バックナンバー

バックナンバー

No.145 (2007年11月7日発行) >>投資信託のリスクって何?



●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.145         2007/11/7
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆「投信フォーラム2007 高松講演会」開催のお知らせ
  ◆「投資信託おもしろセミナー(長野市)」開催のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-113-
  ◆投資信託のリスクって何?

4.その他
  ◆投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆佐賀 その2



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆「投信フォーラム2007 高松講演会」開催のお知らせ(入場無料)

有力な資産運用のひとつとして期待される投資信託についてご理解いただくた
め、一般の方を対象に講演会を開催いたします。
講演は、著名な経済学者やファイナンシャルプランナーによる、わかりやすく
実践的な内容となっております。

■フォーラムの概要
主  催:(社)投資信託協会
日  時:平成19年12月1日(土) 13時30分~16時10分 (受付:13時)
場  所:香川県県民ホール(JR高松駅より徒歩10分)
講  師:第一部 伊藤 元重氏「日本経済の改革と動向」
        第二部 神戸 孝氏「投資信託を上手に活用『守りながら増やす』
                          これからの資産運用」

お問い合わせ先  TEL 03-5565-5381 (受付時間:平日10時~17時)
               「投信フォーラム2007高松講演会」事務局
詳細は、下記ページをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/info/news071201.html


  ◆「投資信託おもしろセミナー(長野市)」開催のお知らせ(入場無料)

証券投資信託と不動産投信(J-REIT)についての講演や質疑応答を通じて、投資
信託への理解を深めるためのセミナーを長野市で開催いたします。

■セミナーの概要 
主  催:(社)投資信託協会
日  時:平成19年12月8日(土) 13時30分~16時30分 (受付:13時)
場  所:(財)長野県教育会館(私鉄長野線 権堂駅より徒歩10分)
内  容:第一部 講演
         講師:米山 章吾氏(大和証券投資信託委託 商品企画部 上席次長)
               高野 剛氏(パシフィック・インベストメント・アドバイザーズ
                         取締役)
        第二部 質疑応答(ご参加いただいた方々からの質問に講師がお答えし
                        ます。)

申込方法等、詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/info/news07120802.html




■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。
 11月7日以降11月中に設定されるファンド  ・・・  8本
 設定日が11月中のファンド               ・・・ 23本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2007/fund07111.pdf




■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-113-

  ◆投資信託のリスクって何?

前回、金融商品取引法の施行に伴う、投資信託に関連する主な変更点をご紹介
いたしました。金融商品取引法においては、投資家が金融商品のリスクをより
理解できるよう、広告や契約締結前交付書面、販売の際の説明に関して法の整
備がなされています。

★投資信託には元本保証なし
投資信託は元本が保証されている金融商品ではなく、また、将来の利回り(分
配金の額)を約束する金融商品ではありません。運用の状況によっては元本を
割り込み、損失が発生するおそれがある金融商品です。もちろん、利益を得ら
れる場合もありますが、投資信託の購入の際は、損失が発生するおそれがある
ことを十分理解することが必要です。

様々な要因により、投資信託の価格である基準価額は変動します。どのような
要因によって基準価額が変動するのか、言い換えれば、投資信託がどのような
リスクを負っているかについては、各投資信託の目論見書で確認することがで
きます。

★どのようなリスクを負っている?
投資信託は商品ごとに運用の対象や運用の手法が異なりますので、リスクの種
類や大きさも異なりますが、投資信託が負うリスクとして、例えば以下のよう
なものが挙げられます。

・価格変動リスク…投資信託が組み入れている株式などの価格が変動する可能
性のことです。

・為替変動リスク…為替が変動する可能性のことで、外貨建資産に投資する投
資信託は基本的に外貨建資産の通貨と日本円の為替レートが変動することによ
り、基準価額が変動します。ただし、外貨建資産に投資するものの、「為替ヘ
ッジ」を行うことにより、為替変動リスクを小さくしている投資信託もありま
す。

・デフォルトリスク…投資信託が組み入れている債券などの利息や元本の支払
いが遅れたり、滞ってしまったりする可能性のことです。

・金利変動リスク…金利が変動する可能性のことです。債券などの価格と金利
の関係上、金利が変動することにより債券価格も変動し、それによって債券を
組み入れている投資信託の基準価額も変動します。

