バックナンバー

バックナンバー

No.223 (2011年2月2日発行)>>「日本銀行によるJ-REIT、ETFの買入れ」について

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.223        2011/2/2
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆「投資信託基礎講座」、「家庭の経済学習会in 立川」開催のお知らせ
    ◆「個人投資家のためのJリートフェア2011」のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-184-
    ◆日本銀行によるJ-REIT、ETFの買入れについて

4.その他
    ◆投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
    ◆ボクの耳



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆「投資信託基礎講座、「家庭の経済学習会in 立川」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託基礎講座」、「家庭の経済学習会in 立川」を開催します。


<投資信託基礎講座>

開催日:平成23年2月10日(木)
会  場:ベルサール八重洲 ROOM「F」

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-01-01-01


開催日:平成23年3月16日(水)
会  場:ベルサール八重洲 ROOM「6」

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-01-01-09


----------------------------------------------------------------------

<家庭の経済学習会in 立川>

(Aコース)
開催日:平成23年3月3日(木)
テーマ:セカンドライフに備えて!「マネープランと資産運用入門講座」
会  場:立川商工会議所  第一会議室  

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-01-01-13


(Bコース)
開催日:平成23年3月10日(木)
テーマ:身近になった投資信託を学ぶ!「投資信託基礎講座」
会  場:立川商工会議所  第一会議室  

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-01-01-14



----------------------------■□■□■--------------------------------

◆「個人投資家のためのJリートフェア2011」のお知らせ
   ~Jリート10周年  はじめませんか!  Jリート~

社団法人不動産証券化協会(ARES)は、東京国際フォーラムにおいて「個人投資家
のためのJリートフェア2011」を開催します。

「個人投資家のためJリートフェア2011」では、参加Jリート各社によるブース展
示やIR説明会、また有識者によるJリート市場の最新の動向や日本経済の見通し
などについてのセミナーなど、様々な催しが用意されています。

開催日:平成23年3月11日(金)9:30~19:30
日  時:    〃  3月12日(土)9:30~18:00
会  場:東京国際フォーラム  ガラス棟  ロビーギャラリー他
入場無料(事前申込不要)

  申し込み方法など、詳細は下記不動産証券化協会HPをご覧ください。
  http://www.ares.or.jp/fair2011/index.html



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 2月中に設定されるファンド ・・・ 4本
<株投追加型> 設定日が2月中のファンド   ・・・12本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://data.toushin.or.jp/fund/new/2011/fund11021.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-184-

   ◆日本銀行によるJ-REIT、ETFの買入れについて


日本銀行は、2010年12月15日から、指数連動型上場投資信託(ETF)及び不動産投
資信託(J-REIT)の買い入れを開始しました。(J-REITは12月16日より開始)
日本銀行は10月5日の時点で、景気改善の動きが弱まっていると判断し、「包括
的な金融緩和政策」の実施を決定していました。この政策として掲げられた3つ
の措置の一つが「資産買入等の基金の創設」です。国債や社債、CPと共に、ETF
やJ-REITなどを基金が買入れることで、長めの市場金利を低下させ、各種リスク
・プレミアムの縮小を促すことを目的としています。


ETF及びJ-REITの買い入れにあたっては、
 (1)ETFについては、東証株価指数(TOPIX)又は日経平均株価(日経225)に連動
  するもの
 (2)J-REITについては、AA格相当以上のもので信用力その他の問題のないもの
 (3)J-REITについては、取引所で売買の成立した日数が年間200日以上であり、か
  つ年間の売買の累計額が200億円以上であること
などの要件が具体的に定められています。


こうした商品を日本銀行が買い入れるということは、珍しい措置であり、これに
より世界的な金融危機の影響で低迷している日本のマーケットにプラスに作用す
ることが期待されています。

