バックナンバー

バックナンバー

No.198 (2010年1月20日発行)>>確定申告をしなくても損益通算が可能になる?

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.198        2010/01/20
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆「投信フォーラム2010 in松山」開催のお知らせ
    ◆「投信フォーラム2010 in大分」開催のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」1月号の公表

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-166-
    ◆確定申告をしなくても損益通算が可能になる?

4.カフェコーナー
    ◆たい焼き屋



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

    ◆「投信フォーラム2010 in松山」開催のお知らせ

■ フォーラムの概要
主催:投資信託協会  愛媛新聞社  全国地方新聞社連合会
日時:平成22年1月30日(土)  13時30分~15時30分 (13時開場)
会場:いよてつ高島屋9階ローズホール
内容:第1部/特別講演
      演題「私の野球人生から学んだこと」
      講師:野球解説者  佐野 慈紀氏

      第2部/投資信託の専門家による投資信託入門セミナー
      演題「“あんしん”投資信託活用法」
      講師:アナリスト  島田 知保氏

申し込み方法など、詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/seminar/2010/3352/


    ◆「投信フォーラム2010 in大分」開催のお知らせ

■ フォーラムの概要
主催:投資信託協会  大分合同新聞社  全国地方新聞社連合会
日時:平成22年2月13日(土)  13時30分~15時30分 (13時開場)
会場:大分県農業会館
内容:第1部/特別講演
      演題「噺家のくらし」
      講師:落語家  三遊亭 歌奴氏

      第2部/投資信託の専門家による投資信託入門セミナー
      演題「“あんしん”投資信託活用法」
      講師:アナリスト  島田 知保氏

申し込み方法など、詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/seminar/2010/3454/


    ◆「不動産投信NEWS」1月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」1月号を公表
しました。公表内容等は12月中の動向です。

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 1月中に設定されるファンド ・・・ 4本
<株投追加型> 設定日が1月中のファンド   ・・・19本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://data.toushin.or.jp/fund/new/2010/fund10013.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-166-

    ◆確定申告をしなくても損益通算が可能になる?

今回は、2010年(平成22年)1月より、確定申告をしなくても源泉徴収ありの特
定口座において、上場株式等の譲渡損と配当金等を損益通算できるようになっ
たことについてご説明いたします。

★平成20年度の税制改正
平成20年度税制改正によって、2009年(平成21年)より確定申告することで上場
株式や公募株式投資信託の譲渡損と配当金・分配金の損益通算ができるように
なりました。

同じく平成20年度税制改正において、確定申告をしなくても、源泉徴収ありの
特定口座内での譲渡損と配当金・分配金の損益通算ができるようになる措置が
盛り込まれました。この実施時期は2010年(平成22年)1月とされており、今年の
1月から実施されています。

★自動的に損益通算で利便性が向上
この損益通算の対象となるのは、上場株式のほか、ETF、REIT、公募株式投資
信託などの譲渡損、配当金・分配金です。例えば、源泉徴収ありの特定口座内
で、上場株式を売却したことによる損失と公募株式投資信託の分配金を損益通
算して税を納めることが可能となりました。
(投資信託の特別分配金は税制上元本の払い戻しに相当し、非課税扱いですか
ら損益通算の対象ではありません)

源泉徴収ありの特定口座内での損益通算は、確定申告をしなくても口座内で損
益通算が自動的に行われるので、投資家にとって利便性が増しました。なお、
特定口座内の損益通算は売却代金や配当金・分配金が支払われる都度ではなく、
年末に行われます。

★どうすれば損益通算される?
確定申告をしないで損益通算するには、源泉徴収ありの特定口座において取引
を行う必要があります。また、いくつかの手続きを行う必要がある場合があり
ます。さらに、上場株式の配当金を損益通算の対象とする際は「株式数比例配
分方式」を選択し、配当金を証券会社の取引口座で受け取る方式を選択してい
る必要があります。

なお、損失を翌年に繰り越したり、繰り越された損失を含めて損益通算する場
合は、確定申告する必要があります。また、他の証券会社・金融機関での取引
も含めて損益通算する場合も同様に確定申告する必要があります。

*税制の詳細については税務署、手続き等に関しては取引を行っている証券会社・
金融機関にお問い合わせください。



■□■□■------------------------------------------------------------

4.カフェコーナー

    ◆たい焼き屋

最近町を歩くとたい焼き屋をよく見かけます。ここ1年くらいでしょうか、住
んでる町の駅周辺には、新しいたい焼き屋が3件ほど出現しました。最近でき
たたい焼き屋は、白いたい焼きがうりだったり、バリエーションに富んだ中身
がうりだったりします。

たい焼き屋の増加は住んでる町だけではなく、おそらく全国的な様子で、たい
焼き屋が増えていることを伝えるニュースなども最近目にします。ニュースで
は、たい焼き屋に必要な設備がそれほど高価でもなく、大きなスペースも必要
ないこと、加えて不景気で閉店してしまった空き店舗が増えてきていて、その
空き店舗を利用して比較的低コストで開店できることからたい焼き屋が増えて
いるんじゃないか、という説明をしていました。

確かに、住んでる町に出現したたい焼き屋を見ても、小さな空き店舗などがい
つの間にかたい焼き屋になっていることが多く、開店するまでのコストも抑え
られ、かつすばやい出店ができるのでしょう。

休日に、一応運動をせねばということでよく町を歩くのですが、町中には増殖
したたい焼き屋が存在するので、ついうっかりたい焼きを買ってしまい、歩く
ことで消費した微々たるカロリーを軽く上回ったカロリーを摂取してしまうこ
とがよくあります。町に点在するトラップです。好きなのは白いたい焼きのチ
ョコです。カロリーすごくありそう。

                                                                  (AS)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る