バックナンバー

バックナンバー

No.270(2013年1月23日発行)>>「会員会社のホームページ紹介」について

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.270        2013/1/23
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆「年金ラボ」公開のお知らせ
    ◆「投信フォーラム2013in 高知」開催のお知らせ
  ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」1月号の公表 
  ◆ 投資信託の市場動向(平成24年中)
    ◆ 投資信託の市場動向(平成24年12月中)
  ◆ 会員会社のホームページ紹介

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆ 箱根路



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

 ◆ 「年金ラボ」公開のお知らせ

当協会ホームページに「年金及び確定拠出年金」について、著名ファイナンシャ
ル・プランナーが特別研究員として、わかりやすく解説するコンテンツ「年金ラ
ボ」第二弾を公開いたしました。

☆第二弾、1級DCプランナー/AFP/消費生活アドバイザーの山崎俊輔氏による確定
 拠出年金制度の基本やマッチング拠出の魅力などについて、動画やテキストに
 よりわかりやすく解説。

 詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/dc/labo/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆「投信フォーラム2013in 高知」開催のお知らせ

   主催:投資信託協会  高知新聞社  全国地方新聞社連合会  
   日時:平成25年2月2日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
   会場:高新RKCホール

   内容:第1部/特別講演
      演題:「プロ野球を10倍楽しく見る方法」
      講師:プロ野球解説者 江本 孟紀 氏

      内容:第2部/FPによる投資信託セミナー
      演題:「リスクと上手につき合うコツ」
             ~投資信託の個性・特徴を知って~
     *後半に運用会社の専門家との対談コーナーがあります
      講師:ファイナンシャルプランナー 野尻 美江子 氏

  申し込み方法など、詳細は下記ページをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/seminar/2012/8390/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

 当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向けに
「投資信託基礎講座」を開催しています。

  * 開催日:平成25年2月9日(土)午前開催
      会  場:東京証券会館9階 第4・5会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-103


  * 開催日:平成25年3月12日(火)午後開催
      会  場:東京証券会館9階 第9会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-113


<大人のためのお金の教養講座in高崎>
  午前コース:やさしく学習!投資信託の基礎知識
    開催日:平成25年2月1日(金)午前開催
    会  場:高崎市総合福祉センター「会議室2」
              群馬県高崎市末広町115-1
       (JR高崎駅より徒歩23分、車で約10分)

 申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-84


<大人のためのお金の教養講座in柏>
  午前コース:やさしく学習!投資信託の基礎知識
    開催日:平成25年3月7日(木)午前開催
    会  場:アミュゼ柏 プラザ
              柏市柏6-2-22
       (JR・東武 柏駅東口より徒歩7分)

 申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-105


<大人のためのお金の教養講座in甲府>
  午前コース:やさしく学習!投資信託の基礎知識
    開催日:平成25年3月22日(金)午前開催
    会  場:山梨県立文学館 研修室
        甲府市貢川1-5-35(山梨県立美術館に隣接した施設)
             (JR・甲府駅より車で約15分)

 申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-115



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 「不動産投信NEWS」1月号を公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」1月号を公表し
ました。公表内容等は平成24年12月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 投資信託の市場動向(平成24年中)

24年中の契約型の公募証券投資信託は設定額が57兆5,004億円、解約・償還額55
兆7,721億円で差引き1兆7,283億円の資金純増であった。この結果、純資産は前
年末に比べ6兆7,364億円増加(うち、運用等増5兆80億円)し、年末には64兆638億
円となった。
契約型の私募証券投資信託は設定額が7兆388億円、解約・償還額が7兆2,261億円
で差引き1,873億円の資金純減となった。この結果、純資産は3兆2,758億円(うち、
運用等増3兆4,631億円)増加し、年末には31兆8,185億円となった。
 
1.公募株式投信
設定額は23兆8,241億円、解約・償還額は22兆6,806億円で差引き1兆1,435億円の
資金純増となった。この結果、純資産は前年末に比べて6兆1,520億円増(うち、
運用等増5兆85億円)して、年末には52兆9,140億円となった。

