バックナンバー

バックナンバー

No.189(2009年9月2日発行) >>ETFのコストが低いのはなぜ?

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.189        2009/09/02
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆「投信フォーラム2009 in宇都宮」開催のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-157-
    ◆ETFのコストが低いのはなぜ?

4.その他
    ◆投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
    ◆どこでもゲーム



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

    ◆「投信フォーラム2009 in宇都宮」開催のお知らせ

著名人と資産運用の専門家をお招きして、資産運用の講演会を栃木県宇都宮市
で開催いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。(参加費は無料です)

■ フォーラムの概要
主催:投資信託協会  下野新聞社  全国地方新聞社連合会
日時:平成21年9月12日(土) 13時30分~15時30分 (開場:13時)
会場:とちぎ健康の森 講堂 (栃木県宇都宮市駒生町3337-1)
内容:第1部/特別講演
      演題「わたしのライフプラン  ~明るい将来のために~」
           (ミニコンサートもあります)
      講師:フルート奏者  山形由美氏

      第2部/FPによる投資信託入門セミナー
      演題「資産運用は時間を味方につけましょう」
      講師:ファイナンシャルリサーチ代表  深野康彦氏

申し込み方法など、詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/seminar/2009/2317/



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になってい
ます。

<株投単位型> 9月中に設定されるファンド・・・10本
<株投追加型> 設定日が9月中のファンド  ・・・42本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://data.toushin.or.jp/fund/new/2009/fund09091.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-157-

    ◆ETFのコストが低いのはなぜ?

今回は、証券取引所に上場し、特定の指標への連動を目指す「ETF」のコスト
が一般的な投資信託のコストより低いことについてご説明いたします。

★指標に連動する、インデックス運用
ETFは特定の指標に連動するインデックス運用を行っています。代表的な指標
としては日経平均株価やTOPIXなどです。かつては、法令によって連動させる
指標が指定されており、指定された指標以外の指標に連動するETFを組成する
ことはできませんでしたが、昨年6月の法令改正により、指標の指定が廃止さ
れ、多様な指標に連動したETFが組成できるようになりました。

アクティブ型の投資信託であれば、投資先資産の調査などに要するコストが発
生しますが、ETFはインデックス(指標)の動きに連動させることが目的の投資
信託ですから、投資先資産の調査などにかかるコストを抑えることができます。

★販売会社へ支払う信託報酬がない
一般的な投資信託においては、投資家が投資信託を保有する間、間接的に支払
っている「信託報酬」は販売会社・運用会社・信託銀行へ配分されています。
おおよそですが、一般的な投資信託の信託報酬のうち50%程度は販売会社に配
分されることが多いようです。(当然、投資信託によってこの割合は異なります)

一方、ETFは販売会社へ支払う信託報酬がありません。このため、一般的な投
資信託よりETFは信託報酬を低く抑えることが可能となっています。

★現物拠出型のETFは組み入れ資産の売買の必要がない
一般的な投資信託は、お金で投資信託が設定され、お金を受け取って換金され
ます。投資信託を運用するには、投資家から集めたお金で組み入れ資産を購入
する必要があり(換金する際は売却する必要があります)、そのための費用が発
生します。

一方、設定や交換が現物拠出で行われるETFであれば、ETFの運用において組み
入れ資産の売買を行う必要がないため、売買委託手数料などのコストを低く抑
えることができます。(一般の投資家は、現物拠出で設定されたETFの受益証券
を証券取引所において売買します)

上記のような理由で、ETFの運用コストは一般の投資信託の運用コストと比較
して低く抑えられています。

*ETFの仕組みなどについては、当協会のホームページ「ETFってなんだろう」
をご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/investmenttrust/etf/



■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他

    ◆投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。8月分の
発表日は9月11日(金)を予定しております。なお、ホームページへの記事掲載
は同日16時の予定です。



■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

    ◆どこでもゲーム

ここ数年の間で携帯ゲーム機を外でよく見かけるようになりました。電車の中、
喫茶店、そして道端など。ほんの数年前は電車の中でゲームをする人はそんな
にいなかったような気がしますが、ここ最近は年齢層を問わず、どの車両にも
数人はゲーム機でゲームをしているような気がします。

最近はゲーム機に内蔵された無線LANの機能をゲームに生かして、コンテンツ
を配りあったり(どういう仕組みかはよくわかってませんけど)、一緒にゲーム
をしたり、ということができるそうです。

最近、最寄の駅で降りて家に帰る道すがら、若いサラリーマン二人が歩道の縁
石に腰をかけて、話をしながらゲームをしていました。午後8時過ぎの住宅地
だったので、少しびっくりしました。

また、1年ほど前にとある山にハイキングに行った時のことです。ロープウェ
イで山の中腹くらいまで登ってその辺ぐるっと散策したのですが、散策の休憩
ポイントで数人の子供が携帯ゲーム機でゲームを…。

せっかくの景色なのにもったいない…とはこの歳だから思うことなのかも知れ
ません。自分が子供の時だったら…、ゲームの方に興味があったかもしれませ
んね。

                                                                  (AS)





=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る