バックナンバー

バックナンバー

No.179 (2009年4月1日発行) >>インカムゲインと分配金について



●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.179          2009/4/1
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆定款・諸規則集(平成21年2月版)ができました!

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐147‐
  ◆インカムゲインと分配金について

4.その他
  ◆投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆国民病


■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆定款・諸規則集(平成21年2月版)ができました!
      (A4判、697頁、1,500円(税込))

当協会では、協会の定款、業務規程、諸規則等を掲載した「定款・諸規則集
(平成21年2月版)」を発刊しました。販売は、当協会窓口または宅配で取り扱
っております。


・下記の窓口にご来社下さい。代金は窓口にて現金でお願いします。
  販売窓口:東京都中央区日本橋兜町2-1
            東京証券取引所ビル6階 (総務部)
  受付時間:9時から16時30分(11時30分~12時30分を除く)


・総務部宛に下記の要領によりFAXにてお申し込みください。なお、送料は、
  着払いとさせていただきますので、実費負担をお願いします。
  ◇「定款・諸規則集 平成21年2月版 宅配希望」として、送付先の住所、会社
     名、氏名、電話番号、請求書に記載する名称、数量を記入し、下記FAX番
     号にお送りください。
  ◇申込FAX番号  03-5614-8448
  ◇「定款・諸規則集」の代金は、発送物に請求書を同封しますので、
     当協会指定の銀行口座へお振込みください。
  ◇お届けには、3日前後かかる場合があります。

〇問い合わせ先:投資信託協会 総務部  TEL:03-5614-8400



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。

 設定日が4月中のファンド  ・・・ 26本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2009/fund09041.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-147-

  ◆インカムゲインと分配金について

今回は、配当や利息などのインカムゲインと追加型株式投資信託の分配金の関
係についてご説明いたします。

★分配金の原資とは
投資信託の分配金は、投資信託協会が定める規則に従って、まず分配すること
ができる額(分配可能額)が計算され、その額の中でいくら分配金を出すのか
(もしくは出さないか)、約款に従って運用会社により決定されます。追加型株
式投資信託の分配金の原資は、「1.配当等収益」「2.有価証券売買等利益(評
価損益を含む)」「3.収益調整金」「4.分配準備積立金」です。

★債券に主に投資する追加型株式投資信託の場合
今回は、投資信託が投資した結果、得られる配当等収益(インカムゲイン)と分
配金の関係に着目するため、追加設定や解約はなく、また、収益調整金や分配
準備積立金、経費はないものとする単純化した例で考えてみます。

ファンドAは、1年に1度決算を行う投資信託であり、純資産総額が100億円で運
用を開始し、債券Aにそのまま100億円投資したとします。債券Aは1年で評価額
を100億円から90億円に下げ、1年間に得られた債券Aの利息は5億円だとします。

■投資先資産の評価
債券Aの評価額 100億円→90億円
債券Aから得られた利息 5億円

ファンドAの決算時(分配金を支払う前)の純資産総額は、債券Aの評価額と得ら
れた利息を足し合わせ、90億円+5億円=95億円となります。運用を開始した時
は100億円だったので、純資産総額は減少しており、追加設定も解約もないと
するので基準価額は9,500円に下落しています。

■ファンドAの純資産総額などの推移(分配金を支払う前まで)
純資産総額 100億円→95億円
総口数 100万口→100万口
基準価額 10,000円→9,500円

ここで、分配可能額を計算してみます。分配可能額はいくつかの勘定から計算
されますが、この例では債券Aから得られた5億円の利息が、「配当等収益」で
あり、分配金の原資となります。もし、5億円を分配するのであれば、純資産総
額は90億円に減少し、基準価額は9,000円となります。
投資信託協会が定めている規則によれば、配当等収益(実際は経費を按分して
控除後の収益)は、その全部を分配することができることとされており、この
例のように有価証券の売買損(評価損)が発生し基準価額が下落していても、イ
ンカムゲイン分は分配することが可能となります。

★まとめ
配当や利息などによるインカムゲインは、有価証券の売買損益や繰越欠損金な
どからは独立して分配に回すことができ、このことは、基準価額が下落してい
る場合でも定期的に分配を行うことができる要因の一つとなっています。(実
際の投資信託がどのようにして分配金を出しているかは投資信託ごとによって
異なります。個別の投資信託について詳しく知りたい場合は運用報告書をご覧
ください。)



■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他

  ◆投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。3月分の
発表日は4月13日(月)を予定しております。なお、ホームページへの記事掲載
は同日15時30分の予定です。



■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

  ◆国民病

同志の皆さん。花粉症の季節真っ只中ですがいかがお過ごしでしょうか。私も
苦しいです。この季節になるともっともな理屈と少しの改善例を用いてあれが
効くだのこれが効くだのテレビをはじめメディアで騒がしくなりますが、薬で
症状を抑えることしかできない現在では悔しいことにそれにすがらざるを得ま
せん。ですが耳に入ってくる情報だけに頼ってもそれに乗せられてる感がある
ので、自分でも仮説を立ててみました。それは、マラソンなどの長距離走を行
うことは効果的ではないか?それは鼻が詰まっていると口呼吸だけとなり長距
離を走ることが困難であろうことから、年間を通して長距離を走る習慣のある
人(走ることができている人)は花粉症であることが少ないのでは?との考え
からです。これは我ながら中々良い仮説であると思いましたが、私は肥満で長
距離を走ることが苦手なのでまだ実証するには至っていません。今から始めて
来年の花粉症シーズンに効果が出ればいいなと思っています(あくまで予定)。
でも、今年はあまり「これが花粉症に効く!」といって特定の商品をマスコミ
等が煽ることがないような気がします。この不況で企業の体力がなくなり情報
操作にまで手が回らなくなったのかと穿った見方をしてしまう私もいるのです
が。。。病は人を意地悪にしますね。
                                                             (鼻せれぶ)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料進呈しています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/info/publish.html

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/cgi-bin/framed.cgi?74

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
 形されています。
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可 
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己 
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===


バックナンバー一覧へ戻る