バックナンバー

バックナンバー

No.224 (2011年2月16日発行)>>「投信フォーラム2010in 高崎」講演録について

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.224        2011/2/16
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆「投資信託基礎講座」、「家庭の経済学習会in 立川」開催のお知らせ
    ◆「個人投資家のためのJリートフェア2011」のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」2月号の公表
    ◆投資信託の市場動向(1月中)
    ◆「投信フォーラム2010in 高崎」講演録について

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆中高年の星



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆「投資信託基礎講座」、「家庭の経済学習会in 立川」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託基礎講座」、「家庭の経済学習会in 立川」を開催します。


<投資信託基礎講座>

開催日:平成23年3月16日(水)
会  場:ベルサール八重洲 ROOM「6」

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-01-01-09


開催日:平成23年4月9日(土)
会  場:東京証券会館9階 第4・5会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=11-00-01-06


----------------------------------------------------------------------

<家庭の経済学習会in 立川>

(Aコース)
開催日:平成23年3月3日(木)
テーマ:セカンドライフに備えて!「マネープランと資産運用入門講座」
会  場:立川商工会議所  第一会議室  

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-01-01-13


(Bコース)
開催日:平成23年3月10日(木)
テーマ:身近になった投資信託を学ぶ!「投資信託基礎講座」
会  場:立川商工会議所  第一会議室  

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-01-01-14



----------------------------■□■□■--------------------------------

◆「個人投資家のためのJリートフェア2011」のお知らせ
   ~Jリート10周年  はじめませんか!  Jリート~

社団法人不動産証券化協会(ARES)は、東京国際フォーラムにおいて「個人投資家
のためのJリートフェア2011」を開催します。

「個人投資家のためJリートフェア2011」では、参加Jリート各社によるブース展
示やIR説明会、また有識者によるJリート市場の最新の動向や日本経済の見通し
などについてのセミナーなど、様々な催しが用意されています。

開催日時:平成23年3月11日(金)9:30~19:30
                  3月12日(土)9:30~18:00
会    場:東京国際フォーラム  ガラス棟  ロビーギャラリー他
入場無料(事前申込不要)

  申し込み方法など、詳細は下記(不動産証券化協会HP)をご覧ください。
  http://www.ares.or.jp/fair2011/index.html



----------------------------■□■□■------------------------------

  ◆「不動産投信NEWS」2月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」2月号を公表
しました。公表内容等は1月中の動向です。

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



----------------------------■□■□■------------------------------


    ◆投資信託の市場動向(1月中)


■ 全体の概況

投資信託の市場動向(1月中)

全体の概況
23年1月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比6,553億円増加して64兆
3,753億円となった。このうち、株式投信は前月比4,327億円増加(うち、運用増
311億円)して52兆8,972億円、MMFを除く公社債投信は前月比2,149億円増加して
9兆2,410億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
2,381億円増加して27兆3,407億円、銀行等経由の残高は1,868億円増加して25兆
1,715億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比1,208億円増加して30兆7,474億円となった。

■ 公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                          <単位:億円>
                     設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
1.株式投信          20,240         16,223             528,972(4,327)
2.公社債投信        34,368         32,215              92,410(2,149)
3.MMF                  650            574              22,371(76)
合計[1+2+3]         55,259         49,013             643,753(6,553)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味され
     ますので、本表では一致しません。

(2)運用状況
1月中の株式運用について、国内株式は886億円の売越し、外国株式は2,655億円
の売越しで1月末の組入株式の時価総額は13兆2,231億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は4,626億円の買越し、外国公社債は
47億円の売越しで1月末の組入公社債の時価総額は26兆4,982億円となっている。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                      証券会社      銀行等      投信会社       合計
1.株式投信             273,407     251,715         3,851      528,973
2.公社債投信            91,656         738            17       92,410
3.MMF                   18,239       4,091            40       22,371
合計[1+2+3]            383,302     256,544         3,908      643,754
(シェア:%)               (59.5)      (39.9)         (0.6)      (100.0)


■ 私募投資信託の資産動向
                                                          <単位:億円>
                         設定      解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)          3,259       4,436               307,474(1,208)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。


■ 不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                    22年12月(前月比)      22年11月           前年12月
純資産計              39,087(-977)          40,064           40,201
追加出資額                 0                     0               83

