バックナンバー

バックナンバー

No.99 (2005年12月7日発行) >>不動産投信にはどんな種類があるの



●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.99         2005/12/7
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●


1.募集中ファンド


2.投資信託に関するQ&A集-67-
  ◆不動産投信にはどんな種類があるの?

3.その他
  ◆投資信託概況の発表日

4.カフェコーナー
  ◆友人が家を建てた



■□■□■------------------------------------------------------------

1.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型>12月7日以降12月中に設定されるファンド      ・・・  8本
<株投追加型>設定日が12月中のファンド                   ・・・ 13本
<社投単位型>12月7日以降12月中に設定されるファンド      ・・・  2本
<委託者非指図型>12月7日以降12月中に設定されるファンド  ・・・  2本


詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2005/fund05121.pdf


■□■□■------------------------------------------------------------

2.投資信託に関するQ&A集-67-

今回は、「不動産投信にはどんな種類があるの」についてご回答いたします。

★不動産投信とは
不動産投信とは、投資家から集めた資金を不動産等に投資して、賃料等の収益
を分配することを目的とする投資信託のことです。米国の不動産投信がREIT
(Real Estate Investment Trust)と呼ばれていることから、J-REITと呼ばれ
ています。

不動産投信は、2000年に施行された改正投信法において、投資対象が不動産等
の資産に拡大されたことで組成できるようになりました。第一号の不動産投信
は、2001年の9月に東京証券取引所に上場しました。

2005年11月末現在、東京証券取引所などの取引所に28本の不動産投信が上場さ
れています。

★どんな不動産に投資しているの
不動産投信が投資している不動産には、オフィスビル、商業施設、ホテル、住
宅、物流施設などがあります。オフィスビルや商業施設等に特化した運用をす
るファンドや複数の用途の不動産に分散して運用するファンドがあります。

★オフィスビルにはどれくらい投資しているの?
オフィスビルは、不動産市場の中で最も規模が大きく相対的に流動性が高い資
産です。一方で、オフィスビル需要は景気動向の影響を受けやすく、貸借契約
の更新も2年程度の場合が多いことなどから、収益変動性は比較的高いと言わ
れています。

不動産投信全体として、オフィス用途の不動産にどれだけ投資しているかを見
ると、物件数は295件、延テナント数は3,697、開示評価額は1兆9,723億円とな
っています(2005年10月末時点。以下のデータも同様)。

★商業施設にはどれくらい投資しているの?
不動産投信の投資対象となる商業施設には、イオンやイトーヨーカ堂などの郊
外型のショッピングセンターや都市型の商業店舗ビルなどがあります。

一般に、商業施設は、長期の賃貸借契約が結び易いと言われており、その場合、
長期的に安定したキャッシュフローが期待できます。一方で、商業店舗ビルな
どでは「最低賃料+売上の○%」といった歩合賃料の場合もあります。この場
合、いかに店舗の入替えを効果的に行って魅力的な店舗を集められるかが重要
になります。

不動産投信全体で投資している商業施設を用途とする不動産は、物件数は81件、
延テナント数は857、開示評価額は7,323億円となっています。

★住宅にはどれくらい投資しているの?
不動産投信は、賃貸マンションなどにも投資を行っています。最近は、デベロ
ッパーによる賃貸住宅の開発が増えてきたことから、投資対象としての環境が
整ってきました。

一般に、賃貸住宅の賃料は、オフィスビルなどと比べて経済情勢等の影響を受
けにくく安定性が高い一方で、他の用途の不動産と比べて収益性は相対的に低
いと言われています。

不動産投信全体で投資している住宅を用途とする不動産は、物件数は350件、
延テナント数は14,228、開示評価額は5,096億円となっています。


次回は、「物価連動国債って何」についてご回答いたします。



■□■□■------------------------------------------------------------

3.その他
  ◆投資信託概況の発表日

投資信託協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。
11月分の発表日は12月13日(火)を予定しております。なお、ホームページへ
の記事掲載は同日14時30分頃の予定です。


■□■□■------------------------------------------------------------

4.カフェコーナー

  ◆友人が家を建てた

皆さんテレビの特集等で「片付けられない人」達についてご覧になったことが
あるんじゃないでしょうか。リポーターが部屋に入るなりうず高く積まれたゴ
ミ袋。足の踏み場もなくそろそろとゴミを除けながら潜入していくと冷蔵庫に
賞味期限を年単位で超えた食料品、キッチンには汚れきった食器類。とまあ大
体こんな感じの番組構成になっていると思いますが私の友人もまさにこれを地
でいく部屋に住んでいました(というか自分でそうしたんですけど・・・)。

私が部屋を探すために上京する際「あっ俺そういえば今度部屋探しに東京へ行
くんだよね。」とその友人に告げると二つ返事で「俺の部屋泊っていいよ」と
の返事が。その時は帰郷して東京にはいないので勝手に部屋を使っていいとの
こと。「それじゃあ鍵はどうすればいい?どこかに隠してあるのかな??」と
いう私の問いかけに「えっ、鍵なんかかけてないよ。住所だけ教えるから勝手
に使っといて。」と無用心極まりない回答が。そこから変だとは思ったのです
が、やはり予感は的中でした。鍵は・・・やはりかかっておらず開けるや新聞
紙の山、というより壁。日付は一年前のものも容易に確認できるのでゆうに数
年分はありそう。部屋中コンビニ袋(もちろん中には食べた後の弁当等のゴミ)
が敷き詰められ8畳ほどのワンルームで生活スペースは万年床の畳1畳分程度と
いったところ。私は修行が足りなかったため耐えきれずホテルに宿泊しました
が、選択は正しかったようでその部屋にステイした者は皆鼻腔関連の病気を患
って通院を余儀なくされていました。いつ貸主にこの状況がバレて追い出され
るかと心配していたのですが近隣にまで被害が及ぶことは無かったのでしょう、
無事大学を卒業するまで友人はそこに住み続けることができました。

しかし先日その友人が家を建てたという恐ろしい知らせが・・・。今度はワン
ルームのような密室ではないのでゴミ空間は広がり放題。ゴミ屋敷の主として
取材を受けることにならなければいいのですが、心配です。

                                                                (S.I)


=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」と「不動産投資法人ガイド」を作成
  しています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/info/publish.html

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可 
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己 
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   総務部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===


バックナンバー一覧へ戻る