バックナンバー

バックナンバー

No.118 (2006年9月20日発行) >>「運用の外部委託」って何?



●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.118         2006/9/20
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆「投信TVフォーラム」開催のお知らせ
  ◆証券知識普及プロジェクトによるイベントの開催のお知らせ
  ◆「不動産投信 NEWS」9月号の公表
  ◆投資信託の市場動向(8月中)

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-86-
  ◆「運用の外部委託」って何?

4.カフェコーナー
  ◆憧れと現実



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆「投信TVフォーラム」(東京)開催のお知らせ(入場無料)

当協会では、資産運用のあり方と投資信託について理解を深めていただくため
のイベントを開催します。このフォーラムの模様は、後日テレビ番組として放
映する予定です。(千葉テレビ、テレビ神奈川、テレビ埼玉、日経CNBC  
「投資信託スペシャル・これから始める資産運用」)
この機会に、資産運用の一つとして投資信託の活用方法を学んでみませんか。

日 時 平成18年10月14日(土)午後2時30分~午後4時40分
会 場 銀座ブロッサム中央会館ホール
定 員 600名
   (ただし、参加には事前申し込みが必要です。なお、定員になり次第締
    め切りとさせていただきます。)

★申し込み方法等詳しい内容については、ホームページをご覧下さい。
http://www.toushin.or.jp/info/news06090601.html


  ◆証券知識普及プロジェクトによるイベントの開催のお知らせ(入場無料)

<主催>証券知識普及プロジェクト
   (日本証券業協会、東京証券取引所、ジャスダック証券取引所、
    各地証券取引所、投資信託協会などで構成)

証券知識普及プロジェクトでは、10月4日(トーシ)を「証券投資の日」とし 
て、9月30日~10月29日の間に、全国10地区24会場において記念イベントを開
催いたします。

イベント内容や参加方法など詳しくは、下記URL(「e-104.net」イートー 
シネット)をご覧下さい。
イートーシネットのURL http://www.e-104.net


  ◆「不動産投信NEWS」9月号の公表

当協会では、不動産投信のより一層の普及のため、不動産投信に係る主な動き
等をとりまとめた「不動産投信NEWS」9月号を公表しました。
なお、公表内容等は8月中の動向です。

詳しくは下記アドレスをご覧下さい。
http://www.toushin.or.jp/info/fudousan_news.html


  ◆投資信託の市場動向(8月中)

全体の概況
平成18年8月末の契約型公募証券投資信託の純資産残高は前月比2兆8,653億円 
増加して61兆5,183億円となった。そのうち、株式投信の純資産残高は前月比2
兆4,252億円増加(うち、運用増1兆6,481億円)して48兆9,259億円。MMFを除く 
公社債投信の純資産残高は前月比4,232億円増加して9兆8,835億円となった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信残高は前月比1 
兆1,597億円増加して23兆8,131億円(シェア48.7%)となった。銀行等経由の契
約型公募株式投信の残高は1兆2,473億円増加して24兆7,166億円(シェア50.5  
%)となった。
契約型私募投信の純資産残高は前月比1兆1,096億円増加して29兆8,555億円と 
なった。


Ⅰ.契約型公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                            <単位:億円>
           設定    解約(償還含む)    純資産計(前月比)
1.株式投信    18,465     10,694      489,259(+24,252)
2.公社債投信   44,565     40,355      98,835(+4,232) 
3.MMF       1,278      1,110      27,088(+168)
合計[1+2+3]  64,309     52,160      615,183(+28,653)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約のほか運用増減が加味され
    ます。

(2)運用状況
株式投信にかかる8月中の株式運用は国内株式について対市場で1,919億円買越
し、外国株式は828億円の買越しであった。
証券公募投資信託全体における組入れ株式は前月比8,935億円増加して19兆6, 
900億円、同組入れ公社債は前月比1兆1,243億円増加して26兆9,978億円であっ
た。

