バックナンバー

バックナンバー

No.244(2011年12月21日発行)>>「会員会社のホームページ紹介」

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.244        2011/12/21
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆ 新規コンテンツ公開のお知らせ
    ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」12月号の公表
    ◆ 投資信託の市場動向(11月中)
    ◆「投信フォーラム2011 in 金沢」講演録について
    ◆ 会員会社のホームページ紹介

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆ 同音異義語(どうおんいぎご)



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆新規コンテンツ公開のお知らせ


当協会ホームページの新規コンテンツに、ファイナンシャルプランナー深野康彦
氏が解説する「教えて!J-REIT」を公開しました。

 ★ファイナンシャルプランナー 深野 康彦 氏
             「不動産投資信託を資産運用の選択肢のひとつに」

 記事については下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.toushin.or.jp/interview/


また、著名人インタビュー新規コンテンツに、経済アナリスト森永卓郎氏の
「お金に縛られないためにもやっぱりお金は大切です」を公開中です。
是非ご覧下さい。


<予告>新規コンテンツ著名人インタビュー「俳優  細川茂樹氏」を近々公開す
    る予定です。いましばらくお待ちください。



------------------------------■□■□■-------------------------------

  ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託基礎講座」を開催します。

 
  開催日:平成24年1月14日(土)
  会  場:東京証券会館9階 第1・2会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=11-00-01-102


  開催日:平成24年2月7日(火)
  会  場:東京証券会館9階 第9会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=11-00-01-111



■-------------------------------■□■□■----------------------------

  ◆「不動産投信NEWS」12月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」12月号を公表し
ました。公表内容等は11月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



-------------------------------■□■□■------------------------------

   ◆投資信託の市場動向(11月中)

■ 全体の概況
23年11月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比3兆4,353億円減少して
57兆2,816億円となった。このうち、株式投信は前月比3兆3,025億円減少(うち、
運用減3兆289億円)して46兆6,827億円、MMFを含む公社債投信は前月比1,328億円
減少して10兆5,990億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
1兆8,636億円減少して24兆1,099億円、銀行等経由の残高は1兆4,254億円減少し
て22兆2,421億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比9,098億円減少して28兆1,868億円となった。

■ 公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                          <単位:億円>
                       設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信             14,032         16,769           466,827(-33,025)
公社債投信           23,076         24,400           105,990(-1,328)
内、MMF                  360            581            20,419(-221)
株式投信+公社債投信  37,108         41,169           572,816(-34,353)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味され
     ますので、本表では一致しません。
(注3)公社債投信にはMMFを含みます。

(2)運用状況
11月中の株式運用について、国内株式は531億円の買越し、外国株式は1,514億円
の売越しで11月末の組入株式の時価総額は10兆4,844億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は1,192億円の買越し、外国公社債は
4,303億円の売越しで11月末の組入公社債の時価総額は22兆9,997億円となってい
る。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                      証券会社      銀行等     投信会社           合計
株式投信               241,099     222,421        3,307        466,827
公社債投信             101,537       4,403           50        105,990
内、MMF                 16,667       3,711           41         20,419
株式投信+公社債投信   342,636     226,824        3,356        572,816
(シェア:%)              (59.8)      (39.6)        (0.6)        (100.0)

(注1)公社債投信にはMMFを含みます。

■ 私募投資信託の資産動向
                                                          <単位:億円>
                       設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)        4,565       5,295              281,868(-9,098)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。

■ 不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                    23年10月(前月比)       23年 9月          前年10月
純資産計               41,171(170)         41,001          40,076
追加出資額                   160                   0              0

■ マーケット指標(参考)
                      23年11月末(前月比)     23年10月末      前年11月末
日経平均株価(円)        8,434.61(-553.78)     8,988.39        9,937.04
TOPIX(ポイント)           728.46(-35.6)         764.06          860.94
為替(1米$:円)             78.13(0.38)           77.75           84.27
東証REIT指数              847.08(-55.14)        902.22        1,029.00
(ポイント)
                             (319回債)         (318回債)      (312回債)
国債利回り(%)              1.065(0.02)            1.045          1.185



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆「投信フォーラム2011 in 金沢」講演録について

当協会では、投資信託の啓発・普及活動の一環として、開催地にゆかりのある
著名人と資産運用の専門家をお招きして、各地方新聞社及び全国地方新聞社連
合会との共催による「投信フォーラム」を開催しております。

平成23年度は、松江・金沢・熊本・高松の4会場で開催いたします。
今回は、平成23年11月12日に開催された「投信フォーラム2011 in 金沢」の講
演内容についてご紹介します。


  会場:北國新聞赤羽ホール (13時30分~16時10分)
  第1部/特別講演
  演題:~世界の金融事情とこれからの日本~
  講師:国際ジャーナリスト 蟹瀬 誠一 氏