2.公募公社債投信
設定額は33兆6,763億円、解約・償還額33兆915億円であった。この結果、純資産
は前年末に比べ5,844億円増加(うち、運用等減5億円)して、年末には11兆1,498
億円となった。

3.内、MMF
設定額は4,541億円、解約・償還額は6,360億円であった。この結果、純資産は前
年末に比べて1,819億円減少し、年末には1兆8,470億円となった。


 ◆ 投資信託の市場動向(平成24年12月中)

■ 全体の概況
24年12月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比3兆1,663億円増加して
64兆638億円となった。このうち、株式投信は前月比2兆8,786億円増加(うち、運
用等増3兆121億円)して52兆9,140億円、MMFを含む公社債投信は前月比2,876億円
増加して11兆1,498億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
1兆8,025億円増加して28兆5,411億円、銀行等経由の残高は1兆468億円増加して
23兆9,681億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比1兆2,261億円増加して31兆8,185億円とな
った。

■ 公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                          <単位:億円>
                       設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信            25,728         27,063             529,140(28,786)
公社債投信          37,511         34,633             111,498(2,876)
内、MMF                 458            551              18,470(-92)
株式投信+公社債投信 63,239         61,695             640,638(31,663)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。
(注3)公社債投信にはMMFを含みます。

(2)運用状況
12月中の株式運用について、国内株式は2,913億円の売越し、外国株式は2,431
億円の売越しで12月末の組入株式の時価総額は12兆6,391億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は3,556億円の売越し、外国公社債は
2,812億円の売越しで12月末の組入公社債の時価総額は23兆2,156億円となってい
る。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                     証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信              285,411     239,681        4,047        529,139
公社債投信            107,277       4,191           30        111,498
内、MMF                14,974       3,475           21         18,470
株式投信+公社債投信  392,688     243,872        4,077        640,637
(シェア:%)              (61.3)      (38.1)        (0.6)       (100.0)

(注1)公社債投信にはMMFを含みます。

■ 私募投資信託の資産動向
                                                          <単位:億円>
                       設定      解約(償還含む)       純資産計(前月比)
合計(株投+社投)       8,485      7,917                318,185(12,261)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
     されますので、本表では一致しません。

■ 不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                 24年11月(前月比)         24年10月           前年11月
純資産計           44,733(642)               44,091             41,068
追加出資額            599                       372                144                      

■ マーケット指標(参考)
                     24年12月末(前月比)      24年11月末      前年12月末
日経平均株価(円)      10,395.18(949.17)        9,446.01        8,455.35
TOPIX(ポイント)          859.80(78.34)           781.46          728.61
為替(1米$:円)            86.58(4.46)             82.12           77.74
東証REIT指数           1,114.68(48.94)         1,065.74          834.36
(ポイント)
                            (327回債)         (326回債)       (320回債)
国債利回り(%)              0.795(0.095)            0.7            0.98



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 会員会社のホームページ紹介

当協会の会員会社が運営するホームページには、投資信託に関する基礎知識、
ライフプランやマネープランについてわかりやすく学べるコーナーがあります。
本コーナーでは、各社の資産運用に関するコーナーを順次ご紹介していきます。
詳しくは下記ホームページをご覧ください。

さわかみ投信(株)のホームページ → http://www.sawakami.co.jp/ には、
投資信託について学べるコンテンツがあります。

ホームページのトップ画面→「はじめてのお客さま」(⇒クリックしてくださ
い)コーナーに
「長期投資を学ぶ」 → http://www.sawakami.co.jp/welcome/choukitoushi/ 
の中に「投資信託のキホン」や「つみたてのチカラ」という項目があります。
「投資信託のキホン」では、「資産運用」の一つとして注目されている投資信
託をはじめる前に投資信託の仕組みや制度などの「キホン」を身についけてい
ただき、投資信託をもっと身近に感じていただけるよう、投資信託についてわ
かりやすく解説しています。

将来おこるであろうライフイベントにはまとまった金額が必要です。「つみた
てのチカラ」では毎月決まった金額で継続的に投資信託を買い付け、毎月積み
上げていくと、積立投資はいつどれぐらい貯まっていくか、また目標を立てや
すい積立投資の魅力やその手法について詳しく説明しています。

