バックナンバー

バックナンバー

No.251(2012年4月4日発行)>>「投資信託法の改正について」

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.251        2012/4/4
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆ 新規コンテンツ公開のお知らせ
    ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐198‐
   ◆ 投資信託法の改正について

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
    ◆ 大衆演劇 



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆新規コンテンツ公開のお知らせ

当協会ホームページ、Webコンテンツに投資やお金に対する考え方やライフプラ
ンなどについてのインタビュー記事「著名人インタビュー」、ファイナンシャル
プランナーなどの専門家によるJ-REIT・ETFの基礎やその特徴、魅力、活用方法
等の解説記事「教えて!REIT」「教えて!ETF」を掲載しています。

 記事については下記アドレスをご覧ください。
 http://www.toushin.or.jp/interview/



----------------------------■□■□■---------------------------------

  ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向けに
「投資信託基礎講座」を開催します。


  開催日:平成24年4月12日(木)
  会  場:東京証券会館9階 第9会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-07


  開催日:平成24年5月12日(土)
  会  場:東京証券会館9階 第4・5会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-13



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 4月中に設定されるファンド・・・ 1本
<株投追加型> 設定日が4月中のファンド  ・・・28本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



----------------------------■□■□■---------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐198‐
 
 ◆ 投資信託法の改正について

 投資信託は、将来のライフイベント(結婚、マイホーム購入、教育、老後等)に
備え、長期投資を基本に、資産形成・資産運用の有効な手段の一つとして注目さ
れている金融商品です。
 その投資信託について定めた法律を「投資信託及び投資法人に関する法律」
(以下、「投資信託法」という。)といいます。この法律により、投資信託は制度
として適正な仕組み等が整備されています。
 この投資信託法について、平成23年1月27日、金融担当大臣から、その見直し
について、金融審議会に諮問がありました。金融審議会とは、金融関係の制度に
ついて議論し、よりよい制度改正の方向性を示すための専門家が集まる会議のこ
とです。
 金融審議会では、「投資信託・投資法人法制」に係る現状及び課題等を、有識
者の意見も踏まえ、幅広い観点から投資信託法の見直しの検討を行い、そこで出
された結論をもとに、平成25年の通常国会に投資信託法の改正案を提出すること
を目指します。

 過去に行われた投資信託制度を巡る法律改正では、平成10年に投資法人や私募
投信の導入、銀行の窓販の解禁等、平成12年に、不動産投資法人(J-REIT)の導入
等が行われました。今回の投資信託法の大幅な見直しの議論は十数年ぶりのもの
として注目を集めています。
 この検討は、ここ数年、投資信託商品の多様化及びJ-REITを巡る諸問題を踏ま
えた様々な問題を解決し、投資家が資産を安心して将来の資産形成に活用できる
よう環境整備するという観点から行われるものです。

 投資信託法の改正は、どのような点が検討されるのでしょうか。主な論点は以
下のとおり(抜粋)です。

 <投資信託>  
  ○論点
   「国際的な規制の動向に経済社会情勢の変化に応じた規制の柔軟化等」と
   して、ファンド間の併合や外部委託による管理事務の効率化、規制緩和に
   よる業務運営の合理化・効率化等について、「一般投資家を念頭に置いた
   適切な商品供給の確保等」として、投資家の商品内容への理解・関心を深
   める必要性等について
  
 <不動産投資法人>
   ○論点
   「資金調達手段の多様化を含めた財務基盤の安定性の向上等」として、資
   金調達手段等、資本政策の多様化について、「投資家からより信頼される
   ための運営や取引の透明性の確保等」として、ガバナンス体制の見直し等
   について


 少子高齢化が進むなか、資産運用の重要性は高まっており、一般投資家を念頭
に置いた適切な商品を提供するに当たり、投資家への商品内容やリスク内容等へ
の十分な説明を行う必要があります。
 今回の検討を通じて、投資家が安心して商品の購入ができる環境を整えられる
かが期待されています。


