バックナンバー

バックナンバー

No.230 (2011年5月18日発行)>>「会員会社ホームページ紹介」

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.230        2011/5/18
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●



●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」5月号の公表
    ◆ 投資信託の市場動向(4月中)
    ◆ 会員会社のホームページ紹介

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆母校のこと



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託基礎講座」を開催します。


開催日:平成23年6月11日(土)
会  場:東京証券会館9階 第4・5会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=11-00-01-26


開催日:平成23年7月15日(金)
会  場:東京証券会館9階 第1・2会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=11-00-01-41



----------------------------■□■□■---------------------------------

  ◆「不動産投信NEWS」5月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」5月号を公表
しました。公表内容等は4月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



----------------------------■□■□■--------------------------------

   ◆投資信託の市場動向(4月中)

■ 全体の概況


23年4月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比1兆2,607億円増加して
66兆5,725億円となった。このうち、株式投信は前月比8,016億円増加(うち、運
用増8,782億円)して55兆178億円、MMFを除く公社債投信は前月比4,536億円増加
して9兆3,891億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
5,102億円増加して28兆6,607億円、銀行等経由の残高は2,939億円増加して25兆
9,760億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比2,921億円増加して30兆6,946億円となった。

■  公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                          <単位:億円>
                     設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
1.株式投信           23,475         24,240             550,178(8,016)
2.公社債投信         35,780         31,246              93,891(4,536)
3.MMF                   724            669              21,655(55)
合計[1+2+3]          59,979         56,156             665,725(12,607)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味され
     ますので、本表では一致しません。

(2)運用状況
4月中の株式運用について、国内株式は189億円の売越し、外国株式は2,122億円
の売越しで4月末の組入株式の時価総額は12兆7,290億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は7,953億円の買越し、外国公社債は
2,493億円の売越しで4月末の組入公社債の時価総額は26兆8,149億円となってい
る。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                      証券会社      銀行等      投信会社         合計
1.株式投信             286,607     259,760       3,811        550,178
2.公社債投信            93,165         714          12         93,891
3.MMF                   17,655       3,960          41         21,655
合計[1+2+3]            397,427     264,434       3,863        665,725
(シェア:%)              (59.7)      (39.7)       (0.6)        (100.0)


■  私募投資信託の資産動向
                                                          <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)         純資産計(前月比)
合計(株投+社投)         6,073        4,862                306,946(2,921)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。


■  不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                 23年3月(前月比)            23年2月            前年3月
純資産計           39,781(192)               39,589             39,465
追加出資額            310                        33                152


■  マーケット指標(参考)
                     23年 4月末(前月比)        23年3月末      前年 4月末
日経平均株価(円)       9,849.74(94.64)          9,755.10      11,057.40
TOPIX(ポイント)          851.85(-17.53)           869.38         987.04
為替(1米$:円)            82.08(-1.07)             83.15          94.07
東証REIT指数           1,073.33(18.15)          1,055.18         999.13
(ポイント)
                             (314回債)         (313回債)      (307回債)
国債利回り(%)              1.2(-0.055)              1.255          1.28



-------------------------------■□■□■-------------------------------

   ◆会員会社ホームページ紹介

当協会の会員会社が運営するホームページには、投資信託に関する基礎知識、ラ
イフプランやマネープランについてわかりやすく学べるコーナーがあります。
本コーナーでは、各社の資産運用に関するコーナーを順次ご紹介していきます。
詳しくは下記ホームページをご覧ください。

日興アセットマネジメント(株)http://www.nikkoam.com/のホームページには、
投資信託について学べるいろいろな読み物があります。

中でも、「ファンドアカデミー公開講座」というコーナーの中の「語句(ごく)よ
み」は、「新人目線の用語解説」として、投資信託や投資・経済の専門用語を新
人くんが調べて報告する内容となっています。「受託会社」や「ブラインド方式」
といった投資信託の専門用語から「キャリートレード」や「実質実効為替レート」
といったちょっと難しい言葉まで、用語の解説はもとより、投資信託説明書(交
付目論見書)などを読む上での注意点なども取り上げており、とても分かりやす
い内容となっています。http://www.nikkoam.com/fund-academy/goku-yomi

この他にも、「マーケットライブラリー」というコーナーの中の楽読(ラクヨミ)
では、新聞記事などをテーマに、そのときどきのトピックスを取り上げ、解説し
ております。

