バックナンバー

バックナンバー

No.162 (2008年7月16日発行) >>監査報酬って何?



●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.162         2008/7/16
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆当協会ホームページに関するアンケートご協力のお願い
  ◆「不動産投信NEWS」7月号の公表
  ◆投資信託の市場動向(6月中)

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-130-
  ◆監査報酬って何?

4.カフェコーナー
  ◆暑さの影響


■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆当協会ホームページに関するアンケートご協力のお願い

当協会ホームページの利便性向上のため、アンケートフォームを設けましたの
で、ご協力をお願いいたします。(7月末締め切り予定)

アンケートフォームは下記ページのトピックス「当協会ホームページに関する
アンケートご協力のお願い」もしくは左側のバナー「HPに関するアンケート」
からお入りください。
http://www.toushin.or.jp/


  ◆「不動産投信NEWS」7月号の公表

当協会では、不動産投信のより一層の普及のため、不動産投信に係る主な動き
等をとりまとめた「不動産投信NEWS」7月号を公表しました。
なお、公表内容等は6月中の動向です。

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/info/fudousan_news.html


  ◆投資信託の市場動向(6月中)

全体の概況
20年6月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比2兆939億円減少して73
兆440億円となった。このうち、株式投信は前月比2兆413億円減少(うち、運用
減2兆3,016億円)して60兆5,911億円、MMFを除く公社債投信は前月比290億円減
少して9兆6,712億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月
比1兆2,970億円減少して29兆3,838億円、銀行等経由の残高は7,089億円減少し
て30兆8,140億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比9,724億円減少して33兆6,447億円となっ
た。


Ⅰ.公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         
                        設定        解約(償還含む)     純資産(前月比)
1.株式投信            14,854        12,251           605,911(-20,413)
2.公社債投信          38,072        38,371            96,712(-290)
3.MMF                  1,102         1,338            27,815(-235)
合計[1+2+3]           54,029        51,961           730,440(-20,939)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。

(2)運用状況
6月中の株式運用について、国内株式は406億円の売越し、外国株式は716億円
の売越しで6月末の組入株式の時価総額は19兆4,697億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は7,663億円の売越し、外国公社債
は2,086億円の買越しで6月末の組入公社債の時価総額は30兆4,041億円となっ
ている。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                         
                    証券会社       銀行等      投信会社          合計
1.株式投信           293,838      308,140         3,932       605,911
2.公社債投信          95,438        1,247            27        96,712
3.MMF                 22,388        5,387            40        27,815
合計[1+2+3]          411,665      314,774         4,000       730,440
(シェア:%)           (56.4)       (43.1)         (0.5)       (100.0)


Ⅱ.私募投資信託の資産動向
                                                         
                        設定       解約(償還含む)    純資産計(前月比)
合計(株投+社投)        8,259        7,957             336,447(-9,724)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味
     されますので、本表では一致しません。


Ⅲ.不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                         
                      20年5月(前月比)       20年4月           前年5月
純資産計              38,331(+374)           37,957            33,959
追加出資額               322                     0                634


Ⅳ.マーケット指標(参考)
                   20年6月末(前月比)       20年5月末        前年6月末
日経平均株価(円)    13,481.38(-857.16)     14,338.54        18,138.36
TOPIX(ポイント)      1,320.10(-88.04)       1,408.14         1,774.88
為替(1米$:円)        106.42(+0.67)          105.75           123.26
東証REIT指数         1,395.10(-143.52)      1,538.62         2,298.53
(ポイント)
                        (294回債)            (293回債)      (287回債)
国債利回り(%)            1.61(-0.13)            1.74            1.865



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。
 7月中に設定されるファンド  ・・・ 15本
 設定日が7月中のファンド    ・・・ 45本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2008/fund08073.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-130-

  ◆監査報酬って何?

投資信託の取引を行う際には各種手数料がかかります。手数料は徴収するタイ
ミングによって、「投資信託を購入する際の費用」「保有する際の費用」「売
却する際の費用」の3つに区分けすることができます。今回は、「保有する際
の費用」に区分けされる監査報酬についてご説明いたします。

★保有する際の費用
「投資信託を保有する際の費用」は、投資家が投資信託を保有している期間中
に徴収される費用で、その費用は信託財産から差し引かれますので、投資家が
直接支払う必要はありません。費用が信託財産から差し引かれるということは、
基準価額がその費用分だけ下落することとなります。
「投資信託を保有する際の費用」のうち、代表的なものは信託報酬です。また、
この他にも有価証券売買委託手数料や「監査報酬」という費用が保有している
際に徴収されます。

