バックナンバー

バックナンバー

No.115 (2006年8月2日発行) >>私募投資信託って何?



●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.115         2006/8/2
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆「環境と金融に関するシンポジウム」開催のお知らせ
  ◆投資信託のガイドができました!

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-83-
  ◆私募投資信託って何?

4.その他
  ◆投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆飛んでいけ



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆証券知識普及プロジェクトによる「環境と金融に関するシンポジウム」
   開催のお知らせ(入場無料)

開催日時:平成18年8月7日(月)13:30~16:00
開催場所:経団連ホール
     (東京都千代田区大手町1-9-4 経団連会館14階)
主催者等:主催  証券知識普及プロジェクト(※)
          共催  環境省、全国銀行協会
          後援  金融庁 

クールビズやエコドライブ、マイバッグ持参といった日常生活における環境保
全の取組が広がりつつあり、今後、さらにお金の流れを意識することによる投
資活動や預金を通じた環境保全の取組が期待されます。環境省では、金融関係
者、有識者等をメンバーとする「環境と金融に関する懇談会」を開催し、先般、
社会的責任投資(SRI)や環境配慮型融資の推進方策などについての提言を
とりまとめ、公表しました。

このようなことを背景に、証券知識普及プロジェクトでは、環境省、全国銀行
協会の共催、金融庁の後援のもと、環境等に配慮した「お金」の流れを拡大す
るため個人投資家の皆様や上場企業の関係者等を対象に「環境と金融に関する
シンポジウム」を開催します。 
この機会に是非ご参加ください。

※「証券知識普及プロジェクト」とは、日本証券業協会、東京証券取引所、投
資信託協会、ジャスダック証券取引所などが共同して運営する「証券知識の普
及啓発活動」をいいます。

■開催要領は下記アドレスに掲載されております。
http://www.toushin.or.jp/info/news060725.pdf
■参加ご希望の場合は、原則事前申込みとなっておりますので、下記アドレス
からお申し込みください。
http://www.e-104.net/seminar.php#EVENT 


  ◆投資信託のガイドができました!

2006年版の「投資信託ガイド」と「不動産投資法人ガイド」ができました。
昨年版からデザインを一新する等工夫された内容となっています。ご希望の方
は、下記アドレスよりご請求ください。(各1冊無料)

投資信託協会ホームページ(ガイド申し込みページ)
http://www.toushin.or.jp/info/publish.html



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。
<株投単位型>8月2日以降8月中に設定されるファンド ・・・  4本
<株投追加型>設定日が8月中のファンド             ・・・  4本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2006/fund06081.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-83-

今回は、「私募投資信託って何?」についてご回答いたします。

★「公募」と「私募」とは?
投資信託の取得申し込みの勧誘の方法には「公募」によるものと「私募」によ
るものがあります。公募とは不特定多数の者を対象に勧誘を行うこと、私募と
は適格機関投資家(証取法第2条第3項第1号に規定されています)、もしくは50
人未満の少人数を対象として勧誘を行うことを言います。適格機関投資家を対
象とした私募を「適格機関投資家私募」と、50人未満の少人数を対象とした私
募を「一般投資家私募」と言います。

噛み砕いて言えば、公募は広く一般の投資家を対象とし、私募は限られた投資
家を対象として勧誘します。この勧誘の方法の違いによって投資信託を区分す
る際に「公募投資信託」「私募投資信託」という用語が使われます。

★私募投資信託が設定できるようになったのは?
1951年に施行された証券投資信託法では、投資信託の定義の一つとして「~受
益権を分割して不特定かつ多数の者に取得させることを目的とするものをい
う。」を挙げていました。1998年に施行された改正投資信託法では、対応する
箇所が「~受益権を分割して複数の者に取得させることを目的とするものをい
う。」と改正され、投資信託の受益者は「不特定かつ多数の者」から「複数の
者」と変更されました。

証券投資信託法では、私募の概念がありませんでしたが、法律の改正が行われ
たことによって私募投資信託を組成できるようになりました。現行の投資信託
法及び投資信託法施行令では「公募投資信託」と「私募投資信託」の明確な区
分けが規定されています。

★私募投資信託の特徴は?
不特定多数の投資家を対象とする公募投資信託とは違い、私募投資信託は機関
投資家や大口投資家等の限られた投資家を対象にしていることから、投資に関
する知識や経験が豊富な投資家が受益者であると考えられます。このことから、
私募投資信託は公募投資信託と比べると運用・ディスクロージャー等の規定が
緩やかな部分があります。

