バックナンバー

バックナンバー

No.201 (2010年3月3日発行)>>商品分類・属性区分の投資対象資産の違いって?

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.201        2010/03/03
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆「投資信託入門講座(東京・茅場町)」開催のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-169-
    ◆商品分類・属性区分の投資対象資産の違いって?

4.その他
    ◆投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
    ◆砂糖好きの足



■□■□■-----------------------------------------------------------

1.トピックス

    ◆「投資信託入門講座(東京・茅場町)」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託入門講座」を東京・茅場町で開催します。

開催日:平成22年3月8日(月)

申込方法等、詳細は下記NPOエイプロシスホームページをご覧ください。
https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=09-01-01-16



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になってい
ます。

<株投単位型> 3月中に設定されるファンド・・・ 8本
<株投追加型> 設定日が3月中のファンド  ・・・16本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://data.toushin.or.jp/fund/new/2010/fund10031.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-169-

    ◆商品分類・属性区分の投資対象資産の違いって?

2009年1月より、投資信託協会が定める、投資信託の新しい商品分類が始まり、
現在、募集をおこなっている投資信託の目論見書の表紙などには新しい「商品
分類」が記載されています。また、目論見書の本文にはより詳細な投資信託の
属性を示す「属性区分」が記載されるようになりました。

*商品分類については以下のページに説明があります。
http://www.toushin.or.jp/investmenttrust/type/category/

★商品分類の「投資対象資産」
目論見書の表紙にも記載されている商品分類は、「1.単位型投信・追加型投
信の区分」「2.投資対象地域による区分」「3.投資対象資産による区分」に
よって構成されています。
「3.投資対象資産による区分」とは、投資信託の主な投資収益が実質的に何
の資産を源泉とするのか記載するものです。例えば、主な収益の源泉が株式で
あったら「株式」、債券であったら「債券」と記載されます。

★属性区分の「投資対象資産」
一方、目論見書の本文中に記載する属性区分は、投資信託のより詳細な属性を
投資家に伝えるため、「1.投資対象資産による属性区分」「2.決算頻度によ
る属性区分」「3.投資対象地域による属性区分」「4.投資形態による属性区
分」などによって構成されています。
「1.投資対象資産による属性区分」は商品分類にも同じような区分がありま
すが、商品分類とは異なり、ここでは組入れている資産そのものについての属
性区分を記載します。

★二つの違い
商品分類では“収益の実質的な源泉である資産”を記載し、属性区分では“実
際組入れている資産”を記載することから、二つの投資対象資産の表記が異な
ることがあります。

例えばファミリーファンドやファンドオブファンズの投資形態をとる場合にお
いては、組入れたファンドが投資する資産が収益の源泉となり、商品分類にお
いての投資対象資産となります。組入れた投資信託が株式に投資をして収益を
目指すのであれば、商品分類においての投資対象資産は、「株式」と記載され
ます。

一方、属性区分においての投資対象資産は、実際に組入れる資産を記載するた
め、ファミリーファンドやファンドオブファンズの投資形態をとる場合におい
て、組入れているのは投資信託が発行する「投資信託証券」ですから、「その
他資産(投資信託証券)」と記載されます。
なお、属性区分の投資対象資産においては、括弧書きでその先の投資資産の記
載ができます。この例で言えば、「その他資産(投資信託証券(株式))」という
記載ができます。

商品分類と属性区分での「投資先資産」の違いは、直接の投資先が投資信託で
あったり、仕組債と呼ばれる債券である場合などに生じます。収益の源泉であ
る資産と、実際に組入れている資産が異なる場合は、目論見書中にその旨を記
載し、その違いについて言及するように努めています。



■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他

    ◆投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。2月分の
発表日は3月11日(木)を予定しております。なお、ホームページへの記事掲載
は同日15時の予定です。



■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

    ◆砂糖好きの足

最近のマイブームは足裏マッサージであります。地元にある足裏マッサージに
行きます。初めて体験した時は、涙がチョチョぎれるほどの痛さで大変でした
(これが慣れると痛眠く(?)なってくるらしい)。ですが終わってみるとな
んだか体が軽くなったり消化が良くなったり、体調面でプラスの効果が現れる
から不思議です。

足は第二の脳と言われるぐらい、体中のありとあらゆる器官や臓器に反応する
神経のようなもの(?)がつながっているそうです。その反応するツボを反射
区というのですが、調子が悪い臓器の反射区には老廃物が溜まっていて、実際
ツボを押すとジャリジャリゴリゴリ変な音がします。そういうのが流されると
体の調子が良くなるのです。

ある日、また痛くなりに行ってやろうとお店に行きました。5分間の足湯につ
かり、いざ足もみスタート。痛みに耐えているとしばらくして「お客さん、甘
いもの好きですか」と聞かれて驚きました。「はい?」と訪ねると「砂糖が好
きな足をしていますよ」と言われ、もう意味不明。確かに私は大の甘いもの好
きで、職場の机の引き出しにも沢山お菓子が入っています。過度に甘いものを
取りすぎると体が冷えてしまい、肝機能も低下してしまうとのことでした。つ
まり肝臓のツボを押したらジャリジャリゴリゴリ変な音がしたのだということ
です。

以来、(周囲の人は分からないぐらいほんの僅かですが)少しだけ甘いものを
控えるようにしています。それにしても「〇〇チョコは美味しいですよね」と
私が大好きなチョコレートの銘柄までマッサージ師さんが当てたのはなぜだっ
たのか。未だに分かりません。足にそう書いてあったのでしょうか・・・。

                                                              (人生)




=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る