バックナンバー

バックナンバー

No.258(2012年7月18日発行)>>「会員会社のホームページ紹介」

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.258        2012/7/18
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
  ◆「著名人インタビュー」、「入門!確定拠出年金」公開のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」7月号の公表 
    ◆ 投資信託の市場動向(6月中)
    ◆ 会員会社のホームページ紹介

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆ グッド・バイ



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

 ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向けに
「投資信託基礎講座」を開催します。

* 開催日:平成24年8月4日(土)
   会  場:東京証券会館9階 第1・2会議室

 申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
 https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-41 


* 開催日:平成24年9月19日(水)
   会  場:東京証券会館9階 第9会議室

 申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
 https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-54 



<大人のためのお金の教養講座inさいたま>
* 午前コース:やさしく学習!投資信託の基礎知識
   開催日:平成24年9月20日(木)
   会  場:大宮ソニックシティビル6階 604会議室
      (JR大宮駅西口より徒歩8分)

 申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
 https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-44 



-------------------------------■□■□■-------------------------------

 ◆ 「著名人インタビュー」、「入門!確定拠出年金」公開のお知らせ

当協会ホームページコンテンツ、専門家による「入門!確定拠出年金(第2回)」を
公開しました。また、その他コンテンツも公開中です。

*専門家による「入門!確定拠出年金(第2回)」
        1級DCプランナー/AFP/消費生活アドバイザー 山崎 俊輔 氏
               (確定拠出年金で投資信託を活用してみよう)

 詳しくは下記アドレスをご覧ください。
 http://www.toushin.or.jp/interview/


<予告>次回の著名人インタビューは「お笑いコンビ・キャイーン 天野ひろ
ゆき 氏」を8月上旬に公開する予定です。いましばらくお待ちください。

  

----------------------------■□■□■---------------------------------

   ◆ 「不動産投信NEWS」7月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」7月号を公表し
ました。公表内容等は6月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



----------------------------■□■□■---------------------------------

  ◆ 投資信託の市場動向(6月中)

■ 全体の概況

24年6月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比1兆350億円増加して58
兆3,573億円となった。このうち、株式投信は前月比1兆1,904億円増加(うち、
運用増7,712億円)して47兆8,613億円、MMFを含む公社債投信は前月比1,554億円
減少して10兆4,960億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月
比7,533億円増加して25兆2,562億円、銀行等経由の残高は4,192億円増加して
22兆2,598億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比4,124億円増加して28兆3,328億円となっ
た。

■ 公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                          <単位:億円>
                        設定         解約(償還含む)     純資産(前月比)
株式投信             15,949        11,757            478,613(11,904)
公社債投信           23,407        24,962            104,960(-1,554)
内、MMF                  337           635             19,344(-298)
株式投信+公社債投信  39,356        36,719            583,573(10,350)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味され
     ますので、本表では一致しません。
(注3)公社債投信にはMMFを含みます。

(2)運用状況
6月中の株式運用について、国内株式は820億円の買越し、外国株式は656億円の
買越しで6月末の組入株式の時価総額は11兆5,942億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は7,172億円の売越し、外国公社債は
1,539億円の売越しで6月末の組入公社債の時価総額は21兆9,979億円となってい
る。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                     証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信             252,562      222,598        3,454        478,614
公社債投信           100,772        4,138           50        104,960
内、MMF               15,781        3,522           41         19,344
株式投信+公社債投信 353,334      226,736        3,504        583,574
(シェア:%)            (60.5)       (38.9)        (0.6)        (100.0)

(注1)公社債投信にはMMFを含みます。

■ 私募投資信託の資産動向
                                                          <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)        純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      3,774         3,960                 283,328(4,124)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。

■ 不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                 24年5月(前月比)        24年4月              前年5月
純資産計            42,113(38)          42,074               40,072
追加出資額             136                 136                  125                      

■ マーケット指標(参考)
                      24年6月末(前月比)       24年5月末      前年 6月末
日経平均株価(円)       9,006.78(464.05)        8,542.73        9,816.09
TOPIX(ポイント)          770.08(50.59)           719.49          849.22
為替(1米$:円)            79.31(0.39)             78.92           80.73
東証REIT指数             957.38(30.17)           927.21        1,027.45
(ポイント)
                            (324回債)         (323回債)       (315回債)
国債利回り(%)              0.83(0.00)             0.83            1.13



----------------------------■□■□■---------------------------------

 ◆ 会員会社のホームページ紹介

当協会の会員会社が運営するホームページには、投資信託に関する基礎知識、
ライフプランやマネープランについてわかりやすく学べるコーナーがあります。
本コーナーでは、各社の資産運用に関するコーナーを順次ご紹介していきます。
詳しくは下記ホームページをご覧ください。