■ マーケット指標(参考)
                    23年1月末(前月比)      22年12月末        前年1月末
日経平均株価(円)      10,237.92(9.00)       10,228.92        10,198.04
TOPIX(ポイント)          910.08(11.28)         898.80           901.12
為替(1米$:円)            82.13(0.64)           81.49            89.77
東証REIT指数          1,115.71(-14.99)       1,130.70           905.38
(ポイント)
                            (312回債)         (312回債)      (305回債)
国債利回り(%)             1.215(0.105)           1.11           1.315



----------------------------■□■□■------------------------------

  ◆「投信フォーラム2010in 高崎」講演録について

当協会では、投資信託の啓発・普及活動の一環として、開催地にゆかりのある
著名人と資産運用の専門家をお招きして、各地方新聞社及び全国地方新聞社連
合会との共催による「投信フォーラム」を開催しております。

平成22年度は、岡山・富山・青森・高崎・長崎の5会場で開催いたしました。
今回は、平成22年11月27日に開催された「投信フォーラム2010in 高崎」の講演
内容についてご紹介します。
  

  会場:ビエント高崎エクセルホール (13時30分~16時05分)
  内容:第1部/特別講演
  演題:「私のスキー人生」」
  講師:冬季五輪金メダリスト  荻原健司 氏
        
  第2部/FPによる投資信託セミナー
  演題:皆さんのギモンに答えます!「投資信託との上手な付き合い方」
  講師:生活経済ジャーナリスト/ファイナンシャルプランナー  和泉昭子 氏


荻原健司氏は1969年草津町生まれ。4大会連続で冬季五輪出場し、92年、94年の
冬季五輪団体で金メダルを獲得。現在は北野建設スキー部監督として、競技スキ
ーの若手育成に取組んでいる。少年時代「有名になりたい」という荻原氏の夢に
父親は「大好きなスキーで金メダルをとれば有名になれる」。この言葉が金メダ
ルを目指す転機となったそうです。スポーツにおける投資とは何か、などご講演
いただきました。



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 2月中に設定されるファンド ・・・ 4本
<株投追加型> 設定日が2月中のファンド   ・・・14本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://data.toushin.or.jp/fund/new/2011/fund11023.pdf



----------------------------■□■□■------------------------------

3.カフェコーナー
    ◆中高年の星

「中高年の星」といっても、お公家風の名前の漫談家の話ではなく、馬の話題で
す。馬といってもサラブレットというしろものではなく、ばんば(輓馬)の話です。

世界中で唯一、北海道は帯広競馬場で開催されている「ばんえい競馬」で、成績
不振だったことから馬肉処理寸前に至った満13歳(人間の年齢に換算すると56歳)
のばんばが、一人の老調教師の目にとまり、再スタートし、ブランクをものとも
せずに好成績をおさめていることから、「リストラ中高年の星」として、感動を
与えているというお話です。

因みに、「ばんえい競馬」は、サラブレットの2倍もある体重1トンの馬(ばんば)
が、500キロ以上のそりをひきながら、2つの坂のある200mの直線で、スピードよ
りは、持久力を競う独特の競技です。明治時代に農耕馬の能力を試す目的で、重
い荷物を引かせたのが始まりと言われています。北海道遺産にも登録され、北海
道開拓の歴史に根ざした文化的な財産です。

ばんえい競馬において、成績不振のばんばは、どうも馬肉処理にさせられるよう
で、映画「雪に願うこと」(第18回東京国際映画祭にて「東京サクラグランプリ」
受賞作)にもそのようなシーンが出てきます。また、500キロものそりを引かせる
ことについて、動物虐待でかわいそうだとの声も一部にはあります。でも、人の
歩みと同じ程度のスピード(競馬場で、観客はばんばの歩みと並走しながら声援
も可能)で、コースの途中で止まりながらも、坂を乗り越えるため呼吸を整え、
一途にゴールを目指す姿は感動ものです。ましてリストラから這い上がり、再起
を果たしている姿を、全国放映されたテレビなどでみた方から、「元気を取り戻
した。」、「中高年の星だ。」、「馬には負けていられない。」といった感謝の
言葉が、数多く競馬場などに寄せていることは、実際に競馬場に足を運んだこと
のある者にとっては理解できます。

リストラ対象となった多くの中高年などの方々に限らず、「雇用」、「雇用」と
叫ばれていながらも、多くの若い人たちが「就活」に苦労されている昨今、感動
したアジアカップ優勝のサッカー日本チームの活躍に限らず、ばんばの再起のよ
うな一地方の話題ではあっても、何かしら励みになるような明るい話題が数多く
出てくることを期待したいものです。
                                                            (二十一世紀)




=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る