  第2部/FPによる投資信託セミナー
  演題:~一生使える!投資信託との付き合い方~
  講師:ファイナンシャルプランナー  野尻 美江子 氏


蟹瀬誠一氏は石川県河北郡津幡町出身。上智大学新聞学科卒。卒業後は、米国
AP通信社記者、フランスAFP通信社記者などを歴任。日本の政治、経済など幅広
い問題を海外に伝えるジャーナリストとして、環太平洋連携協定(TPP)について
の自身の考えや、大切な資産を運用する前に自分のライフスタイルを見定め、今
後の人生においてお金がいくら必要になるか概算することが必要であるといった
ことについてご講演をいただきました。

  詳しくは下記ページをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/seminar/2011/6159/6584/



-------------------------------■□■□■------------------------------

   ◆会員会社ホームページ紹介

当協会の会員会社が運営するホームページには、投資信託に関する基礎知識、ラ
イフプランやマネープランについてわかりやすく学べるコーナーがあります。
本コーナーでは、各社の資産運用に関するコーナーを順次ご紹介していきます。
詳しくは下記ホームページをご覧ください。

アライアンス・バーンスタイン(株) http://www.alliancebernstein.co.jp/ 
のホームページには、「ちょっぴり、賢く。明日が、かがやく」をテーマに、
若い女性が「生活・人生・お金」の話題を気軽に楽しめる「ABCafe」があります。
(トップ画面右側にあるバナーをクリック → http://www.abcafe.jp/)

「ABCafe」のカフェメニュー「Life」や「Money」を開いてみると、同じ職場、
同じ年収で、経済観念が真逆なシッカリさんとノンビリさんが登場し、普段の生
活の中からふたりの金銭感覚の違いを検証するというコラムがあります。季節物
の衣類をおうちで手洗するシッカリさんとクリーニング派のノンビリさんとでは、
洗濯代の差額はどのくらいか、1ヶ月お弁当を持参した場合とレストランでラン
チをした場合とでは、ふたりのランチ代金はどのくらい差が出るのかを比較して
います。
その他「20~30代女子の月々の貯金額は?」などみんなはどの位貯金しているの
か、聞いてみたいけどなかなか聞けないお金についての疑問や質問に答えてくれ
るコーナーもあります。「気になるお隣さんの金銭感覚」では人気ネイリストに
よるお金の話などの読み物があります。

「Sense up」→ http://www.abcafe.jp/tag/senseup/index.html
のメニューを開いてみると、「私の宝探し」として「自分らしい香水の見つけ
方」や落ち込んだときに、心の支えになってくれる言葉といった話題を通して、
自分の生活や人生について考えることができます。そしてお金を大切に使うこ
との気付きや将来に備える大切さについて、考えさせられる内容となっていま
す。


「ABCafe」で何かを発見したら、「いいね!」ボタンを押してお友達にも広げ
ちゃいましょう。



■□■□■--------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 12月中に設定されるファンド ・・・ 5本
<株投追加型> 設定日が12月中のファンド   ・・・47本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://data.toushin.or.jp/fund/new/index.html



■□■□■--------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

   ◆ 同音異議語(どうおんいぎご)

発音は同じでも意味が異なる言葉が多くあります。会議録を起こす際などに変換
ミスによる場合もありますが、前後の発言の脈略からどの漢字を使ったらよいの
か適切に判断しなかったばかりに意味の異なる漢字になっていたという経験を多
くしてきたものです。

いささか旧聞に属する話題を2つ。
まずは冗談のような話。上司から書類を「焼いて」欲しいと頼まれた部下が、書
類を燃やしてしまったということ。「焼いて」くれというのは複写(コピー)をす
ることだから誤解のないように、といったことを職場の先輩から聞かされた経験
があります。ただ、聞かされただけで、実際に書類を燃やした方にお目にかかっ
たことが皆無だったので、面白おかしく言っているだけだったと。現在のコピー
機になる以前の複写機がどういうものであったかを知らない世代が主流となって
いる中で、どうして書類をコピーすることを「焼く」と言うのか、と問われても
説明が困難です。

二つ目は、最近聞かれなくなった「報・連・相(ほうれんそう)」という言葉。
社内研修では定番であったかと思います。最初、「職場ではホウレンソウが大切
だ」と聞かされた時、ほうれん草をいっぱい食べて、ポパイのように逞しくなっ
て仕事をバンバンやれ」ということなのかなーと思ったりしたものです。話を聞
いていくと、そのようなことではなく、「報告・連絡・相談」を省略した言葉で
あり、職場の中では、上司などへの報告、連絡、相談が大切であるから良く心掛
けるように、と諭されたわけです。最近この言葉を聞かなくなった理由は、メー
ルでのやり取りが多くなっていることと関係しているかもしれません。お互いに
顔と顔を合わせて行うことが少なくなったということは、報告する側にも臨場感
や緊張感に欠け、味気ないもののように感じてしまうのは小生だけでしょうか。

「ポパイ」を知らない年代が増えて、「それってどんなパイ?」と問われそうで
すが、今年我が家で蒔いた「ほうれん草」は良く育ち、頻繁に食卓に上がってき
ます。今年は、多くのひとが、このような小さな幸福感をも一瞬のうちに失って
しまった年でした。皆さまにとりまして来年が良い年でありますことを願って、
今年最後の「カフェコーナー」といたします。

                                                           (二十一世紀)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」
 「投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料でお送りしていま
 す。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る