★何の費用?
監査報酬は、投資信託を監査するために必要な費用のことです。この費用は投
資信託を運用する運用会社を監査するための費用ではなく、あくまで、運用し
ている投資信託の計理が公正に行われているか監査するために要する費用です。
監査は、投資信託ごとに受ける必要があり、監査を受けるために必要な公認会
計士や監査法人に支払う報酬は信託財産から支払われます。投資家が間接的に
この費用を負担していますが、投資信託の計理が正確に行われているのか、第
三者である監査人が監査することにより、投資信託の公正性・透明性の確保に
もつながっています。

投資信託が監査を受けなくてはならないことは、金融商品取引法によって「貸
借対照表、損益計算書その他の財務計算に関する書類で内閣府令で定めるもの
には、その者と特別の利害関係のない公認会計士又は監査法人の監査証明を受
けなければならない。」と規定されており、投資信託が決算を行い、これらの
財務諸表を作成した際には、法律に従い監査人による監査を受けなくてはなり
ません。

★監査報告書は投資家も見られる?
投資信託は、計算期間終了後に、監査を受けなくてはならない財務諸表などが
記載された「有価証券報告書」を作成し、監査を受けた証明として「監査報告
書」を添付したうえで財務局に提出します。この有価証券報告書の提出は金融
商品取引法等に基づいています。
また、投資信託法に基づき、計算期間終了後に運用報告書を作成し、受益者に
交付しますが、運用報告書に記載されている財務諸表も監査を受けた財務諸表
を用います。
(計算期間の違いにより、上記書類の作成のタイミングが異なることもあります。
また、計算期間が1年の投資信託は半期報告書を作成することが求められていま
す。)

有価証券報告書は財務局に提出されますが、金融庁が運営する「EDINET」とい
うサイトに掲載されるので、インターネットを介して投資信託の有価証券報告
書と添付された監査報告書を誰でも閲覧することができます。

★どれくらいのコスト?
運用報告書では、監査報酬の額を独立して記載している場合はあまりありませ
ん。運用報告書には「1万口当たりの費用の明細」という記載項目があります
が、1万口当たりの監査報酬は少額であることから、監査報酬は他の費用に合
算して表示していることが多いようです。

なお、監査報酬の率そのものを販売用資料や目論見書などで開示している投資
信託もあります。例えば、「投資信託財産の純資産総額に対して年0.0084%
(税抜0.008%)の率を乗じて得た額」のような記載がある場合があります。
監査報酬は投資信託を保有している際に徴収される費用ですが、信託報酬など
と比べると、監査報酬はごく小さな額だと言えます。なお、一般的に監査報酬
率は、投資信託の純資産残高が大きくなれば低くなるという傾向があります。



■□■□■------------------------------------------------------------

4.カフェコーナー

  ◆暑さの影響

梅雨がまだ明けていないにも関わらず、真夏のような暑さの、ある日曜日の昼
下がり、用事があって都心まで足を運びました。私も含め、街中を歩く人はみ
な一様に「あつー」というような顔をしています。ここ数年はもっと早い時期
から30度を超えていましたが、今年はそうでもなく過ごし易かっただけに、急
に暑くなると体に堪えます。

ひとつの街で用を済ませ、別の街に行こうとして駅に向かいました。街中の電
光掲示板は気温33度と表示しています。汗をかきながらようやく駅に到着。あ
まりにも暑いので、駅のキオスクで水でも買おうと、キオスクの飲み物類が陳
列されている冷蔵庫の前で、何がいいかなとすこし考えていました。

そこに、この暑い中、スーツを着たサラリーマンのお客がやってきました。汗
を拭きながらキオスクの店員さんにこう言っています。
客  「セブンイレブンください」
店員「はっ?……セブン…スターですか?」
客  「いや、セブンイレブン」
店員「……セブン…?」
客  「(このあたりで言い間違いに気付いたと思われる)あ、すいませんマイル
      ドセブンです」

セブンイレブンは300円では買えん…。サラリーマンのお客は恥ずかしそうに、
無事買えたタバコを手に立ち去り、店員さんは笑いをこらえようと妙な表情で
す。
誰もがぼーっとしちゃうような暑い日の出来事でした。


                                                                  (AS)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料進呈しています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/info/publish.html

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/cgi-bin/framed.cgi?74

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
 形されています。
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可 
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己 
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る