新聞を読んだだけでは分からなかった記事の内容も、楽読を読めば、誰かに説明
してあげられるほど理解できるようになるかもしれません。
  →  http://www.nikkoam.com/fund-academy/rakuyomi



■□■□■--------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 5月中に設定されるファンド ・・・ 3本
<株投追加型> 設定日が5月中のファンド   ・・・23本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://data.toushin.or.jp/fund/new/2011/fund11053.pdf



----------------------------■□■□■---------------------------------

3.カフェコーナー
    ◆母校のこと

  私の卒業した高校は、医歯薬科系大学への進学者が多いということを売りに生
徒を集める田舎の学校でした。私は特に医歯薬科系を志望していたわけではない
のですが、第一志望の高校に落ちてしまったので、すべり止めとして合格してい
た高校のうち、進学のことを考えた末、しかたなくこの学校を選ぶこととなりま
した。しかたなくと言ったのは、この学校は制服がダサいことやガリ勉が多そう
なイメージのため不人気校として県下では大変有名であり、中学の同級生(特に
女子)なども「あそこに行ったらもう話さない、かもしれない。」と言うほどで、
実際進学することが決まってからは、ストレスで食事がいつもの倍いけてしまい
ました。
  進学校なので、教科書マシーンのような先生が授業だけを淡々と行い、去って
いくような無機質な授業に耐え忍び、勉学に勤しんでさえいればとりあえず学校
生活を無事送ることができ、3年後は良い進路結果につながるのではなかろうか
とぼんやり思っていたのですが、それは大きな間違いだということが入学後すぐ
に判明するのでした。
  初っ端のホームルーム、短めの木刀を持ったパンチパーマに色つき眼鏡の男が
現れ、自らを担任だ、とのたまい、黒板に自分の名前を書くや「漢字の問題!こ
れ読めるやつおるや?」と言い、どこにでもいるお調子者の生徒がへらへら挙手
をして間違うなり「俺の名前ば何て読んだとや!オウッコラッ!」と、木刀が空
を裂くのを僕ら生徒は目を伏せて「遅かりし。。。」と心でつぶやくことしかで
きませんでした。それが国語の教師。英語の教師はさらに外見的な怖さを増して
おり、伸びたパンチパーマ、半眼、身長185センチ、と、目を合わせることすら
はばかられるオーラを放っており、実際の授業内容もそれに劣らない内容で、英
語ではなく間違えばバツの代わりに、拳が飛ぶ肉体言語でした。次いで数学、も
う絶望にも似た気持ちで担当の教師を待っていると、なんと書道家然とした佇ま
いの好々爺が現れたので、我々はやっと逃げ道を得たと思い喜んだのも束の間、
今度は授業放棄教師というなんとも無責任極まりない輩で「わからんならガイド
ば見ろ、それがいやならわしは個人で塾ばしよるけんそっちこい。」と自身が開
設する塾の宣伝をしだす始末。もうわけのわからなくなる教師のラインナップに
なぜこの学校が「医歯薬科系大学に強い!進学校」なのか、要は親・兄弟が医歯
薬科系大学のOBということで設けられている縁故推薦や、宗教上の系列で設定
されている推薦枠などのいわゆるレガシー入学(失笑)が多いだけであり、ほとん
どの生徒は、卒業までに学力がみるみる落ちていくという事実を先輩方から聞き
納得したのです。まさに入学した我々全員「遅かりし。。」だったわけです。
  入学前にわかっていれば「こんなことには・・・」と思いますが、その当時は学
校が自ら行う入学説明会と大学合格者数のデータ程度しか入手できる情報はあり
ませんでした。
  しかし最近になって母校の現状を聞いたところ、今はネットにて様々な情報交
換がなされており、そのおかげで、進学を希望するものからも敬遠されるリアル
不人気校となり、県内でも中堅以下にランクづけられて生徒集めも大変なジリ貧
状態とのこと。
  母校の評判が下がるのを悲しく思う一方、犠牲者が少しでも減らんことを望む
自分がいる。なんとも複雑な心境です。ただ、こんな状況にあって3年間をとも
にした仲間とは、クラスを問わず深い結びつきとなったことだけがせめてもの救
いでしょうか。
                                                          (ゆらのすけ)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」
 「投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料でお送りしていま
 す。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る