                             <単位:%>
           株式      公社債     余資その他有価証券
1.株式投信     40.2       39.8         3.9
2.公社債投信    ―       64.7        34.8
3.MMF        ―       41.3        60.2
合計[1+2+3]  32.0       43.9        11.3


●株式の売買状況(国内外合算) 2,748億円の買越。


(3)主体別残高状況(契約型公募証券投資信託)
                            <単位:億円>
          証券会社    銀行等   投信会社    合計
1.株式投信    238,131   247,166    3,961    489,259
2.公社債投信    96,422    2,356      55    98,835
3.MMF       22,073    4,968      46    27,088
合計[1+2+3]  356,627   254,492    4,063    615,183
   (前月比) (+16,085) (+12,387)   (+182)  (+28,653)

(保有割合:%)   (58.0)   (41.3)   (0.7)   (100.0)


Ⅱ.契約型私募投資信託の資産動向
                            <単位:億円>
           設定    解約(償還含む)   純資産計(前月比)
合計(株投+社投)  9,382      6,511     298,555(+11,096)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約のほか運用増減が加味され
    ます。



Ⅲ.不動産投信(J-REIT)の資産動向

        18年7月(前月比)     18年6月     前年7月
純資産計   26,167億円(+135億円)  26,032億円    17,011億円
追加出資額    115億円          287億円     1,234億円



Ⅳ.マーケット指標(参考)
          18年8月末(前月比)   18年7月末   前年8月末
日経平均株価(円) 16,140.76(+683.95)   15,456.81   12,413.60
TOPIX(ポイント)  1,634.46(+62.45)    1,572.01    1,271.29
為替(1米$:円)  117.36(+2.75)      114.61     110.62
東証REIT指数    1,666.90(+44.41)    1,622.49    1,575.91
(ポイント)
            (282回債)    (281回債)   (273回債)
国債利回り(%)   1.62(▲0.295)     1.915      1.335



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。

<株投単位型>9月20日以降9月中に設定されるファンド・・・     17本
<株投追加型>設定日が9月中のファンド       ・・・     26本

詳しくは下記アドレスをご覧下さい。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2006/fund06092.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-86-

今回は「運用の外部委託って何?」にお答えいたします。

★運用会社の役割
日本の投資信託は受益者、委託者、受託者の三者からなる、契約型と呼ばれる
商品の仕組みが主流です。受益者とは投資家のことで、委託者は実際に信託財
産の運用を担当する運用会社、受託者は信託財産を管理する信託銀行がその役
割を担っています。

投資信託は投資家から資金を集め、一つの大きな資金にして、専門家が運用を
行い、その運用の結果の果実を受益者に分配することが目的です。このことか
ら、投資信託の仕組みにおいて、運用を担当する運用会社の役割は非常に大き
なものといえます。

★外部委託の規定
運用会社は受益者のため、忠実に運用を行わなければなりませんが、その運用
を外部に委託することも可能です。このことを「運用の外部委託」と呼びます。
運用の外部委託を行うということは、運用の指図に関する権限を外部に委託す
ることなので、外部委託先が投資先銘柄等の選定や、証券の売買発注を行いま
す。

運用の外部委託は、1998年12月施行の投資信託法の改正で、投資信託法第17条
に規定されたことにより可能となりました。この規定は、運用の外部委託先は
外国の会社も含め、投資信託委託業者や投資顧問業者等であることを求め、ま
た、運用会社が運用する、全ての投資信託の指図の権限の全部を委託してはな
らないと定めています。

★どんな場合に外部に委託する?その特徴は?
一般的に運用の外部委託は、海外の有価証券に投資する場合に用いられること
が多いようです。例えば、外国証券を組み入れる投資信託を運用する場合、外
国証券の運用にあたる指図に関する権限を、その外国証券市場に精通している
海外の投資信託委託業者・投資顧問業者に委託するといったケースが典型的と 
言えます。特定の市場等に関して、専門的な知識やノウハウを持つ外部の投資
顧問業者等に運用を委託することで、より効率的な投資信託の運用を目指しま
すが、運用会社は外部委託先に相応の報酬を支払います。

