バックナンバー

バックナンバー

No.191 (2009年10月7日発行)>>リートの内部成長と外部成長ってなに?

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.191        2009/10/07
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.募集中ファンド

2.投資信託に関するQ&A集-159-
    ◆リートの内部成長と外部成長ってなに?

3.その他
    ◆投資信託概況の発表日

4.カフェコーナー
    ◆べたべた



■□■□■------------------------------------------------------------

1.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になってい
ます。

<株投単位型> 10月中に設定されるファンド・・・ 3本
<株投追加型> 設定日が10月中のファンド  ・・・32本
<社投単位型> 10月中に設定されるファンド・・・ 1本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://data.toushin.or.jp/fund/new/2009/fund09101.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

2.投資信託に関するQ&A集-159-

    ◆リートの内部成長と外部成長ってなに?

今回はリート(不動産投資法人)の二つの成長手段である「内部成長」と「外部
成長」についてご説明いたします。

★リートの成長とは
そもそも、リートの目的は投資家から資金を集め、不動産などに対して投資を
行い、その不動産から得られる賃貸収入や売却益などを投資家に還元すること
にあります。

投資家にとってのリートの成長とは、いかに投資家に対して利益を還元できる
のか、すなわち、リートの一口あたりの利益が上がることと言えます。
リートの成長(一口あたりの利益の上昇)は、その成長の経路によって「内部成
長」と「外部成長」の二つに分けることができます。

★内部成長とは
内部成長とは、すでに保有している不動産を効率的に運用していくことなどに
よる成長であり、具体的には、以下のような方法があります。

・保有不動産の稼働率の上昇や賃料の上昇
・保有不動産の管理コストなど、経費の削減
・資金調達のコストを下げる

このような方策を実施することで、リートの不動産投資の効率性を向上させ、
一口あたりの利益を成長させることができます。

★外部成長とは
外部成長とは、新たな不動産を取得することによる成長で、低い資金調達コス
トで高い利回りが期待できる不動産を新規に取得することによってもたらされ
る成長です。また、不動産を新規取得することは、リートの規模が拡大するた
め、リスクの分散につながり、スケールメリットから取引コストが削減される
ことも期待でき、成長につながります。

外部成長は資金調達コストが抑えられ、また、不動産を比較的安価で取得でき
る景気後退期にとりやすい戦略と言えます。逆に、不動産価格が上昇する景気
回復期には外部成長による成長は難しいと考えられますが、低い利回りで新規
不動産を取得したとしても内部成長戦略があれば、リートの成長は果たされま
す。

リートは、外部の環境の変化に対応しつつ、内部成長と外部成長を組み合わ
せ、持続的な成長を目指しています。



■□■□■------------------------------------------------------------

3.その他

    ◆投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。9月分の
発表日は10月14日(水)を予定しております。なお、ホームページへの記事掲載
は同日15時30分の予定です。



■□■□■------------------------------------------------------------

4.カフェコーナー

    ◆べたべた

最近また感染が拡大していると言われている新型インフルエンザですが、職場
のビルの入り口にはインフルエンザ拡大防止策のひとつとして、手を殺菌する
ためのアルコール洗浄液が置いてあります。

新型インフルエンザが日本に入ってきた頃には、その洗浄液が置いてあるテー
ブルには張り紙で「できるだけ手を洗浄してください」と書いてありましたが、
落ち着いてきた頃には「なるべく」に変わり、そして今また「できるだけ」に
なっています。

ビルの入り口とは別に、職場の入り口にも洗浄液がおいてありますが、この洗
浄液は出口がシャワー状になっていて、液もさっぱりとした感触で、適度にア
ルコール臭くて、インフルエンザウイルスに効くかどうかはよくわかりません
が、殺菌した気分にはなります。

一方、嫌なのがジェル状の洗浄液です。この間病院に行く機会があって、その
病院に入るには必ず手を洗浄液で洗わなければならなかったのですが、その洗
浄液がジェル状で、水あめみたいにべたべたして、手が荒れそうな感じです。
しばらく手がべたべたして不快。

ジェル状のほうがまとわりつきやすいので効果は高いのかも?知れませんが、
個人的には洗浄液はさっぱり系で是非お願いしたいです。

                                                                  (AS)





=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る