、MMFは、3兆2,
957億円(同5,182億円減少)となった。


■□■□■----------------------------------------------------------

3.  募集中ファンド

12月19日現在募集中の新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等が一覧
表になっています。詳しくは添付のファイルをご覧下さい。
(fund01122.pdf)


■□■□■----------------------------------------------------------

4. 投資信託入門

◆投資信託ってなに? ◆

いくらから買えるの?

まとまった大きな額でないと申し込むことはできないのですか?

いいえ、そのようなことはありません。多くのファンドは1万円あるいは1万
口から申し込むことができます。また、MMFや中期国債ファンド、MRFなど
は1円から購入できます。 (詳しくは窓口でご確認下さい。)

最近では、積立てプランといって毎月一定日に一定額で、決まったファンドを
買い付けていくプランを提案している窓口も多く見受けられます。毎月一定額
積み立てることにより、「時間分散」を図ることもできます。リスクを少しでも
回避したいとお考えなら、このような方法をとることも有効です。


分散投資のメリットってなに?

「卵は一つのカゴに盛るな」ということわざを知っていますか?
これは貯蓄に関することわざの一つで、全ての卵を一つのカゴに盛っていた場
合、カゴを落とせば全ての卵が割れてしまいますが、いくつかのカゴに分けて
卵を盛っていれば、一つを落としても全ての卵を割ってしまうことは避けられ
るということを表わしています。
これを資産運用にあてはめると、全財産を一つに集中して預けるのではなく複
数のものに分散させること、これが大切だということです。

来年4月からいよいよペイオフが解禁されますが、そうなると一預金者当たり1
金融機関で「元本1000万円と利息」までが最低保証されることになります。
1000万円以上の資産をお持ちの方は、金融機関を分散させることも当然考えな
ければならないでしょう。

投資信託は一つの商品を選んでも自然に分散投資ができますが、複数の投資信
託を選べばより一層の分散効果が発揮されることになるのです。

次回は、どこで買えるの? について説明します。


■□■□■----------------------------------------------------------

5. カフェコーナー

近年、若い人を中心に、休暇を海外で楽しむ人が多い。地球は次第に小さくな
り、海外どこに行っても、日本人に会わない所はないといっても良いほどであ
る。かつて、日本人は島国根性という言葉も今や死語になりつつあるようだ。
海外に出れば、異なる文化、異なる歴史、異なる国土を持った人々に接し、も
のの見方も変ってくる。

15年程前、小生もパリに住んだことがある。「フランス人のいないパリは最高」
と悪口を言われるフランス人も、実は決して不親切なわけではない。何か頼め
ば親切だが、余計なおせっかいをしないだけである。ラテン系なので、一般に
明るく、映画や絵画を愛し、ワインや食事はうまい。

欧州の人の休暇は一般に長い。森や海に行って、あまり動き回ることなくバケ
ーションを楽しむ(ある人が、日本人に出来ないことは、何もしないでボーとし
ていることであると言っていた。事実、小生も試みたが、2時間位が限度だ。
とかく日本人はせっかちで、休暇も忙しい。忙しいという字は、心を亡ぼすと
書くと言う人もいる。)。パリに生活して、人生は楽しむことにあるということ
を実感したが、残念ながら、日本の土地を一歩踏んだ途端に忘れてしまった。

今まで訪れて最も感激した所はエジプトである。ナイル川に沿った巨大な神殿
を見ると、歴史を感じる。訪れる順序も大切で、歴史をたどるなら、イタリア、
ギリシャ、最後にエジプトに行くことを薦めている。中国の遺跡、米国の国立
公園、欧州の中世都市、東南アジアの仏教遺跡、各地のリゾート、人とのふれ
あい等々、人によって興味・感激は異なろうが、最初の印象は強烈であり、第一
印象を大切にしたい。問題は、海外に出る「時間と金の余裕」双方を見つける
のが難しいことだが........

旅行は視野を広め、それなりに人生を豊かにしてくれるし、意見・考え方が違っ
ても、いろいろな人が互いに理解しあうためにも重要である。先般のテロで、
海外に行く人が激減しているが、極めて残念である。21世紀はテロとの戦いの
時代などと言われるが、とんでもないことである。誰もが、安心して自由に世
界を旅行できるよう、人類の知恵を絞って対処する必要がある。ともかく、海
外旅行には、『リスクはあるが、夢がある』。どこかで聞いたせりふだな。(Y.K.)


★-----★★ お知らせ ★★-----★-------------------------------------★

1月の配信は、変則的に第2水曜日(9日)と第4水曜日(23日)を予定し
ております。ご了承下さい。

★★----------★★----------★★----------★★----------★★----------★★

========================================================================

■アドレスの変更の場合は下記アドレスから一旦退会され、
  新しいアドレスで再入会いただきますようお願いいたします。
  http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html

■投信協会メールマガジンの受信を解除(退会)したいときは、
  下記アドレスへ
  http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
   
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
  jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
   
========================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガジン
 です。
 投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可なく複製再配信
 等を行うことはできません。
 投資等のご判断はご自身の自己責任においてなされますようお願いいたします。
 
         ------------------------------------------

 編集・発行 : 社団法人 投資信託協会  広報部

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan●=====



バックナンバー一覧へ戻る