また、運用会社は外部の投資顧問業者等にアドバイスを受け、運用に生かす  
「投資助言」を活用することができますが、投資助言はあくまで助言であり、
投資助言を行うアドバイザーは運用の指図自体を行うわけではありません。外
部委託は投資助言と比べ、外部委託先が機動的に投資判断をし、実行できると
いう特徴があると言えます。

★外部委託先の責任は?
運用会社は受益者に対して忠実に、かつ善良な管理者の注意をもって信託財産
の運用を行わなければならないと投資信託法に規定されていますが、外部委託
先も同じ規定が適用され、受益者に対する責任があります。しかし、運用会社
が投資信託受益権を設定しますので、運用会社は投資信託全般にかかわる責任
を持ち、外部委託先が適切な運用を行っているのかチェックする必要があると
されています。



■□■□■------------------------------------------------------------

4.カフェコーナー

  ◆憧れと現実

5年程前、とある喫茶店でオレンジジュースを注文し、出されたオレンジジュ
ースにえらく感動した。もともと果汁100%のジュースが好きで、1リットル入 
りのパックを週に数本買い込んでいたが、その喫茶店で出されたものは今まで
飲んだ中で最高の一杯と言えるものだった。感動した私は、それがどのように
して作られているのか興味がわき、厨房に視線を移すと、そこには銀色に輝く
手動式のフレッシュジューサーがあった。

喫茶店のマスター(と思われる人)はジュースの注文の度にオレンジを切り、そ
のジューサーでジュースを絞り出していた。ジューサーは単純な構造だが、そ
れゆえに醸し出される機能美があり、ジュース好きの私はこのジューサーを使
って自宅で絞りたてを飲みたいと考えるに至った。

ジューサーを求め、いくつかの店を覗いてみたが手動のジューサーを売ってい
る店自体があまりなく、何件か回って見つけたものは3万円位する外国製のも 
のだった。当時学生の私はそんな価格の代物を買えるはずもなく、なんとか安
く済まそうとインターネットを使って探したが、オンラインの店でも1万円以 
上はしてしまう。最後の望みを賭け、インターネットのオークションで検索す
ると、すんなりと手頃なものが見つかった。そのジューサーはほとんど新品状
態に見えたので、4千円くらいまでならと思い入札してみた。あまりこの商品 
の人気がないのか、そのまま落札でき、数日後無事に商品が届いた。

このジューサーの仕組みは単純なものだ。オレンジジュースを作る場合は、オ
レンジを半分に切り、その半分に切ったオレンジを突起した受け皿の上に置く。
レバーを下に倒すと、そのレバーと連結しているじょうろのような形状のもの
が、受け皿の上にあるオレンジを上から押して、力が加えられたオレンジから
果汁が絞り出されるというものである。喫茶店で使っていたものと同じ仕組み
だが、家庭用なので大きさは大分小さい。それでも道具としての美しさが十分
感じられるモノだった。

早速スーパーでオレンジを買ってきてジュースを絞ってみたが、やはり絞りた
ては味の濃厚さや香りが市販のものとはまるで違う。これはいいものを買った
と、いろんな種類のオレンジやグレープフルーツを買ってきて、絞りたてのジ
ュースを堪能した。…数日は。

意外にジュース1杯作るための材料費が高くつくこと、そして後片付けの面倒 
さのせいで徐々に使用頻度は減っていき、今では最近いつ使ったかも覚えてい
ない。5年程前だったかな…。
                                 (AS)



■□■□■------------------------------------------------------------

=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」と「不動産投資法人ガイド」を作成
  しています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/info/publish.html

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。
 
   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/cgi-bin/framed.cgi?74

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可 
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己 
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   総務部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===


バックナンバー一覧へ戻る