アムンディ・ジャパン(株)のホームページ→  http://www.amundi.co.jp/home  
のトップ画面に「フランカ」があります。
「フランカ」(FLANCA=Financial Leaders and Creative Amundi)は、新聞をに
ぎわす世界のニュース、複雑そうに見える金融商品、運用を始めてみたいと思う
ものの難しいことばかり、何から始めればよいのか、始めた後は何をすればよい
のか、そんなふうに感じていらっしゃるみなさまのお役に立ちたい、と考えるア
ムンディ・ジャパンの女性社員が集まり誕生しました。
→ http://www.amundi.co.jp/home_Flandca_AboutFlandca

「フランカ」を開いてみると、「投資信託とは」があります。そこは投資信託
の仕組み、投資信託の主なメリット、リスク、リスクとリターンの関係、リス
クと上手に付き合う方法などテーマごとに投資信託の基礎が学べるコンテンツ
があります。
→ http://www.amundi.co.jp/home_Flandca_AboutInvestmentTrust

人生には、お金のかかるライフイベントがいくつもあります。「結婚資金」「子
どもの教育費」「マイホーム購入」「老後の生活費」など、それぞれには、どの
くらいの費用がかかるのでしょうか。より充実した人生を送るために今から準備
しておくのは大切なことです。
しかし、目標もなく準備といっても・・・。
そんな方のために、現在の手持ち資金を入れ、何年後にいくら貯めたいかという
数字を入れると、年間にいくら積み立てる必要があるか計算してくれる「資産運
用シュミレーション」があります。
→ http://www.amundi.co.jp/home_Flandca_Simulation#2

また、「金融英語」では、毎週、新聞等で目にする金融や経済に関係する「時の
言葉」を「今週のキーワード」として取り上げ、ご紹介しています。
因みに今週のキーワードは、「LCC(Low-Cost Carrier)」値段の安い航空会社
でした。
→ http://www.amundi.co.jp/home_Flandca_FinancialEnglish



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 7月中に設定されるファンド・・ 5本
<株投追加型> 設定日7月中のファンド  ・・・32本


  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆グッド・バイ
 
 先月19日は桜桃忌。そのせいか6月は太宰治の関連出版が多いようだ。今年は
朝日文庫に太田静子「斜陽日記」と太田治子「明るい方へ」の2冊が加わった。
表だって「好き」というのがはばかられる文学者の代表格は、石川啄木と太宰治
ではなかろうか、と日経新聞に宮川匡司編集委員が書いていた(6月16日付「遠み
ち 近みち」)。私もその昔、太宰の生家、津軽は金木町の斜陽館に行ったが、気
後れして中に入れなかった経験がある。

 そんな某日、三鷹観光ガイド協会の「作家太宰治の足跡案内」に参加した。総
勢30人ほどで、年代を問わず女性が多い。太宰の仕事場やなじみの屋台、小料理
屋、旧居跡などを2時間半ほどで巡るが、三鷹駅前の極めて小さなエリアである。
特に仕事場と行きつけの飲み屋はほんの2、3分の距離。太宰通りというのもある
らしいが、確かに、これでは毎晩飲み、かつ、はしご酒になるねと妙に納得する。
 「足跡」の最後は禅林寺へ。森鴎外と太宰治の墓が斜向かいにある。前者は軍
医総監まで登りつめたが、遺言により、ただ森林太郎墓とのみ記され、一方、後
者は筆名が大きく墓碑に刻まれていて、好対照。ここに太宰の墓があるのは、鴎
外のそばを望んだ故人の思いを汲んだ夫人の意向とか。
 
 太宰の絶筆は三鷹駅前の仕事場で書かれた「グッド・バイ」で未完。愛人と別
れようとして、案に相違し妻からグッド・バイされるという構想だったらしい。
師である井伏鱒二の「集金旅行」に似た趣があって、ユーモアタッチである。そ
の冒頭、「作者の言葉」に「唐詩選の五言絶句の中に、人生足別離の一句があり、
私の或る先輩はこれを「サヨナラ」ダケガ人生ダ、と訳した。」とある。これは、
于武陵「勧酒」のことで、その転結「花発いて風雨多し、人生別離足る。」を、
井伏は「花ニ嵐ノ例へモアルゾ、「サヨナラ」ダケガ人生ダ」と訳したのだが、
読売新聞「名言巡礼」(7月8日付)によれば、講演旅行を共にした林芙美子の
尾道での呟きをヒントにしたという。多分、花の命は短くて・・、であったか。
 ちなみに、「作者の言葉」は、岩波文庫では冒頭だが、新潮文庫や筑摩書房個
人全集では作品としては収載されず、巻末の解説で触れられるに止まる。編集の
考え方の違いは興味深いが、好みから言えば、岩波版の方が立ち位置がよい。

 この訳詩を知ったのは十代半ば。無邪気に高校の卒業文集で使ってみたのだが、
淡い恋心への別盃でもあったろうか。馬齢を重ね改めて向き合うと、中高年には
このフレーズは断定的で、なかなか重い。少し希釈するかと「サヨナラだらけが
人生だ」、「サヨナラだって人生だ」などと呟いてみるが、いま一つ。
 とりあえず、「花も嵐も踏み越えて、サヨナラからが人生だ」で如何か。
                                (YC)





=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」
 「投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料でお送りしていま
 す。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る