その他、トップ画面にある「さわかみ投信とは」には、「こんな長期投資を追及
します」→ http://www.sawakami.co.jp/sawakami/pursuit/ があります。
これはさわかみ投信が考える「長期投資」についてわかりやすく解説した読み物
です。人生にはさまざまな資金が必要です。将来に備え、お金についての考え方
の参考になるかもしれません。

また、トップ画面(右側バナー)に「パワーあふれる社員blog」があります。昨年
暮れに行われた月次レポートの発送作業について、入社以来今日まですべてのレ
ポート作業に参加してきたという運用調査部担当者のブログが、作業内容がわか
る写真とともに掲載されています。是非ご覧ください。おすすめです。



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 1月中に設定されるファンド・・ 5本
<株投追加型> 設定日1月中のファンド  ・・・14本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆箱根路

「箱根路をわれ越えくれば伊豆の海や沖の小島に波の寄る見ゆ」は、源実朝の
歌。今はいろいろな解釈があるようだが、昔々、雄渾な万葉調だと教科書で習っ
た。かねがね、この場所には関心があったので、昨秋、熱海を再訪した際、箱根
を経由してみた。斉藤茂吉は、この歌を「箱根から鞍掛山を越え、伊豆山の走湯
権現に詣でる途中の吟詠」と言う。ただし、詠まれた場所について専門家は、
「鑑賞に際してたいして重要な問題とはなるまい」と冷淡である(片野達郎「金
槐和歌集」)。昨年逝去した吉本隆明の評論「源実朝」(ちくま文庫)にも地名は
触れられていない。いずれも戦中に書かれた、太宰治の小説「右大臣実朝」(ち
くま全集)や小林秀雄の評論「実朝」(新潮文庫「モオツァルト・無常という事」
所収)も同様だ。一説に、箱根の十国峠がその地であり、歌碑もあるというので、
寄り道したのだ。

箱根と言えば、駅伝は正月の風物詩。その5区は、小田原から芦ノ湖までの区間
であり、毎年ドラマが生まれる。第89回の今年は、首位の入替わりとともに過酷
な山登りと強風・冷気のため二つの大学の走者が痛恨の途中棄権。昨年のロンド
ン五輪でも団体競技における日本人の勝負強さが再評価されたが、襷が途切れる
ことへの愛惜は絆を求める国民性が共有する感情であろうか。

箱根湯本から駅伝のコースである国道1号を車で登る。羊腸の小径、天下の険。
箱根神社は車窓より拝観し、駅伝コースを離れて外輪山の稜線を熱海との境界、
十国峠へ向う。東は上総から西は遠江まで十か国が見えるという峠の展望台は、
あいにく雲が湧き「沖の小島」である初島は見えない。ならば、五百米ほど先の
尾根にあるという実朝の歌碑まで歩こうかと振り返ると、無関心の家族は皆、下
りのケーブルカーに乗り込むところ。こうして、旅の目的は雲に阻まれて雲散霧
消。
 熱海に一泊後、帰路、市の外れにある伊豆山神社に参詣する。実朝は箱根と伊
豆山の二社に繰り返し詣でていたという。頼朝と北条政子はここで結ばれたとい
われ、二人が腰掛けたと伝わる石がある。縁結びのパワースポットらしいが、こ
こでご利益をいただくと、何だか実権は女性が持ちそうな気もする。
 
 後日、鎌倉文学館で「源 実朝 生誕820年 特別展」が開催されていることを
知り、出かけてみた。鶴岡八幡宮に詣で、3年前に倒壊した樹齢千年余と言われ
る大銀杏の根株を見ると、新しい芽生えが見てとれた。小町通りに出ると、師走
の平日であったが人出は意外に多く、人々の活気が戻ってきているようであった。
実朝ゆかりの大銀杏のひこばえが無事に育ち、さらにまた、今般の新しい経済再
生の動きが軌道にのって、今年こそ良い年となりますように。
                                   (YC)

 

=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る