・流動性リスク…投資信託に組み入れる金融商品を売買する際、その金融商品
の市場規模や取引量が少なく、期待される価格で取引が行えない可能性のこと
です。

・特殊な運用手法に関するリスク…特殊な運用手法を用いる投資信託において、
その特殊な運用手法を用いることによって期待される投資成果が、市場動向な
どの影響により、得られない可能性のことです。

・一部解約による資金流出に伴うリスク…投資家から大量の解約の申し出があ
った場合、解約代金を捻出するため、保有資産を意図しないタイミングで売却
しなくてはならなかったり、取引量の増大により売買委託手数料がかさんだり
する場合があります。このことにより、基準価額が影響を受ける可能性のこと
です。

(上記のリスクはあくまで例示であり、投資信託がどのようなリスクを負うか
については投資信託ごとに違いがあります。)

★リスクと付き合う
投資信託が負うリスクの情報は、どのような要因によって投資信託の基準価額
などが影響を受けるのかを示す重要なものです。投資信託を購入する際は、そ
の投資信託がどのようなリスクを負っているのか、目論見書などで確認するこ
とが大切です。

投資信託はリスクのある金融商品ですが、取引の仕方によってそのリスクを小
さくすることもできると考えられています。例えば、「購入する時期を分散す
ること」はその一手法です。
詳しくは下記ページ(投資信託教室)をご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/start/practice/practice01.html



■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他
  ◆投資信託概況の発表日

投資信託協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。
10月分の発表日は11月13日(火)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日14時30分頃の予定です。



■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

  ◆佐賀 その2

前回のカフェコーナーでは佐賀県に転勤した時のことを書いたが、今回は佐賀
県について学んだことを書いてみようと思う。

佐賀県の面積は福岡県の半分。鹿児島県とは四分の一弱で人口は九州七県で唯
一百万人に満たない県である。そのため過去、県外で活躍する人が多いらしい。
今でも崇められている佐賀の七賢人を紹介したい。
1.藩主鍋島直正(藩の近代化に力を注ぎ、反射炉を築造して洋式大砲を製造
した)2.大隈重信(内閣総理大臣を2度務め、早稲田大学の創設者)3.江
藤新平(初代司法卿、近代司法制度の生みの親)4.大木喬任(東京府知事を
務めた。文部卿、司法卿を歴任し、教育や法典の編さんに貢献)5.島 義勇
(蝦夷開拓使として札幌市街を建設、北海道開拓の基礎を築く)6.副島種臣
(明治政府の外務卿、内務大臣を歴任。能書家としても著名)7.佐野常民
(西南戦争のとき、日本赤十字社の前身である博愛社を設立。日本赤十字社の
父と呼ばれる)

また、話題を変えると、佐賀と皇室とは非常に関係が深い。皇后陛下のお母さ
ん、正田富美さんの実家は佐賀の多久。雅子さんの曽祖父は佐賀市北川副町で
海軍中将をしていた江頭安太郎さんです。小和田さんは、雅子さんの実家です
が、雅子さんのお母さんの小和田優美子さんの父親、雅子さんからすればお祖
父さんですが、この江頭中将の三男です。皇室に民間の血が入ったと言うのは
文字通り今の皇后陛下と雅子さんですが、両方佐賀にゆかりがあるということ
です。

佐賀県は、北は玄界灘、南は有明海で魚介類が豊富。佐賀平野はお米の産地。
嬉野茶は五百五十年の歴史がある。県民の方は性格がおだやかで争いごとが余
りなく、非常に過ごし易い土地だ。
観光名所としては、吉野ヶ里歴史公園、三大稲荷の一つである祐徳稲荷、唐津
の祭り(唐津くんち)、虹の松原、呼子のいか、有田の陶器市、嬉野温泉、等
々。
もう一度訪れてみたい。

(参考資料)ブランチ佐賀さかえ会会報第185号 稲田繁生「佐賀の女性」


                                                                (S・N)




=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」と「不動産投資法人ガイド」を作成
  しています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/info/publish.html

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/cgi-bin/framed.cgi?74

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
 形されています。
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可 
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己 
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   総務部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る