例えば、公募投資信託はデリバディブ取引で生じた損失額が純資産額の50%
未満であることを求められますが、私募投資信託はこの制限を受けません。

また、公募では投資家への目論見書の交付義務が課せられていますが、私募
は目論見書の交付義務がなく、適格機関投資家私募であって約款に運用報告
書を交付しない旨を記載している場合は運用報告書交付の義務もありません。
(ディスクロージャーに関しては、公募に比べ私募の方が受益者が限定され
ているために商品の説明や運用状況の報告が行いやすく、また受益者も運用
会社や販売会社から必要な情報を直接入手しうる立場にあると考えられてい
るためです。)

★私募投資信託の現状は?
1998年から設定が認められるようになった私募投資信託は、登場以来一貫し
て純資産残高を増やしています。1999年末の純資産残高は1兆5,440億円でし
たが直近の2006年6月末は28兆3,002億円にまで増加しています。2002年末と
2006年6月末の純資産残高を比較すると、公募投資信託は約1.7倍、私募投資
信託は約3.8倍の伸びを示しました。私募投資信託の伸びは、私募投資信託
の歴史が浅いことも理由に挙げられますが、それでも大きな伸びだと言える
でしょう。

次回は「私募投資信託が伸びている背景って何?」にお答えします。



■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他
  ◆投資信託概況の発表日

投資信託協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。
7月分の発表日は8月11日(金)を予定しております。なお、ホームページへ
の記事掲載は同日14時30分頃の予定です。



■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

  ◆飛んでいけ

7月も半ばを過ぎたある土曜日、暑いから外には出ないと決め込んでいた私は、
部屋のどこからか妙な音が聞こえてくるのに気づいた。「ジッジッ」という音
と何か小さなものが金属にぶつかる音だ。その音は台所のレンジフードの中か
ら聞こえるような気がした。

部屋から妙な音が聞こえてくると、虫嫌いな私はすぐさま虫が侵入してきたの
ではと考える。今回も恐る恐る妙な音がするレンジフードの下に向かった。や
はり妙な音はここから聞こえる。レンジフードの中で何かが動き回ってぶつか
りレンジフードが振動しているのが見える。

ここで私は虫の存在を確信し絶望した。虫嫌いな私が最も嫌いな○○○○(文
字を見るのも嫌なので伏字にします)ではないかと考えたのだ。おそらく外側
から換気扇の隙間に侵入し、レンジフードの内側にいるのだろう。レンジフー
ドから出てくるなと念じながら、殺虫剤を握り締め噴射しようとしたが、そこ
で虫がやはり「ジッジッ」と鳴いていることに気づいた。

「○○○○じゃなくてもしかして蝉か?」と考えた。だが蝉だろうがこのレ
ンジフードを開けてしまえば部屋に入ってくることは避けられない。殺虫剤
を使ってこの場で…と考えたが、蝉に向かって殺虫剤を使うことはなんとな
く忍びなく、意を決してレンジフードのフィルターを外した。(すぐさまダ
ッシュで逃げられる体勢で)

フィルターを外したら黒っぽい物体ががさりとガスコンロの上に落ちてきた。
やはり蝉だった。仰向けになって蝉はまったく動かない。すでに死んでる…?
と思い近づいたとき「ジジッ」と鳴いて私の方に飛んできた。反復横とびの
要領で、寸でのところで蝉の攻撃を交わしたが、蝉は慌てふためく私をあざ
笑うかのように天井近くの壁にくっつき蝉らしく鳴き始めた。

部屋で聞く蝉の声もまた風流ですね、なんて思うはずもなく、とにかくうる
さい。部屋の中なので反響していることもうるささの原因だと思うが、蝉っ
てこんなに大きな声で鳴くんだなとこの年になって気づく。そんなことを考
えながら、さてあんな高い位置にいる蝉をどうしようかと思い部屋を見渡す
と、先程使おうかとしていた殺虫剤が目に留まる。だが、やはり蝉に対して
使うのは人道上問題があると判断し、椅子を持ってきて手で捕まえることに
した。

鳴き止んだところで覚悟を決めて蝉をがしっと掴んだ。硬く且つ柔らかい妙
な感触と、時折「ジジッ」と鳴くその振動が指の先から伝わってくる。手を
広げたい誘惑に駆られながら、ここで断念しては同じことの繰り返しと、窓
まで全速力で駆け、窓から放り投げた。

蝉は何事もなかったように飛んでいった。手の中に残った妙な感触を感じな
がら、飛んでいく蝉を見て「殺虫剤使わなくて良かった」と一人満足げな私
でした。
                                                                (AS)



■□■□■------------------------------------------------------------

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。
 
   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/cgi-bin/framed.cgi?74

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可 
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己 
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   総務部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===


バックナンバー一覧へ戻る