 当協会では、投資信託講座や各地で行う投信フォーラムを開催し、投資信託・
不動産投資法人の仕組み、ファンドの種類、リスクなどをわかりやすく解説して
います。
詳しくは、ホームページ「セミナー情報」をご覧ください。
→ http://www.toushin.or.jp/ 



----------------------------■□■□■---------------------------------

4.その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。
3月分の発表日は4月12日(木)を予定しております。なお、ホームページへの記
事掲載は同日15時00分の予定です。



----------------------------■□■□■---------------------------------

5.カフェコーナー

  ◆ 大衆演劇

 我が家から車で10分ほどのところに、映画館、ボーリング場、ゲームセンター、
室内クライミングジム、天然温泉が集まる複合施設があります。
 先日、その中の温泉施設へ行ってきました。この温泉施設は、お風呂はもとよ
り旅一座による大衆演劇も観ることもでき、いつも混雑しています。
 その日は土曜日ということもあって、受付周辺が、年配のご婦人方の団体で混
雑しており、とても賑やかでした。
 入場料を払い、男女にわかれたお風呂の暖簾をくぐると、目の前の壁に、劇団
○○の大きなポスターが貼られていました。
 先ほどの受付で見かけた団体は、この一座をご贔屓にしている方々のようです。

 私も、お芝居を見物に大広間へ。空いている席はないかと舞台の方をみると、
受付で見かけた団体のご婦人方が、舞台前の席に座り、仲良く談笑しながら、
食事をとっていました。ここは、食事をしながらお芝居を観ることができます。

 公演の時間となり、広間は徐々に暗くなったと同時にBGMが流れ、劇団の紹介
があり、一部ではお芝居、休憩を挟んで二部では、歌謡・舞踊ショーの案内が
ありました。

 いよいよお芝居の始まりです。お芝居は「灯台を守る兄妹」という時代劇でし
た。飲んだくれの父親が酒代欲しさに娘が守る灯台の鍵を、やくざに渡し、兄
が命を張ってその鍵を取り戻すというお話でした。涙あり、笑いもありで楽し
めました。私の隣に座っていたご夫人が、そのお芝居の中の兄妹愛に感激した
のか、もらい泣きしていました。
(大衆演劇は、梅沢富美男さんや早乙女太一さんの様に男性が女形をするのが
主流ですので、娘役は男性です)

 一部のお芝居が終わり、二部の歌謡・舞踊ショーの始まりです。一部のお芝居
での役者が一人ずつ音楽に合わせて歌い踊るショーです。その中で、一部のお
芝居で娘役だった女形が振袖に着替え舞台に登場したときは、その前に出演し
ていた役者たちとは違い、歌ったり、踊ったりしながら、流し目で客席をみる、
そうすると、一番前に陣取っていたご婦人の団体から拍手、拍手、拍手。
 今度は、舞台から客席へと降り、お客さんの前で歌い踊っていると、女性の
お客さんが、役者へと近づき、ヘアークリップで挟んだ1万円札を3枚、きれい
に並べて着物の胸元に挟さんでいました。また、その役者が別テーブルに移動
すると、先ほどとは違うお客さんが、ヘアークリップに挟んだ1万円札3枚を帯
の間に挟み、座っていた席へと戻っていきました。役者が移動するごとに、次
から次へとお客さんが競うように役者の胸元にお金やらご祝儀袋を挟んでいま
した。

 公演終了後には、劇団員総出で、大広間の外に立ち、お客さんを送りだしてい
ました。
 そこでも先ほどの女形の役者の周りには、ご夫人方が集まり、握手をしたり、
デジカメで写真を撮ったりとても楽しそうでした。

 とても一流とはいえない劇団だけど、贔屓にしている役者にご祝儀を何万円も
使うお客さんがいたり、ご祝儀を挟む道具としてヘアークリップが使われたり、
ご祝儀は劇団みんなで分けるのかな(余計なお世話)など、お芝居や歌謡・舞踊
ショーの内容より、とても興味深いものでした。
                              (あずき)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」
 「投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料でお送りしていま
 す。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る