では、日本銀行が基金で買い入れるETF及びJ-REITとは、どのようなものでしょ
うか。今回は、この2つの投資信託について簡単におさらいしてみましょう。

★ETFとは
証券取引所に上場し、株価指数などに代表される指数への連動を目指す投資信託
で「Exchange Traded Funds」の頭文字をとってETFと呼ばれています。

(特徴)
株式と同様に、取引所の立会時間中いつでもその時の取引価格で売買が可能です。
成行や指値注文も可能です。
ETFの代表的なものは日経平均株価(日経225)や東証株価指数(TOPIX)に連動する
ものですが、最近は金などの商品に連動するETFもあります。

(購入額)
10万円程度から購入できるものがあります。

(コスト)
株式と同様に、買う時と売る時のそれぞれに売買委託手数料がかかります。(証
券会社によって手数料は異なります。)
信託報酬もかかりますが、一般的な投資信託よりも低い傾向にあります。その理
由は、インデックス運用なので、企業調査などのコストがかからないためです。

(リスク)
対象となる指数の価格変動リスクなどがあります。


★J-REITとは
多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数
の不動産を購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品です。
REITとは、「Real Estate Investment Trust」の略で、これを日本語にすると
「不動産投資信託」となります。日本ではJAPANの「J」をつけて「J-REIT」とも
呼ばれています。

(特徴)
実物不動産へ投資するよりも、はるかに少ない金額で購入できます。
また、複数の不動産に投資しますので、分散投資によるリスク軽減が図られます。
ETFと同様、取引所の立会時間中、いつでもその時の取引価格で売買が可能です。
成行や指値注文も可能です。
収益のほとんどが分配される仕組みとなっています。

(購入額)
10万円程度から購入できるものがあります。

(リスク)
市場で取引されるため、価格変動リスクやその他のリスクがあります。
組み入れている不動産が地震や火災などに遭った場合には、費用が増加するなど
の影響を受ける場合があります。


※ETF、J-REITについては、投資信託協会HP→「投資信託を学ぼう」・「J-REIT
を学ぼう」中で詳しく説明していますのでご覧ください。
  ETFについてhttp://www.toushin.or.jp/investmenttrust/etf/scheme/
  J-REITについてhttp://www.toushin.or.jp/reit/about/what/  



■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他

    ◆投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。
1月分の発表日は2月14日(月)を予定しております。なお、ホームページへの記事
掲載は同日16時00分の予定です。



■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

    ◆ボクの耳

横浜駅近くの車内で入園前とおぼしき男の子が、窓の外を眺めながらママとこん
な会話をしていました。

ボク:ママ、次はコワレチョウだって。
ママ:え~、ちがうでしょ~?
(車内アナウンス 「次はこがねちょう~、黄金町~。」)
ママ:ほら、つぎは黄金町よ。
ボク:違うよ、コワレチョウだよ~。見てみて~、あそこ。

男の子が指差した方向には、建設中と思われる一角があり、クレーンが作業をし
ています。大人の目には建設中とわかるのですが、小さな子にはビルを壊してい
るように見えるのでしょう。

ママ:ほらっ、車掌さんの放送聞いてごらん。
(車内アナウンス 「まもなくこがねちょう~、黄金町~。」)
ボク:ほら、コワレチョウって言ってるよ。

えええっ、「こがねちょう」とわかっている私の耳にも確かに「こわれちょう」
に聞こえる気がします。この車掌さん、風邪気味なのか少し鼻にかかった声なの
で注意深く聞けば聞くほどどちらにも聞こえてしまうのです。

まもなく目的地に着いてしまったので、ママが彼の誤解を解けたかどうかはわか
りませんが、クスリと笑ってしまう出来事でした。

実はこの話、20年程前の出来事だったのですが、今でも黄金町のアナウンスを聞
くと時折このコワレチョウ事件を思い出しては、あの時の男の子に思いを巡らせ
てしまいます。きっと周囲を和ませる立派な社会人になっているんだろうな。

                                                                (ダンボ)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る