バックナンバー

バックナンバー

No.185(2009年7月1日発行) >>利害関係人との取引状況等ってなに?

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.185        2009/07/01
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆ホームページのリニューアルのお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-153-
    ◆利害関係人との取引状況等ってなに?

4.その他
    ◆投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
    ◆ストレッチ教室



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

    ◆ホームページのリニューアルのお知らせ

当協会では、投資信託に関する情報を、より分りやすくお伝えすることを目的
として、ホームページをリニューアルしました。

投資信託協会のホームページはこちらです。
http://www.toushin.or.jp/



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。

<株投単位型> 7月中に設定されるファンド・・・ 4本
<株投追加型> 設定日が7月中のファンド  ・・・28本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://data.toushin.or.jp/fund/new/2009/fund09071.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-153-

    ◆利害関係人との取引状況等ってなに?

投資信託の運用報告書には、投資信託の期ごとの運用成績や運用経過などが記
載されていますが、その中に「利害関係人との取引状況等」も記載されていま
す。今回は、この「利害関係人との取引状況等」についてご説明いたします。

★利害関係人とは?
投資信託において、利害関係人とは投資信託の運用会社の親会社や密接な関係
のある者を指し、運用会社の親会社や子会社などが利害関係人に該当します。
また、運用会社が金融グループの持株会社の子会社であった場合には、その金
融グループの運用会社以外の子会社も利害関係人となります。(利害関係人に
ついては、投資信託法の第11条第1項に規定されています)

★なにを記載する?
運用報告書に記載する「利害関係人との取引状況等」は、いくつかの記載項目
によって構成されています。投資信託協会が定める記載例では次のような項目
を挙げています。

A 利害関係人との取引状況
 …株式・公社債・株式先物取引、などの区分を示し、買付・売付額の合計と、
   うち利害関係人との取引額、その割合を示します。

B 利害関係人が発行する有価証券等
 …利害関係人が発行する株式などの買付・売付額と期末の保有額を示します。

C 利害関係人である金融商品取引業者が主幹事となって発行される有価証券
 …利害関係人である証券会社が主幹事となって発行される有価証券の買付額
   を示します。

D 利害関係人である金融商品取引業者、金融機関が私募の取扱い代表者となっ
  て発行される有価証券
 …利害関係人である証券会社や金融機関が取扱い代表者となって発行される
   私募の有価証券の買付額を示します。

E 売買委託手数料総額に対する利害関係人への支払比率
 …売買委託手数料(投資信託が株式などを売買した際に生じる手数料のこと)
   の総額と、うち利害関係人へ支払った額、その割合を示します。

上記の項目に該当する取引を行っている場合は、記載例に従って状況を開示す
る必要があります。

★なぜ利害関係人との取引を公表するの?
運用会社は常に投資家(受益者)の利益を第一に考えて運用を行わなければなり
ません。このため、投資家の利益を損うような取引を行ってはなりません。

投資信託協会の、投資信託等の運用に関する規則第5条では「委託会社は、投
資信託財産と利害関係人との取引若しくは利害関係人が発行する有価証券等の
取得又は処分に係る指図を行うに当たっては、受益者に対する忠実義務に十分
留意するものとする。」と定め、利害関係人との取引などを行う場合には、受
益者の利益だけを考えて忠実に運用することへの十分な留意を求めています。

例えば、運用会社とその利害関係人である証券会社があるとして、運用会社が
証券会社に利益をもたらすため、不必要に高い売買委託手数料を支払って株式
などの売買を証券会社に発注するなどの行為は、投資家にとっては不利益をも
たらすことは明らかですから、このような行為は行ってはなりません。

投資信託においては、投資家の利益を損なうような取引が行われないように、
運用会社の利害関係人との取引などを、運用報告書で情報開示することが求め
られています。



■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他

    ◆投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。6月分の
発表日は7月13日(月)を予定しております。なお、ホームページへの記事掲載
は同日15時30分の予定です。



■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

    ◆ストレッチ教室

生まれてはすぐ消えて行く我がマンション1階の店舗達。これまでも色んなお
店がありました(讃岐うどんの店は結構よかったなぁ。)。

そんなある日のこと。久しぶりに工事がしばらく続いたと思ったら、また新し
いお店ができました。

ストレッチ教室!!!

ストレッチ?何、それ?そんなんでお店として成立するの?

そんな疑問を持ち、備え付けのパンフレットを見ると、少人数主義!受講料は
2千円(約1時間)。うーん、・・・・・・微妙。。

しかし、すっかり運動不足の生活が続くこの数年、仕事中はパソコンと向かい
会っていることも多く、首や肩の凝りは当たり前、最近は脹脛(ふくらはぎ)
や脛(すね)も何故か凝りまくっている始末。

また、早く行かないと直ぐに昔あったお店になりそうなこのお店は「俺が何と
かしなきゃ」と思わせる雰囲気。ボランティア精神、思い出作り、etc。何と
なく申込んじゃいました。

セミナー当日、時間ギリギリに着いたら、既に他の人は入念な柔軟体操中。中
にはえらくきめた格好の人もいます。常連さんが多いのかな?でも、何だか本
格的な匂いがするぞ!

そんな中始まったストレッチ教室。いかにもいつも運動してる風の先生が、今
日のテーマである首や肩について一通り説明した後、次々に色んな部位の筋を
伸ばすこと数十分、何だか汗が滲んできました。

あんまり色々なメニューだったので、どんな運動をしたのか全く分らなくなっ
たけど(お店の作戦かな。)、終わった時は良い運動をした充実感がありまし
た。ストレッチも運動だね!

先生の言っていた通り、翌日は全身筋肉痛。しかし、その筋肉痛もなくなった
翌々日は、あら不思議。体中の凝っていた部分がすっかり軽くなりました。

何か良いかも!!!

すっかりはまってしまいそうです。(^^)

                                                               (K.T)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る