バックナンバー

バックナンバー

No.140 (2007年8月15日発行) >>債券の格付って何?


●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.140         2007/8/15
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆「不動産投信NEWS」8月号の公表
  ◆投資信託の市場動向(7月中)

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-108-
  ◆債券の格付って何?

4.カフェコーナー
  ◆祭りの日



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆「不動産投信NEWS」8月号の公表

当協会では、不動産投信のより一層の普及のため、不動産投信に係る主な動き
等をとりまとめた「不動産投信NEWS」8月号を公表しました。
なお、公表内容等は7月中の動向です。

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/info/fudousan_news.html


  ◆投資信託の市場動向(7月中)

全体の概況
19年7月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比2兆9,846億円減少し
て78兆9,921億円となった。このうち、株式投信は前月比2兆6,791億円減少(う
ち、運用減2兆7,590億円)して65兆2,328億円、MMFを除く公社債投信は前月比
3,350億円減少して10兆8,396億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月
比2兆1,075億円減少して32兆857億円、銀行等経由の残高は5,642億円減少して
32兆6,922億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比204億円増加して36兆5,042億円となった。


Ⅰ.公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                        
                  設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
1.株式投信      33,907          33,108              652,329(-26,791)
2.公社債投信    53,218          56,560              108,396(-3,350) 
3.MMF            2,056           1,760               29,196(+295)
合計[1+2+3]     89,182          91,430              789,921(-29,846)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。

(2)運用状況
7月中の株式運用について、国内株式は1,080億円の売越し、外国株式は5,502
億円の買越しで7月末の組入株式の時価総額は24兆6,248億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は7,990億円の売越し、外国公社債
は1,341億円の買越しで7月末の組入公社債の時価総額は29兆3,331億円となっ
ている。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                        
                  証券会社       銀行等      投信会社         合計
1.株式投信         320,857      326,922         4,548      652,328
2.公社債投信       106,591        1,750            55      108,396
3.MMF                3,797        5,358            40       29,196
合計[1+2+3]        451,246      334,030         4,644      789,921
(シェア:%)          (57.1)       (42.3)         (0.6)      (100.0)


Ⅱ.私募投資信託の資産動向
                                                        
                       設定       解約(償還含む)   純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      15,045       6,352              365,042(+204)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味
     されますので、本表では一致しません。


Ⅲ.不動産投信(J-REIT)の資産動向

                                                        
                19年6月(前月比)       19年5月              前年6月
純資産計        34,583(+624)           33,959               26,033
追加出資額         649                    634                  287


Ⅳ.マーケット指標(参考)
                     19年7月末(前月比)    19年6月末       前年7月末
日経平均株価(円)     17,248.89(-889.47)   18,138.36       15,456.81
TOPIX(ポイント)       1,706.18(-68.7)      1,774.88        1,572.01
為替(1米$:円)          118.94(-4.32)        123.26          114.61
東証REIT指数          2,099.38(-199.15)    2,298.53        1,622.49
(ポイント)
                         (286回債)        (286回債)        (281回債)
国債利回り(%)          1.79(-0.075)          1.865            1.915



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。
<株投単位型>8月15日以降8月中に設定されるファンド  ・・・  6本
<株投追加型>設定日が8月中のファンド               ・・・ 29本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2007/fund07082.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-108-

  ◆債券の格付って何?

今回は債券の格付についてご説明いたします。

★債券って?
「債券」とは、企業や国、地方公共団体等が資金を調達するために発行する有
価証券のことで、発行体に応じて「社債」や「国債」「地方債」等と呼ばれま
す。債券は発行時にあらかじめ満期日や利率等の条件を投資家に提示します。
株式と債券を比較すると、株式には満期がなく、将来の配当金がいくらになる
かわかりませんが、一般的な債券には満期があり、将来受け取る利息も確定的
に示されます。

★債券の格付
債券は満期日や利率等の条件を提示して投資家に発行されますが、提示した条
件が何らかの要因で守られず、投資家に対して利息や元金が条件通り支払われ
ない場合もあります。発行時に提示した条件が守られず、債務が不履行となる
ことをデフォルトと言います。

個別の債券が、どの程度デフォルトに陥る可能性があるのか投資家がわからな
いと、債券自体への信用がなくなってしまい、企業は適切な資金調達ができな
くなってしまいます。そのため、格付機関(格付会社)と呼ばれる企業が、債券
の信用力を判断し、投資家に提供するサービスを行っています。

ムーディーズやスタンダード&プアーズ(以下S&P)といった企業が世界的に有名
な格付機関です。格付機関は、債券を発行する会社自体の経営の健全性等も分
析し、発行する債券に係る債務が条件通り履行される可能性を判断します。例
えばS&Pは債券の信用力の大きな順に「AAA,AA,A,BBB,BB…」で表示される格付
を行います。

★投資信託との関連
債券には原則、他の条件が同じであれば、格付が高ければ利率が低く、格付が
低ければ利率が高いという関係があります。格付が高いということは客観的に
見て、債券の信用力が高いということであり、利率が低くても資金を集めるこ
とができますが、格付が低く、信用力が低ければ、利率を高くしないと資金を
集めることができないためです。

債券に対して投資する投資信託の場合、どのような格付の債券に対して投資す
るのか、目論見書等で明示している場合もあります。例えば「投資適格債」と
呼ばれる、「BBB」(S&Pの表記)以上の格付を得ている債券にのみ投資をする投
資信託や、逆に「BB」以下の格付の「高利回り債(ハイイールドボンド)」中心
に投資する投資信託もあります。

債券の格付と利率の関係性から、投資適格債中心に投資する投資信託は、債券
に主に投資する投資信託の中ではローリスクローリターンであることが予想さ
れ、また、高利回り債中心に投資する投資信託は、債券に主に投資する投資信
託の中ではハイリスクハイリターンであることが予想されます。ただし、外国
債券に投資する場合は為替の変動の影響を受けますので、注意が必要です。例
えば投資信託が組入れた、高格付の外国債券が順調に利息を生んでいたとして
も、為替の変動により基準価額が下落するということもおこり得ます。

なお、高い安全性が求められるMRFやMMFといった投資信託(他の投資信託と同様、
元本保証はありません)においては、投資信託協会の規則において、一定以上の
高い格付を得た債券でなければ投資できないことを定めています。(格付以外に
も安全性を確保するための諸規定があります)



■□■□■------------------------------------------------------------

4.カフェコーナー

  ◆祭りの日

近所で久しぶりに花火大会が開かれた。久しぶりというのは市の合併で、そ
れぞれの市で行われていた花火大会も統合され、ここ数年は遠くの会場で行
われていた花火大会が、今年から再び元の会場で行われるようになったから
だ。

前回、近所で花火大会が行われたのは数年前、私がまだ学生だった時だ。ベラ
ンダ(と呼べない物干し竿を置くだけの出っ張り)に出れば結構いい位置で花火
を見ることができたが、前回の花火大会の日は学校の課題を何とか明日までに
終わらせようと、ずっと机に向かっていた。

花火が始まる前は、この課題をなんとか完成させようという強い思いがあり、
かなり気合を入れて机に向かっていたが、花火がそろそろ始まる時間になると、
アパートが面している通りが賑やかになって、なぜだか徐々に気合が失せてく
る。

花火が始まると、花火の音がどうやっても耳に残り、なおかつ安アパートなも
のだから、アパート全体が花火の音で振動する。机に向かいながらも、窓から
見える花火を多少横目に見つつ、こんな大量の課題が明日までに終わるのだろ
うかというあせりと、そしてまあ祭りの日だし、多少休んでも…という気持ち
になってくる。

花火なんて見ている暇がないのは確かだが、花火の音、外を歩く人達の話し声、
子供たちのはしゃぎ声が嫌でも耳に入り、町が祭りの日独特の雰囲気になって
いるのを感じると、やる気がそがれる、というよりは、私は何をやっているん
だろうか、という気分になってくる。

学校の図書館で課題をやっていればよかったな、と思いながら、それでも祭り
の日だからまあいいやという気持ちが勝ってしまい、電気を消して花火を見な
がら、普段飲みもしないビールを飲んでしまった…。なんとかなるよと言うこ
とで。

約12時間後、目の下にくまを作りつつ、学校に向かいました。まあ、なんとか
なったような気がします(自分では)。興味がないのを装っていても、祭りの空
気に抗するのはなかなか難しい…。

                                                                 (AS)




=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」と「不動産投資法人ガイド」を作成
  しています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/info/publish.html

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/cgi-bin/framed.cgi?74

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
 形されています。
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可 
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己 
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   総務部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る